プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    206 右ヘッドライトバルブ交換

    右側のヘッドライトバルブが切れていたので交換。
    CIMG1445.jpg
    REMIC THUNDER BEAM スパークピュアホワイトというかっこいい名前の品。


    CIMG1442.jpg
    右はウィンドウォッシャータンクが邪魔。

    CIMG1443.jpg
    タンクの口が外せるようになっているので外してバルブ交換。
    (それでも狭くて結構大変)

    ちなみに左は外せるものがないのでもっと狭くて大変。

    実は、ヘッドライトバルブは今年に入って何度も交換してる。

    以下、交換履歴。

    6月
    左が切れたので、安いバルブ購入(これがいけなかった)
    右は一応大丈夫だったが、色目が変わるのもどうかと思ったので両方交換。

    8月
    右が切れる。
    えっもう?という感じだがしょうがないのでとりあえず右のみ前回外した古いバルブを再装着。

    9月
    左が切れる。
    やはり安いのはダメなのか?ということで新しいのを購入。
    (今回交換したREMICの品、これも決して高くない)
    左のみ交換。

    で、今回の右バルブ切れとなるわけです。
    こうしてみるとどれもほぼ同時期に切れてるわけで、製品の品質としては安定しているのかも?

    今日の一言
    「女子バレー、柳本じゃ ダメなんじゃね~の?」

    M3 トラブルその3 と ETC車載器

    まだ直らない(って何もしてないのであたりまえだが)
    修理に出す前に怪しいところを再チェック。
    ということで、O2センサー(ラムダセンサー)を購入。
    CIMG1431.jpg
    BOSCH製で15000円ほど。

    CIMG1436.jpg
    O2センサーはエキパイの先っちょのほうについてる。
    で交換しようと思ったら、手が入らない&入っても手持ちの21mmのレンチじゃでか過ぎて回せない。
    ということで断念。
    センターマフラーを外せばできるか?
    ちょっと保留だ。

    しょうがないので前回交換から30,000kmほどたっているプラグを交換しておこう。
    CIMG1432.jpg
    O2センサーと一緒に購入したBOSCH X5DTC。
    M3のスポーツエボリューションの純正装着プラグ。

    CIMG1433.jpg
    普通のM3はX5DCで先端が1極のタイプなのだが、これは先端が3極になっている。
    前から一度使ってみたいと思っていたプラグだ。
    これを今使っているDENSOのイリジウムプラグと交換。

    それから、先日エンジンルーム点検時にスロットルのアイドリング調整ネジ(?)の欠落を発見。
    CIMG1434.jpg
    エンジン不調で振動が激しくなっていたので緩んで取れたのか?
    頼んでおいた部品が届いたので取付。
    CIMG1435.jpg
    あ、ネジの頭がマイナスから六角に変わってる。
    とりあえず取り付けるが、適正な調整がわからないので、これも今度見てもらおう。

    と、ここまでが先週の土曜日の話。

    今日、会社まで通勤に使って往復85kmの実走チェック。
    不具合を確認すると、

    やはり2000~3000回転での加速時の振動が特に激しい。
    アクセルオフ時の惰性走行では問題なし。
    アイドリング時の回転数は安定しているが、振動がある。
    冷間時では多少症状が良い気がする。(水温センサーか?)
    燃費がかなり悪くなってる。(痛い)

    いずれにしろ早めにプロに見てもらうことにする。

    P.S.
    例の無料ETCが届いたので早速取り付けた。
    CIMG1438.jpg

    といっても、電源をカーオーディオの裏から取り出しただけ。
    CIMG1439.jpg
     
    設置場所を決めてないので、とりあえずグローブボックスの中に入れて、ETCカードを差し込む。
    CIMG1441.jpg

    ちゃんと認識してるみたいなのでOKとする。

    ちなみに受信部はダッシュボードの上に置いた。
    CIMG1440.jpg


     

    天皇賞(秋) 結果報告!

