プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    アラトリステ Ⅰ

    31734636.jpg

    アラトリステ Ⅰ

    アルトゥーロ・ペレス・レベルテ著
    全278ページ

    ウチの奥さんが面白そうだと言って持ったきた本。
    スペインの小説で、ヴィゴ・モーテンセン(ロードオブザリングのアラゴルン役)主演で映画化らしい。
    で、読んでみた。

    時代は中世、場所はスペイン。
    無敵艦隊を誇ったスペインの勢力が衰えてきた時代。
    主人公はカピタン(隊長:英語風に言えばキャプテン)と呼ばれるアラトリステさん。
    戦争で武勲を上げ、カピタンと呼ばれるようになるが、その後、殺し屋とかやりながらフラフラしている人。
    相当の剣の使い手。

    ある人物から殺しの依頼が入るが、目的の人物がすごい人だと察知し、直前で暗殺を止める。
    そのため、謎のイタリア人に「テュルリ ラッタ タ~」と命を狙われることに!
    殺そうとしたのは、お忍びでスペインを訪れていたイギリス皇太子だったのだ。
    ってのがあらすじ。(よくわからんじゃないか)

    この物語には、当時の国王や詩人、劇作家等の文化人等が実名で登場し、当時の政治情勢(国内外共)や文化風俗が事細かに記述されている。
    なので、どこまでがフィクションでどこまでが実話かが、スペインの歴史に詳しくない俺にはわからなくなってくる。 (もちろんアラトリステさんはフィクションだろうけど)
    スペインでは歴史の教科書としても使われているらしい(ホントか?)ので史実的にはかなり正確なんじゃないだろうか。
     
    最初に言ったとおり、映画化されるらしいのだが、確かに映画向きの題材かもしれない。

    って、なんだか歯切れの悪い説明になってますが、実はこれアラトリステシリーズ全5巻のうちの第1巻なんですよ。
    2巻以降はこれから発売なんですよ。
    だから、まだ全然ストーリーの全貌が見えてないんだなこれが。

    なので今後の期待も込めて、

    ★★★★   星4つ!

    しかし読み応えある本だ...




    今読んでる本
      ↓
    31733160.jpg
    ギフト 西のはての年代記Ⅰ
    ル=グウィン 著
    全303ページ


    俺のプジョー206 その3

    206の紹介 その3 いぢったところ

    '04/11  サイレンサー交換
    CIMG1291.jpg

    ヤフオクに出てました。
    対応グレード不明ということで出品されていたので、入札が伸び悩んでいたんですが、写真でみたところ俺のXT-Pに適合するだろうと思い入札。
    ライバルも現れず格安でGET。
    BLUE MAGICのステンレスサイレンサー。
    サイレンサー交換でパワーアップするって考えるほど純粋じゃないので、交換理由は見た目と気持ちいい音。
    音は結構静か、ノーマルに比べて低音が少し増えた感じ。
    爆音くんは迷惑だし恥かしいので、このくらいがちょうどいい。

    '04/11  カーナビ取付
    CIMG1287.jpg

    AX時代に使っていたPANASONICのHDDナビを移植。
    M3と共有できるようにポータブル式。
    206では定番のココに取り付けました。

    GPSアンテナはココ。
    CIMG1288.jpg

    この車、フロントが電波遮断ガラスなので、ココの黒いぽちぽちのとこしか付けられません。


    '04/11  CDチェンジャー取付
    CIMG1290.jpg

    前にも言ったように、MDデッキはついているけどMD機器は持ってない俺。
    したがってカプチーノ時代から使っているSONYの10連装CDチェンジャーつけた。
    カプチ、AX時代は、FM電波飛ばしで使っていたのだが、今回偶然ヘッドユニットが SONY製のため、なんとヘッドユニットからコントロールできるようになった。
    しかもステアリングリモコンも使える!
    10年以上前の機種なのに互換性があるなんて、SONYにしては珍しい。(というより奇跡)
    助手席の下につけた。


    '05/6  運転席シート交換
    CIMG1292.jpg

    前回説明したように、フランス車らしくない糞シート。
    常に体に触れている部分だし、長距離通勤だし、ということで交換を決意。
    とりあえずヤフオクをチェックすると、希望通りのスパルコ対応シートレールとスパルコシートを同時出品している神がいました。
    早速入札。これもライバル無しで格安GET。
    シートも新品同様の美品で満足。
    ただし、206はシート内にサイドエアバッグ内蔵なのでこれを捨てるのはどうかと思ったのですが、まぁステアリングエアバッグあるし、許可。

