プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」など

    土曜日

    午前中は小学校で文化祭的な何かをやっているので顔を出す。

    s-IMG20191111195929.jpg
    タピオカ(?)とかゲットする。

    s-IMG20191109123543.jpg
    その後、産業祭でふらふらしてから11歳児を塾に送って行き、帰宅。

    s-IMG20191109190216.jpg
    俺の誕生日だったので夜は焼肉食べに行って終了。

    日曜日

    11歳児のサッカーの試合で妻が当番。
    俺は映画観に行ったり。

    s-IMG20191110111651.jpg
    『ターミネーター:ニュー・フェイト』

    1作目の「ターミネーター」は衝撃でした。
    正直なところこれで完結しても良かったくらいなのに、いわゆる蛇足的な物語のはずのT2でこれでもかという技術と予算をつぎ込んでこれまた最高の映画を生み出しました。
    もうこの2作は誰が何と言っても名作です。
    そして蛇足の蛇足ともいうべきT3が大ゴケし(これは仕方ない)、前日譚(未来だけど)というべきT4もやっぱりコケ(これはこれで面白かったけど)、TVシリーズもいまいちパッとせず、新起動でのリブートも失敗に終わり、それらを全てなかったことにしての今回のニュー・フェイト。
    映画としては面白いです。
    これでもかという派手なアクションも、どこまでも追ってくるターミネーターも、新しい仲間もこれぞ俺たちの望んでるターミーネーターです。
    ただ、脚本の細かいところは目をつぶるとしても、ターミネーターのやっつけ方が弱いかなぁ。
    あとこの映画で一番のサプライズだと思われたシュワちゃんの登場シーンが予告編でバレバレなのも残念。
    まぁファンの多い名作の続編は難しいってことです。

    そんなこんなで映画見たりエリザベス女王杯でタテ目を食らったりしてる合間にネイキッドの冬用ホイールの塗装とかしてました。

    s-IMG20191110144238.jpg
    黒くしたかったのでシャーシブラックとかで、

    s-IMG20191110155035.jpg
    養生がめんどくさかったのでノーマスキング塗装。
    問題ないです。


    メガーヌの車検と「ジェミニマン」など

    土曜日は11歳児の塾の送迎と雑用。
    塾に行ってる間にユーロファクトリーまで車検のためにメガーヌを預けに。

    IMG20191027083413.jpg
    代車はプントでした。

    IMG20191027080429.jpg
    良い車なんだけど、やっぱり右ハンドルだとペダルのオフセットが気になるな。

    日曜日

    午前中、11歳児がサッカーの試合だというのでその隙に映画を観に行く。
    時間的な制約で「ジェミニマン(吹替)」

    IMG20191027083828.jpg
    毎回言ってるけどウィル・スミス作品は、予告等の事前情報では非常に期待が持てるのだが本編を見るとちょっと物足りない作品が多い。
    「アラジン」は見てないけど「スーサイド・スクワット」とかかなりね。
    そこが心配だったんですけど、今回はあまり期待値が高くなかったこともあって、冒頭からコロンビアでのアクションシーンまでは最高でした。

    が、そこがピークw

    あとは何となく先が読めるストーリーで、まぁウィル・スミスの一人二役のCG加工は凄いんですけど、「ライフ・オブ・パイ」のアン・リー監督なのでサプライズを期待したんですが、オチもひねり無しでいつものウィル・スミス・クオリティでした。

    で、映画後はマックで秋天の予想して、ドレッドノータスに期待しつつ観戦。
    アーモンドアイ、つぇ~ という何度もつぶやいたフレーズを今回もつぶやかされて終了でした。



    三連休 台風とジョーカーと

    三連休、いろいろと予定はありましたが超大型台風襲来ということですべて白紙。

    12日(土曜日)

    朝から雨風が強い。
    肉フェスでポンズ見てうぇーいする予定でしたが、当然キャンセルなので自宅でジッとしていると、午後から妻は仕事で呼び出される。
    そうこうしているうちに自宅周辺も避難勧告が出る。

    s-IMG20191012170824.jpg
    ちょっと近所の様子を偵察に行ってみたが、避難所も満員らしいし、まぁ避難するほどじゃないかなぁとか思ってたら、同じ市内ではあるが比較的安全地域に住む義弟が心配して電話をくれる。
    なんならうちに避難してくれば?という誘いに応じて11歳児と二人で一晩泊めてもらうことにした。
    (11歳児が従兄弟と遊びたいだけだが)

    13日(日曜日)

    結局我が町は河川の氾濫もなく大きな災害は出なかった。

    s-IMG20191013073650.jpg
    朝一で近所を散策してみましたが、まぁ昨日の事が嘘のような穏やかさ。
    妹一家とお昼を食べてから帰宅。
    利根川も良く耐えた。
    帰宅後、遊び疲れた11歳児が昼寝するというので一緒に寝ようとしたが、ふとそう言えば映画館の無料券が15日までの期限だったことを思い出したので、ジョーカーを観に行く。

    s-IMG20191013160548.jpg

    例によって事前の情報はなるべくシャットダウンしていたが、それでも辛い映画だという声が聞こえていた通り辛い映画。
    ストーリーはアメコミの皮を借りた「タクシードライバー」だが、あの極悪非道なジョーカーにここまで感情移入できるとは思わなかった。
    これはホワキン・フェニックスの(演出的にも物語的にも)一人芝居のパワーか。

    とにかく辛いので、この映画の後にはティム・バートン版でもなくもちろんダークナイトでもなく、「ジョーカー」の続編としてレゴ・バットマン・ザ・ムービーを見て中和するのをおすすめ。


    14日(日曜日)

    2日間遊び惚けてた代償として溜まった宿題をこなす11歳児を横目に雑用。
    ネイキッドのタイヤを元に戻してみたり、北海道行った時の動画をまとめてたりしてたら終了。

    映画「ホテル・ムンバイ」

    土曜日

    11歳児が塾だったりしたので、いろいろとやることはあるけど現実逃避で映画観に行っちゃう。

    s-IMG_20190928_113344370.jpg
    ヘルボーイが見たかったんですが、時間が合わなかったので「ホテル・ムンバイ」

    インドのムンバイで起きた同時多発テロ事件を描いた実話ベースの作品。
    高級ホテルに閉じ込められた宿泊客をホテルの従業員たちが命を張って救おうとする映画。
    というとダイ・ハード的なアクションを期待する(主人公が合わない靴を履いて裸足になるようなシーンもある)が、実際にはヒーローは現れないし、銃を持って対抗なんか出来ない。
    現実の重みがこの映画の全てです。


    映画「ドント・ウォーリー」


    三連休の3日目。
    午前中は11歳児の宿題の監視。

    s-IMG_20190916_122847354.jpg
    午後から母親連れてお昼食べてから買い物。

    夕方11歳児を塾に連れて行き、その間に俺は深谷シネマで映画。

    s-IMG_20190916_164650955_2.jpg
    「ドント・ウォーリー」

    交通事故で車椅子生活となった漫画家ジョン・キャラハンの半生を描いた作品。
    興味があったのは出演者達。
    今秋一番の期待作「ジョーカー」のホアキン・フェニックス、ハズレ無し俳優のジョナ・ヒル、「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラと何かを期待させるには十分な面子。
    実際に演技は全て最高。
    主人公のホアキンはもとより、禁酒会自己啓発セミナーの主催者のジョナも素晴らしい演技だし、ルーニー・マーラは天使。
    但し、演出は微妙。
    時系列が少々わかりづらかったり、毒のある風刺漫画家の半生としては演出に毒が無さすぎるかなと。
    まぁ良い作品ですけどね。