    ちょっと熊谷方面に用があったので、unidon宅へお邪魔してグリーンチャンネルにて観戦。
    直前まで、軸をダイワメジャーにするかダンスインザムードにするかで迷ったけど、パドック・地下馬道でのダンムーのイレコミ具合が気になったので、最終的にダイワメジャーを軸に決定。

    相手をダンムー、スイープ、スウィフト、バルクの4頭として馬連流し。
    最近、人間と同様にオスがだらしないので牝馬決着もありかも?
    ということでダンムーとスイープの馬連を追加。
    さらに面白馬券ということで、トリリオンカットからワイドでちょこっと買う。
    トリリオン、除外で返還だったけど。

    で、1着メジャー、2着スウィフト(横山典 またしても!)で決まって
    馬連4780円 ゲェ~ッツ!

    俺様回収率も78%に急上昇!
    JRA控除をやっと抜いたす。
    これでトリリオンカットが出走してたら、きっと3着に来てただろうからもっとすごいことになっていたかも!←んなこたない。

    「俺に乗れ!」も初当りで収支プラス。
    この調子で秋は攻めますよ。








    天皇賞(秋) 予想!

    ディープもいないことだし難解だな。
    ということで過去の復習。

    '99 ハズレ (優勝:スペシャルウィーク 2着:ステイゴールド)
    '00 アタリ (優勝:テイエムオペラオー 2着:メイショウドトウ)
    '01 ハズレ (優勝:アグネスデジタル 2着:テイエムオペラオー)
    '02 ハズレ (優勝:シンボリクリスエス 2着:ナリタトップロード)
    '03 アタリ (優勝:シンボリクリスエス 2着:ツルマルボーイ)
    '04 ハズレ (優勝:ゼンノロブロイ 2着:ダンスインザムード)
    '05 ハズレ (優勝:ヘブンリーロマンス 2着:ゼンノロブロイ)

    ホントに当たってねぇな、俺。
    データを出すたびに切なくなってくる。

    最近の傾向としては、人気馬と穴っぽい馬の組み合わせが多い。
    今回人気になりそうなのは、スイープトウショウ、ダイワメジャー、アドマイヤムーン、ダンスインザムードあたりか?

    で、俺指数。

    馬番 馬名 指数 順位
    15 アドマイヤムーン 4.38 1
    4 ダンスインザムード 3.75 2
    6 トリリオンカット 3.75 2
    14 ダイワメジャー 3.75 2
    5 ローエングリン 3.63 5
    7 スイープトウショウ 3.63 5
    8 コスモバルク 3.63 5
    10 スウィフトカレント 3.38 8
    17 ローゼンクロイツ 3.38 8
    1 アサクサデンエン 3.25 10
    2 カンパニー 3.25 10
    3 サクラメガワンダー 3.13 12
    9 インティライミ 3.00 13
    11 ファストタテヤマ 3.00 13
    12 ハットトリック 3.00 13
    13 オースミグラスワン 3.00 13
    16 グレイトジャーニー 3.00 13

    俺の注目馬はスウィフトカレント。
    サマー2000シリーズの覇者で良血(アサクサデンエンの半弟、父SS)で新潟でも実績をあげていることから、東京でもやってくれるんではないかと。
    と思ってたのだが、思ってたより指数が悪いな。
    まぁ、鞍上が横山典なので2着はなんとか確保するか?

    それから、毎日王冠を58kg以上の斤量を背負って勝った馬は、その後のGⅠで確実にいい勝負をする、というジンクスを信じて、ダイワメジャー。

    やっぱり東京コースがいい、ダンスインザムード。

    コース適性に?でも実績No.1のスイープトウショウ。

    それと、なぜか指数の高いトリリオンカット。
    2000mの適性と前走の勝ちっぷりが評価されたみたい。
    侮れません。

    ということで、3戦3敗中の「俺に乗れ!」

    ダイワメジャーからダンムーとスイープの馬連を各1000円
    メジャーから、スイフト、トリリオンに馬連500円流し。
    計3000円で。

    デザイン・インテリア・コレクション~デザイナーズ・チェア~

    俺、SHELLのStalex cardを使ってる。
    これ使うと(カード利用金額によるが)ハイオクガソリンが10円引きになるので、通勤で月に2000kmほど走る俺には結構お得。
    で、毎月の明細が送られてくるわけだが、これに通販カタログが付いてくる。
    いつもはパラパラと見て終了なのだが、今回ちょっと目に付いた品があった。
    それが「デザイン インテリア コレクション」というデザイナーズチェアのフィギュア。
    コルビジェとかミース・ファン・デル・ローエとかイームズとかの有名どころが揃ってる。
    いわゆる食玩っぽい商品だが、本物の椅子はなかなか買えないのでちょっと欲しくなった。
    早速、ネットでチェック。
    Vol.1~3まで発売されていて、1シリーズ9個なので計27個。
    1個525円だからフルコンプで14,175円。
    け、結構かかるじゃん。