    注意!
    シートを外す場合は、エアバッグの配線カプラーを外す必要があります。
    カプラーを外す際にエアバッグが開く可能性があるので、必ずバッテリーを外してから
    自 己 責 任 で作業して下さい。
    また、カプラーを外したままだと警告灯が点灯し、その他のエアバッグ(ステアリング、助手席)も作動しなくなりますので、適当な抵抗(俺は2.2Ω1Wを使用)をかませて配線をショートさせる必要があります。

    その後、M3のシートと交換して現在に至る。

    で、外したノーマルシートは...
    CIMG1295.jpg

    会社に落ちてた壊れた事務用椅子の足をつけて、リクライニングチェアーになってたりする。


    '05/7  リア3面スモークフィルム貼
    犬乗せるときの直射日光対策および汚れ隠しのために貼る。
    初、家に転がっていたフィルムで貼ろうと思ったのだが、ガラスの曲率がきついのでうまく貼れそうになかったので、業者にお願いする。
    透過率15%だったか?ちょっと暗すぎたかも。


    '05/12  スタッドレスタイヤ購入
    CIMG1294.jpg

    家には親の車を含め4台の車があるが、冬用タイヤを持っている車がない。
    1台くらいスタッドレス履いた車がないと、緊急時に何かと困るだろうと思い、 '04冬にほとんど山無しのスタッドレス付スチールホイールを購入。
    1シーズン過ごし、'05冬に4本新品(GOODYEAR の ICE NAVI NH 175-65-14)に交換。
    が、スキーにも行かなかったので一度も活躍しないでシーズン終了。
    ちなみにホイールは、缶スプレーで白(ホントはライトグレー)に塗装。


    '06/5  ETC車載器取付

    ゴールデンウィークの名古屋旅行の前に慌てて装着。
    これまたヤフオクで格安にて手に入れたタコグラフでおなじみのYAZAKI製 YM-6
    だけど三菱重工MOBE-300のOEMのような気がする。
    アンテナ分離型でやっぱりアンテナは黒いブチブチのところ。
    適当に取り付けて、近所のオートアールズでセットアップ。
    セットアップ料2625円(税込)
    名古屋往復の深夜割引(30%OFF)利用で、投資金額はほぼ回収。
    この車載器、しゃべるんですけど、電源スイッチってついていないので車のエンジンをかけるたびに
    「ピピピッ ETCカードが入っていません」
    とか
    「ピンポ~ン ETCカードを認証しました」
    とかうるさいんですよ。
    なので、ON・OFFスイッチつけようかと思案中。

    とりあえず206の紹介は今回まで。
    今後は、メンテ・モデファイ等のネタができたら公開する予定。 


     

    俺のプジョー206 その2

    206の紹介 その2 206の○と×

    購入後2年経過した206の良いとこ悪いとこまとめ。


    ・好みもあるが、コンパクトでカッコかわいいスタイリング。
    ・このクラスとしてはしっかりした足回り。
    ・適度なパワーとそこそこまわるDOHCエンジン。
    ・よい燃費(通勤メイン12~15km/L、長距離だと18km/Lくらい走ることも)

    あまり無いな。

    ×
    ・フランス車らしからぬダメシート。
    厚みもあり見た目ゴージャスなのだが、フィット感ホールド感共にダメ。
    シトロエンAXのチープなシートの方が数倍良かった。
    なので、すぐ交換した。

    ・リアシートもダメ。

    シートがダメっていうよりは、これまた豪華に見せる為に厚みを持たせていることにより、 リアシートバックを前に倒すときに座面を撤去しないと倒れない。
    これは、急に大きな荷物を運ぶことになったりしたときにかなり不便。
    フルフラットにはならなくても、座面を外さずにそこそこ倒れるようにしないとダメ。
    俺、犬運搬するので特に気になる。

    ・フライバイワイヤ(?)によるダメなアクセルレスポンス。
    加速中にアクセルを戻すと遅れて回転が落ちてきたり、 低速でギクシャク感があったりと、いまだになじめない。
    シンプルにワイヤーで制御しろと。