    しかし、うちの奥さんもぜひ欲しいということなので購入決定。
    少し安いところを探して、フルコンプ12,000円ほどで購入。

    CIMG1427.jpg
    で、届いた。 

    さっそく開けてみた。

    CIMG1428.jpg
    Vol.1
    俺の好きなバルセロナチェア、シェルチェア 萌え~
    欲を言えばシェルチェアの脚はエッフェルベースにして欲しかったが。

    CIMG1429.jpg
    Vol.2
    イームズのラウンジチェアとオットマンが存在感あり。
    手前右の変なのはトラクターのシートをヒントに作ったというスツール、萌え。

    CIMG1430.jpg
    Vol.3
    Vol.1と2の色違いバージョンが混じってる。
    ちょっとがっかりだが、色違いを並べるのもちょっと素敵かも。

    全部並べると結構圧巻。
    またコレクションボックスを作らねばか?

    Vol.4も出ているみたいだが、こちらはソファシリーズらしい。
    しかももっと高いらしい。
    でも買っちゃうかも。


    参考資料としてこんな本を持ってるといいかも。
    chair.jpg
    「デザイナーズ・チェア・コレクションズ 320の椅子デザイン」
    大広 保行 著


    次は本物が欲しいですな。

    天才たちの値段

    tensai.jpg
    「天才たちの値段」
    門井 慶喜 著
    全292ページ

    なんの予備知識もなかったのだが、タイトルに引かれて読んでみた。
    内容は、天才的な鑑定眼を持つ美術コンサルタントと、美術史の大学講師の2人が依頼された美術品の謎を解き明かすというミステリー。

    読み始めてすぐに「これは掘り出し物かも?」と感じた。
    小エピソードをまとめた短編集みたいな構成なので、「ダ・ヴィンチ・コード」のようなスケールの大きさはないが、少々頼りない大学講師と冷静で的確な判断力を持つ美術コンサルタントの2人のキャラクターがしっかりしているのとで安心して楽しめる。
    その他の登場人物もなかなか個性豊かで、主人公とのからみもユニーク。
    扱っている美術品も西洋絵画、怪しげな古地図、仏教掛け軸、ガラス工芸品等と多岐に渡り、著者の知識の豊富さも伺える。

    評価 ★★★★ 星4つ

    評価がちょっと甘いかもしれないが、著者がまだ新人ということもあるので今後の期待も込めて。
    一応、本作はこれで完結のようだが、続編もしくはシリーズ化を希望したい。

    会社のデジカメのお話

    会社で使用しているデジカメはオリンパスのC-3030ZOOM
    もうすでに5~6年使っている。
    当時これに決めた条件は、
    ①他に比べて若干広角(35mmフィルム換算で32mm)
    ②大きくて明るいレンズ(F値2.8)
    ③光学3倍ズーム付
    ④単三乾電池使用可能(普段は単三型充電池を使用)
    だった。
    ①は仕事柄、外部建物の全景や内部の狭い部屋の全体を撮りたいから。
    当時コンパクトデジカメはこれ以外はほとんど38mmだった。
    ②はやはり暗い室内でも明るく取れるように。
    ③は建物の高いところや入っていけないようなところのディテールが撮りたいから。
    ④は当時は専用充電池のバッテリーの持ちが悪かった為、非常時に乾電池が使えるように。
    といった理由だ。

    しかし、最近単三充電池の寿命や、当時は我慢できた大きさが最近のコンパクトデジカメを見てると一眼レフ級に大きく感じることなどから、買い換えの要望が出てきた。
    電池は新しくすれば良いが、確かに大きさは俺も不満だった。
    車で移動の時は問題ないが、電車での移動時は俺のゼロハリに入らない為、首からぶら下げたり(海外旅行の日本人か!)、別のバッグを持ち歩いたりと不便だったのだ。
    で、新しいのを物色。
    といいつつ実は、ひそかに狙っていた品がありまして。

    それは今年の初めに発売されたコダックのV570

    なんと広角23mm!
    それを実現する為に2眼レンズにするという大胆な発想!
    さらに2眼をうまくデザインに生かした外観!
    素敵すぎます。
    コダック最高!