    ・右ハンドルのためオフセットされたペダル配置
    当初は気になっていたのだが、乗ってるうちに慣れた。
    まあ、狭いことは狭い。

    ・使えない快適装備その1 雨滴感知ワイパー
    この車のワイパーは、停止・自動(雨滴感知)・普通・高速の4段階。
    で、雨滴感知が敏感すぎてちょっとの小雨でもすぐ高速ワイピングする。
    これってかなりうっとうしいので、結局小雨のときは手動でスイッチを 入れたり切ったりすることになる。
    普通に間欠ワイパーつけといてくれればいいのに。

    ・使えない快適装備その2 オートエアコン
    これもオートにしておくと、常に強風がでてくる。
    なので温度を調節すると、夏なのに温風を出したりしてもー使えない。
    結局手動で操作することになる。

    ・使えない快適装備その3 MDデッキ
    俺、MD機器持ってないし。


    つまり、電子制御なところが煮詰まってないというか、制御が下手っていうか、この辺は日本車のレベルには全然達していないなって感じ。
    ところが、これらの無駄装備は、この下のグレードのstyleになるとワイパーは普通だし、オートエアコンじゃないし、MDじゃなくてCDデッキだったりと、いい感じに省略されているんで、買い。
    というかそっちのグレードが欲しかったのだが、良いタマが見つからずXT-premiumになったんだけど。


    次回、いぢったところの紹介。

    俺のプジョー206 その1


    一応ブログタイトルになってるので、車ネタを出さないと。
    ということで今日から数回にわたって、
    会社まで片道40kmの道のりを毎日連れて行ってくれる俺の通勤スペシャル
    '02 PEUGEOT 206 XT-premiumの紹介。をしたいと思う。

    CIMG1281.jpg

    206の紹介 その1 購入経緯 

    2004年10月 それまでの通勤スペシャル'93 CITROEN AX TRSをもらい事故により失う。
    そこで、急遽代役を探すことになるのだが、条件は

    1) 5ドアハッチバック(愛犬運搬車両としても活躍する為)
    2) マニュアルトランスミッション(俺のこだわり)
    3) できれば左ハンドル
    (もう一台の主力車両BMW M3に合わせて、右乗ったり左乗ったりはややこしいから)
    4) 1500cc未満(軽自動車も可)
    5) ちょっと変わった車(ココ重要)
    6) 一応エアコンくらいはついていて欲しい。
    7) 予算100万円前後
    8) 犬乗せるので、新車じゃもったいない。

    譲れないのは、1)、2)、5)、6) の項目。
    で、候補に上がったのが

    ダイハツ ストーリア X4(マイナー前)
    ダイハツ ネイキッド
    ルノー 4(キャトル)
    ルノー 初代5(サンク)
    フィアット プント
    プジョー 206
    など

    ストーリアはかなり俺の条件にハマったのだが、タマが無さすぎで断念。
    でも今でも欲しい車のひとつ。

    ネイキッドも俺的には、かなり盛り上がっていたのだが、どうもウチの奥さんの好みからは大きく外れていたみたいで断念。

    キャトルは奥さんも乗り気で、現車まで見に行ったのだがリアの窓が大きく開かない(横スライド窓)だった。
    これだと犬を乗せたときにいろいろ問題があったので断念。

    サンクはやっぱりタマ不足、また信頼性もあやしいので断念。

    プントは5ドアのMTが無い(並行ならあるが...)

    で、結局206に絞って探すことに。
    ホントは1400ccのstyleというグレード希望(後日206の○と×で説明)だったのだが、時間もなかった(代車生活だった)のでたまたま見つけた今の愛車が程度・値段等納得できたので購入となりました。

    次回、206の○と×に続く。


     

    新潟記念・キーンランドカップ予想!

    新潟記念

    俺の馬ことミスズシャルダン産駒サンレイジャスパー参戦!
    今年の夏競馬の傾向を見ると、斤量の軽い牝馬の好走が目立つ、
    さらに去年の勝馬も軽量を生かしたヤマニンアラバスタ。
    ということでジャスパーを本命に。

    相手は、小倉記念を勝ちいよいよ本格化か?の良血馬スイフトカレント。
    休み明けだがそこを見せていない怖さでオースミグラスワン。
    ジャスパーと同じく軽量ハンデの牝馬ニシノナースコール。
    そして連覇のかかったヤマニンアラバスタ。
    この辺に流していく予定。


    キーンランドカップ

    前走は勝馬に足元をすくわれた感じのあるシーイズトウショウ。
    ここでは実績No.1でしょうから、信頼して本命に。

    相手は、準OP、OPと連勝中のツルガオカハヤテ。
    休み明けだが実績では上位のコパノフウジン。
    前走は落鉄して4着らしいギャラントアロー。
    この辺でどうですか?