    個人的に欲しかったくらいなのだが、デジカメを買い換える予定は全然なかったのでいつか会社のデジカメを買い換える時に買っちゃおう、と思っていたのだ。
    早速、見積もり依頼をすると、
    「コダックはデジカメ事業から撤退した為、入荷できません」
    な、なんですと!
    確かにどこの電器店でも売ってないな~とは思っていたのだが...。

    仕方がないのでパナソニックのFX07にしようかと思ったが、23mm広角を知ってしまった後では28mmがなんと平凡に見えることか。

    と思ってたら、またしても有力情報が!
    なんとV570の後継機種V705が米コダック社から発売になってるじゃないですか!
    コダック本社ではまだまだデジカメやってたのね。 
    日本発売は未定とのことだが、待ちきれないマニアは個人輸入とかで手に入れてるらしい。
    さすがに会社の備品を個人輸入というわけには行かないので、もうしばらく待ってみようと思った次第。

    FBMに行ってきた。

    10/22 (日)
    毎年恒例のフランス車のお祭り「フレンチブルーミーティング」に行ってきた。
    フラ車に乗り始めて6年。今年で4回目の参加。AXで2回、206で2回。
    ホントはジムカーナ(みたいな)大会にも参加したいのだが、受付時間が早いので今回も不参加。

    AM8:00出発。
    本庄・児玉IC~佐久IC~白樺湖方面に向かって車山到着10:30
    ETCつけたので今年は高速代が通勤割引で半額になってうれしい。
    途中の紅葉も例年だとまだ少し早いかな?という感じだったのだが、今年はいい感じに染まってた。
    いつもより1週間ほど開催が遅いのか?
    そういえば、いつもは秋華賞の日だったのに今年は菊花賞だな。

    メイン会場全景
    CIMG1422.jpg
    相変わらずたくさんのフランス車。
    おそらく全国の8割のフランス車が集まってるに違いない。(嘘)

    早速徘徊するが、まず腹ごしらえ。
    CIMG1417.jpg
    ドミニクドゥーセの店で、キッシュとクロックムシューGET。うまし。
    ケーキ屋さんのMiyakeでブルーベリータルトとプリンGET。(写真なし)
    Miyakeは桐生のお店なので何度か買いに行ったけど、相変わらずうまし。

    満足したところで徘徊再開。
    CIMG1416.jpg
    メインステージでダンロップのイメージガール「デジッ娘」のライブやってた。
    娘というよりは...(自粛)

    そして毎回楽しみなのが、お買い物と変な車のチェック。
    なのだが、今年は変な車が少なかったな。
    旧いアルピーヌとか
    CIMG1405.jpg

    ゴルディーニとか
    CIMG1411.jpg
    ヨダレ物の車はあるが、これらは毎年いるし。
    シトロエンもトラクシオン・アバンから2CV、DS、SM、最新のCシリーズまでほとんど揃ってるけど、ここでは珍しくないし。
    プジョーも台数は多いが、ほとんど205以降の新しいものばかり。
    (205が新しいとか言っちゃってる時点でもう感覚がおかしくなってるが)

    そんな中で、今回の俺的No.1は
    CIMG1412.jpg
    普通のルノー サンク 5ドア(いわゆる縦サンク、シュペールじゃない奴)
    これ、マジで欲しいんですけど、どこに売ってるのかもよくわからない。
    今回も、この白いのと、3ドアの青いの各1台しか見かけなかった。
    キャトルはいっぱいいるし、サンクターボも結構いるんだけど、普通のサンク(特に5ドア)はいないんだよな。
    ということでじっくり見学させて頂きました。

    あと今年もフラ車じゃないがFIATムルチプラが数台いた。(当然マイナー前)
    これだけ変な車が集まってる中でもしっかりと存在感を出してるところがすごい。

    最後に恒例のビンゴ大会で、かろうじて賞品をゲットして帰路へ。

    CIMG1423.jpg
    長門牧場にちょっと寄って、軽井沢方面へ。

    「THE COWBOY HOUSE」とかいうかっこいい名前(笑)のステーキ屋で夕飯。
    CIMG1425.jpg
    ステーキとポパイサラダとボルシチとクラムチャウダー注文。
    ステーキの○んとかス○ーキ宮とかじゃないステーキは久しぶり。
    肉、やわらかくてうまし。スープ系もサラダもうまし。
    お値段も少々張ったけど。

    20:30自宅着
    総走行距離 320km

    本日の戦利品
    CIMG1426.jpg
    FBMのステッカー、ビンゴカード付で1000円
    ミシュランのポスター 500円
    206のミニカー 大300円 小100円
    206のオイルエレメント(by阿部商会) 3つで2500円
    葛飾のプジョー系ショップ「原工房」さんから貰ったバッグとピンバッチ 
    ビンゴ景品のダンロップのスポーツタオル

    菊花賞 結果報告!

    ソングオブウィンドかぁ...

    今回、会社の営業のS君に馬券購入を頼まれたのだが、そいつの買い目にソングオブウィンドがいた。
    FM NACK5の平日昼間のパーソナリティのツッチーこと土屋滋生が木曜日にGⅠ予想をやってるらしいのだが、そこでオススメしていた馬だそうだ。
    平日の昼間にラジオを聞ける営業ならではの情報だが、この「しげおの予想」というのが結構当たってるらしい。
    天皇賞は参考にさせていただきます。
    残念ながら営業の彼はアドマイヤメインから流していたので馬券にはならなかったが、ゴール前はさぞかし興奮したことだろう。

    俺?
    車山高原(FBM報告は明日の予定)にいたのでパドックを見ずに「俺に乗れ」の予想通りに早目に馬券のみ購入。
    やっぱり横山は2着だったか...。
    菊花賞4年連続2着らしい。(笑)

    来週は天皇賞。
    ディープインパクトの出走回避が正式に決まったみたいだが、本当に体調だけの問題で回避したのなら仕方がないが、例のドーピング問題が多少なりとも影響して自粛の感があったのなら残念だ。
    カワカミプリンセスの年内はエリ女だけみたいだし、競馬を盛り上げる為にも強い馬にはどんどんいろんなレースにチャレンジしてもらいたいというのはファンの勝手な願いなんだろうか?

    ともかく、さらに難解になった天皇賞の予想は土曜日の予定。

    菊花賞 予想!

    秋華賞の勢いを持続するのだ。
    と、その前に復習。

    '99  ハズレ (優勝:ナリタトップロード 2着:テイエムオペラオー)
    '00  ハズレ (優勝:エアシャカール 2着:トーホウシデン)
    '01  ハズレ (優勝:マンハッタンカフェ 2着:マイネルデスポット)
    '02  ハズレ (優勝:ヒシミラクル 2着:ファストタテヤマ)
    '03  ハズレ (優勝:ザッツザプレンティ 2着:リンカーン)
    '04  ハズレ (優勝:デルタブルース 2着:ホオキパウェーブ)
    '05  ハズレ (優勝:ディープインパクト 2着:アドマイヤジャパン)

    ひ、ひどい...orz。

    最近当たった覚えがないな、とは思っていたがこれほどとは...。
    トップロード-オペラオーやディープ-ジャパンすら当てられないんじゃ全然ダメじゃん。
    ということで、今回は余り金額的には突っ込みません。

    で、俺指数は

    馬番       馬名           指数   順位
     13  ドリームパスポート  4.00  1
     11  トーセンシャナオー  3.88  2
      7  マルカシェンク     3.63  3
     12  メイショウサムソン   3.63  3
      1  トーホウアラン       3.50  5
      5  アドマイヤメイン     3.50  5
     10  フサイチジャンク     3.50  5
      3  シルククルセイダー  3.38  8
     16  トウショウシロッコ   3.38  8
     15  アクシオン           3.25  10
     14  アペリティフ         3.13  11
      4  タガノマーシャル     3.00  12
     18  ソングオブウィンド   3.00  12
      2  ミストラルクルーズ   2.88  14
      6  ネヴァブション       2.88  14
      8  マンノレーシング     2.88  14
     17  パッシングマーク     2.63  17
      9  インテレット         2.50  18


    えーと、トーセンシャナオーって誰?
    あぁ、セントライト記念を勝った馬か。

    一応、俺の事前予想と一致したドリームパスポートが本命かな?
    横山への乗り替りが2着を予感させるのが気になるが。
    対抗馬としては、
    ダービーのときも応援したマルカシェンク、
    やっぱり外せないメイショウサムソン、
    今年のクラシックでことごとく人気を裏切ってる武豊も、ここでは決めそうな気がするのでアドマイヤメイン。
    この辺でしょうか?
    一応、俺指数を信頼してトーセンシャナオーも少々買おうか?