    金沢旅行記 2日目

    8/16 8:00 ホテル出発。
    まずは朝飯。
    近くの喫茶店「ジャーマン」でパンとコーヒーで軽く済ます。
    CIMG1218.jpg


    そのまま歩いて金沢城公園へ。
    きれいで広い。
    CIMG1225.jpg

    昔(20年近く前)来た時はこんな公園なかったような...
    しかし暑くてたまらん。
    なのに、屋根の瓦が白い理由を近くにいたボランティアのおっさんに尋ねたばっかりに、炎天下で延々と金沢城についての説明を受けてしまうという攻撃に...
    (ちなみに白いのは鉛瓦を使用しているから)


    ダウン寸前で脱出して、お隣の兼六園へ。
    やはり金沢へ来たらここに寄らないわけには行かないでしょ。
    CIMG1232.jpg

    お盆期間中入園無料でした。
    が、やっぱり暑くてたまらんのでとっとと次へ。


    次はこの旅の目的の一つ、金沢21世紀美術館です。
    CIMG1256.jpg

    兼六園のお隣にあります。


    展示物目的ではなく、建物自体が目的です。
    一応、建築屋さんなもんで...。
    設計は妹島和世。
    ガラスを多用した円形の外観 。
    CIMG1239.jpg

    これ曲面の強化ガラス?


    うーん、これが構造柱だろうか?
    CIMG1238.jpg

    φ100くらいの鉄骨柱。叩いてみると無垢っぽい。
    床はコンクリート金鏝の上に浸透性表面強化の塗床か?


    なんといっても面白いのはこのエレベーターというかリフト。
    CIMG1249.jpg

    カゴが全面ガラス。
    パーテーションもガラス。しかも下のみで固定。
    扉部分なんかこれでいいのかっていう納まり。


    うーん、施工者はだいぶ苦労されたことでしょう。ご愁傷様。



    そして、ひがし茶屋街へ。
    CIMG1261.jpg

    昔の町並みが残る素敵な空間。
    でも、ちょっと観光地化しちゃってるけど。
    ここでお昼。
    るるぶ に載ってた(ミーハー)ゴーシュというところ。
    CIMG1264.jpg
    カレーとサイフォンで入れたコーヒーのセットで1000円くらい。


    さらに移動して、金沢おもちゃ博物館へ。

    昭和のおもちゃがずら~り。
    CIMG1269.jpg

    よくみると懐かしい子供のころ遊んだ記憶のあるおもちゃもあったりしてなかなか楽しい。
    お土産にオリジナルグッズを揃えてくれたりするといいのに。
    どう考えても個人経営の博物館なんですけど、がんばって欲しいです。



    そうこうしているうちに午後3時を過ぎて、これから400kmの道のりを考えたらそろそろ帰る方向で。


    途中、砺波の散居村を一望できる展望台に寄り道しつつ、
    北陸~上信越~関越という来た時と同じルートで帰ります。


    渋滞もなくスムーズに走って、横川SAで夕飯食べて、午後10時帰宅。


    全走行距離 950km。
    今回は、金沢市街を中心にしたので、次に来るときは日本海側を責めたいなと。
    もちろん、金沢競馬のリベンジも忘れずに。

    金沢旅行記 1日目

     夏休みの旅行は金沢にしました。
    1泊2日ですけど。
    理由は後ほどはっきりするでしょう。


    8/15 3:30 出発

    3:45 関越道 本庄児玉ICから高速に。
    AM4時前に乗ることでETC深夜割引対象となって、30%OFF。


    関越~上信越~北陸と高速を順調に走って、世界遺産の五箇山へ向かいます。


    7:45 五箇山 相倉集落に到着。駐車場代500円
    CIMG1164.jpg

    集落は普通に生活している民家や民宿なので、8時まで入れませんので、
    全体を見渡せる高台まで上がります。
    CIMG1166.jpg


    で、8時すぎてから集落に入って散策。

    すでに暑いが、建物の重厚感に圧倒されつつ、もう一つの集落 菅沼集落に移動。
    こちらは駐車場代は頂きません。
    CIMG1185.jpg


    相倉よりすっきりとしている感じがします。


    さらに足を伸ばして、合掌造りで最大と言われている岩瀬家を見学。
    CIMG1195.jpg

    でかすぎ!


    さて、合掌造り見学はこれくらいにして、次の目的地に向かいます。
    五箇山ICから再び高速道路に乗って、金沢方面へ。
    1時間くらいで到着。
    CIMG1198.jpg

    たまたま開催していた金沢競馬場だ!


    入場料100円払って中に入ると、専門誌のブースが並んでいます。
    CIMG1199.jpg


    なんと5誌もあるよ!


    そこでなんとなく「競馬ホープ」購入。550円

    CIMG1201.jpg


    そして特観席へ。
    CIMG1277.jpg

    特観席は1000円。フリードリンク付。
    暑くて喉が渇いていたので助かります。

    特観席のバルコニーから見るパドック。
    CIMG1202.jpg

    結構広い。今はなき高崎の倍くらいの広さある。
    奥に湖が見えて、気持ちいい。

    CIMG1207.jpg

    食堂は充実してはいるが、金沢ならではという特色がないので残念。
    とりあえず、焼きそば・たこ焼きなどでお昼。

    CIMG1209.jpg

    コースは1周1200mの一般的な地方競馬場。


    で、3レースから参戦したのだが、
    堅い、堅すぎる!
    そんなわけで、3~12レース+佐賀サマーチャンピオン場外の計10レースに参戦し、
    4勝するも収支マイナス...

    なぜかうちの奥さんは、ワイド3点BOX買いを貫き、
    参戦8レース中2つのレースでパーフェクトを達成し収支プラス。チッ!

    CIMG1213.jpg

    金沢のトップジョッキー 吉原 寛人の横断幕の前で記念写真。

    CIMG1215.jpg

    リベンジを誓いつつ、とっとと撤収。


    本日の宿「APAホテル金沢中央」へ向かう。
    ココ、格安で天然温泉付。
    14階の屋上露天風呂、繁華街の中にあって結構気持ちいいっす。


    で、晩飯食いに町へ繰り出して、1時間ほどふらついてみると
    結構いろんなお店があって面白そうな町です。
    が、酒は飲めないし生ものも苦手な俺は、結局普通のレストランで肉食ってました。


    その後帰って風呂入って就寝。

    イン・ザ・プール

    inthepool.jpg


    奥田 英朗 著
    全272ページ

    こちらのunidon75氏 ついに朝練まで始めちゃったみたい。(w
    そんな最近の彼の自転車のハマリ具合をみていると、どうしても思い出してしまう本がある。
    それが今回紹介する「イン・ザ・プール」。

    精神科医 伊良部シリーズの第1弾で、その後「空中ブランコ」(直木賞受賞作)、「町長選挙」と続編が2冊刊行されている。
    どれも短編集(本作品には5本収録)なので読みやすい。

    伊良部という精神科医のところに来る患者達の物語なのだが、患者がビョーキなのはあたりまえとして、この伊良部という医者自体がデブでオタクでマザコンで注射フェチというとんでもないキャラクターなのだから、話がハチャメチャになるのはあたりまえ。
    でも最終的にはちゃんと完治させてしまうというのだから名医なのかも?

    この本のタイトルにもなっている「イン・ザ・プール」というエピソードは、プール中毒になってしまった男の話で、ホントunidon氏ともろにカブってしまう。
    ぜひ彼にも伊良部総合病院精神科に相談に行って欲しいと思う。(笑)

    とにかく、精神病というちょっと重めの病気を題材にしていながら、伊良部のキャラクターをうまく利用し、軽快な語り口で大変読みやすく仕上げてあるので是非一読をお勧めします。

    また、読書はちょっと...という方は映画化もされてDVDにもなってるみたいなので、そちらをどうぞ。 (俺はまだ観てないけど)


    ということで、評価は ★★★★ 星4つ!

    伊良部のキャラクターに結構ハマリますよ。

    魔法使いハウルと火の悪魔 (ハウルの動く城 1)

    19965764.jpg


    ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作
    全310ページ

    ゲドがあれほどでたらめに作られているって事は、
    もしかしたらその他の原作付ジブリ作品も結構やばいんじゃね?