    そして「俺に乗れ!2006 秋」 第3弾
    現在-6000円、回収率0%!
    今回は、
    ドリームパスポートから
    シェンク、サムソン、メイン、シャナオーに馬連500円流し、
    そして、シャナオーからワイドでドリームとシェンクに500円。
    計 3000円

    自信なし!

    陽気なギャングの日常と襲撃

    youkinagang2.jpg

    「陽気なギャングの日常と襲撃」
    伊坂 幸太郎 著
    全278ページ

    映画化もされた「陽気なギャングが地球を回す」の続編。

    人間嘘発見器のリーダー格、成瀬。
    銀行強盗中に人質に向かって演説をするウンチク人間、響野。
    動物愛護派の天才スリ師、久遠。
    正確な体内時計の持ち主、雪子。
    これら4人組の銀行強盗の個性が面白い。
    今回は、この4人が別々な事件というかトラブルに巻き込まれ(というか自ら首を突っ込み)、それが最終的に社長令嬢誘拐事件につながる。
    これを見事解決するというコメディタッチのミステリーなのだが、ミステリーにありがちな緊迫するシーンはほとんど無し。
    なので本格的なミステリーを望む人にはオススメできないが、軽快な語り口とテンポのいいストーリー展開で一気に読むことが出来る。
    また、4人組の掛け合いも楽しい。
    賞味2~3時間ぐらいで読めると思うので気楽にどうぞ。

    評価  ★★★  星3つ

    ぜひ、前作「陽気なギャングが地球を回す」を読んでから。


    P.S.
    M3は相変わらず。
    O2センサーを交換してみようか?

    M3 トラブル発生!その2

    やっぱりセンサー類が怪しい?
    といってもセンサーのチェックなんて出来ないから、コネクタの掃除してみる。
    CIMG1402.jpg
    水温センサーかな?
    確かひとつが水温計用で、もうひとつがDME用か?
    掃除といっても、外してパーツクリーナーできれいにして、接点復活剤を吹き付けるくらいだけど。

    このほかにエアフロとかアイドリングバルブとかの目に付くとこのコネクタを清掃。

    当然まだダメ。

    都幾川行きたいが、土曜は仕事だし日曜はFBMだし、予定がつかん。

    M3 トラブル発生!

    M3の調子が悪い。

    会社の帰りに突然エンジンの調子がおかしくなった。
    アクセルオンの加速時に息つきというかなにか詰まった感じがする。
    加速しない定速巡航では大丈夫。
    アイドリングも不安定。
    なんか点火のタイミングが合っていない感じ。

    早速点検。
    まずは点火系。プラグを見てみる。
    CIMG1399.jpg
    カーボンで多少黒くなっちゃってるがそんなにおかしくは無い。
    清掃しておく。

    次に吸気系。
    そういえばエアフィルターをしばらく取り替えていなかったので、買い置きの新品に交換してみる。
    CIMG1400.jpg
    取り外したエアフィルター。
    汚れてはいるが、吸い込みが悪くなるほどではない。

    そして電気系。
    バッテリーをチェック。
    CIMG1401.jpg
    電圧は大丈夫。バッテリー液も正常。
    念のためコンピューターリセットということで、バッテリー端子を外してしばらく放置。

    これで試乗してみるが、直っていない。
    まぁ、この程度で直るとは思わなかったが。
    というわけで今日はここまで。
    なんかセンサー系が怪しい気がするが、ちょっとネットで対策を検討して、だめなら山地か?