    ということで、ハウルの動く城の原作本を読んでみた。

    結論から言うと、微妙。
    いや、原作が微妙っていうんじゃなくて、原作はそこそこ面白いよ。
    とはいっても所詮児童書の部類に入るので、大人には物足りないのだが、
    映画と原作のギャップが微妙。

    メインのハウル・ソフィー・カルシファー等のキャラクターや舞台設定は守られているし、
    ストーリーもそれほど大幅な変更はなかった。
    でもちょっと違うんだよね。
    でもなんだろうこの違和感は?

    で考えた。

    それは、映画があまり面白くなかったからかも。
    アレンジしてこの程度の出来なら、もっと忠実に作っても良かったんじゃないの?
    時間内に納めることが難しいとかそんなこともないと思うけど?
    っていう違和感だ。

    と言うわけで

    原作 ★★★ 星3つ

    映画 ★★ 星2つ

    ゲドとの違いは、怒りが込み上げてくるほどの違和感がなかったって事。
    それが駿と吾郎の差か?

    ゲド戦記

     ghibli_ged_poster.jpg



    なんだかんだ言ってジブリの映画ってほぼ全部見てる。
    で、ジブリがゲド戦記を映画化するって言うんで
    映画が始まる前に1巻~5巻+外伝を読破した。
    その後、映画を見て愕然とした。


    まぁ、予告編や各メディアの映画紹介の感じでだいぶ原作と違うなと思っていたが、
    まさかこれほど原作を無視してストーリーを作るとは!


    違う箇所を列挙するときりがないが、
    映画でアレンが「影」に追いかけられるくだりは
    1巻で少年期のゲドの話。
    これを克服することによって、ゲドが大きく成長し「大賢人」となる礎を築くエピソードだ。


    テルーなんかちょっと火傷の跡がある美少女風に描かれているが、
    原作ではもっと悲惨で、子供のころに乱暴されて、火の中に投げ捨てられて、
    テナーに何とか命は助けてもらうが、火傷で片目はつぶれ
    片方の手の指はくっついちゃってるっていう設定だしね。


    この物語は多島世界のアースシーを舞台にした話で、
    その土地ごとの風土や人種など細かく設定されていてる世界を行き来するところに
    スケールの大きさを感じることができるのに、
    映画ではなんかひとつの島の中だけの話っぽい。


    しかし、なんといっても一番問題なのは、
    この世界の根本である「真の言葉」についての説明がほとんどされていないところである。


    といったわけで、原作を読んでしまったがために全然楽しめなかった俺の評価は


    ★ 星一つ!


    唯一の見どころは、テナーが唄を歌うシーンのみ。


    原作ものを映画化する時って、かなり難しいと思う。
    原作そのままでも芸がないし、かといって大幅に変えてしまうと違和感が残る。


    「原作も読んだけど映画は映画でよかったね」
    と言わせるのが優れた監督だとすると、残念ながら宮崎吾郎はまだまだってことですな。


    でも、ゲド戦記って指輪物語とナルニヤ国物語と共に3大ファンタジーって言われているらしいけど、
    指輪とナルニヤは原作に忠実に映画化されてるのに、
    ゲドをこんなにしてしまった吾郎ってある意味大胆で大物かも?


     

    ブログはじめました。

    今尚語り継がれる(誰に?)伝説のサイト「車と単車と馬と俺!」がブログになって帰ってきました。


    車ネタは、愛機BMW M3とプジョー206のメンテネタがメインになります。

    単車ネタは、単車活動をただいま休止中なので少なめかも知れませんが、
    そのうち'85GSX-R750(EC仕様)の復活をネタにして行こうと思います。

    馬ネタは、例によって競馬の予想・収支・反省を繰り返していきます。
    秋のGⅠシリーズも近いので恒例の「俺に乗れ!2006秋」もやる予定。

    その他の予定 最近なぜか読みたい本を自動的に無料で配達してくれるシステムを確立。
    本を読みまくっているので、読んだ本の紹介とかするかも。

    映画評論家の タカシ・デ・パルマ氏による映画批評。

    俺のガラクタコレクション(時計・ミニカー等)がいろいろたまってきたので、ちょっとずつ紹介。

    以前の人気コーナー「THE 山地伝説」は、ネタが無いことも無いのだが...


    そんなわけで、ぼちぼち更新していくのでよろしく。