    それでもダメなら都幾川行きだ。


    ブラザーズ・グリム

    grimm.jpg

    「ブラザーズ・グリム」
    テリー・ギリアム 監督

    テリー・ギリアムっていうとモンティ・パイソンの人。
    モンティ・パイソンっていうとイギリスのコメディ。
    イギリスらしい(?)ブラックでシニカルで下品なイメージがあるけど、ちゃんと見たことないので良くわからん。
    好きな人は大好きだけど、そうでない人は全然興味がないという両極端な人が多い気がする。
    俺はどちらかというと好きな派か?
    でもTV(地上波)ではほとんどやらないので目にする機会がないし、レンタルして見るほど興味もない。
    というわけで、映画監督としてのテリー・ギリアム作品は、中学生の時観たバンデットQ(幻魔大戦の同時上映だったか?)と、大学生の頃観た未来世紀ブラジル(深夜のTVだったか?)くらいしか観たことないな。
    バンデットQは中学生から見てもB級の匂いがプンプンしてたし、ブラジルはブレードランナー的な近未来の暗いイメージで余りスッキリした印象はない。
    が、どちらも(俺的には)そこそこ面白い作品だった。

    さて、ブラザーズ・グリム。
    グリム兄弟が、インチキゴーストバスターズ的な詐欺をしながら旅をしてると、本当のゴースト(というか魔物)をやっつける羽目になるという話。
    グリム童話とは関係ありません。(というかこれらの経験を元にして、グリム童話を書いたという設定か)
    まぁ、ストーリーに破綻もないし、ちょっとビビらせるところはちゃんとビビらせるし、スリーピー・ホロウとかヴァン・ヘルシングとか好きな人なら、そこそこ楽しめる映画ですよ。

    評価  ★★  星2つ。

    主人公(グリム兄)がマット・デイモンだってことに最後のクレジットで気づいた。

    秋華賞 結果報告!

    カワカミプリンセス つぇ~!

    といったわけで結局当てたいので 「俺に乗れ」であげた4頭
    (ソリッド、アドマイヤ、カワカミ、アサヒ)の馬連4頭ボックスにしました。
    カワカミ-アサヒで決まって、馬連2260円
    結構ついたな。おいしい馬券でした。

    アドマイヤが思ったより伸びなかったが、シェルズレイも掲示板に残ったみたいだし、まずまず俺指数通りの結果だったんじゃね?

    それから東京メインの府中牝馬S。
    (俺の)サンレイジャスパーが出てたので参戦。
    ジャスパーからデアリングハート、ヤマニンシュクル、レクレドール、デラデラノビアに馬連で流す。

    デアリングが抜け出し、ジャスパーが粘ってるとこへデラデラが突っ込んできて久々にTVに向かって「そのままっ!」コール。
    なんとかジャスパーが粘って馬連GET!
    これまた2150円もついた。

    これで久々に回収率も上がって、48%→59%に!
    ってまだ59%かよ...。

    来週は菊花賞。
    2年連続の三冠馬が誕生するか!
    なんですが、FBMに行く予定なので車山高原で観戦します。
    予想は金曜か土曜日に!

    秋華賞 予想!

    スプリンターズSの復讐じゃ。
    とその前に、俺のここ数年の秋華賞の戦績を復習。

    '99  ハズレ (優勝:ブゼンキャンドル)こんなの当たるか!
    '00  ハズレ (優勝:ティコティコタック)2着のヤマカツスズランが買えなかった。
    '01  アタリ (優勝:テイエムオーシャン)これは買えた。
    '02  アタリ (優勝:ファインモーション)本線でGET。
    '03  アタリ (優勝:スティルインラブ)堅すぎて収支はマイナス。
    '04  ハズレ (優勝:スイープトウショウ)2着のヤマニンシュクルが買えなかった。
    '05  アタリ (優勝:エアメサイヤ)堅すぎて収支はマイナス。

    フムフム、レースの相性は悪く無さそうだ。
    しかし昔は荒れるイメージがあったのだが、ここ数年は堅い決着が多いので収支は...。

    今回は、オークスから直行のカワカミプリンセスをどうするかが問題だ。
    しかし、カワカミの西浦調教師はテイエムオーシャンの調教師で、テイエムもオークスから直行だったことを考えると買いか?
    といったことを踏まえて、(前回散々だった)俺指数の発表。

    馬番          馬名            指数    順位
     9      アドマイヤキッス    4.13      1
     4      シェルズレイ         3.50      2
    12     カワカミプリンセス   3.50      2
     5      フサイチパンドラ    3.38      4
    16     アサヒライジング    3.38      4
     1      キストゥヘヴン       3.25      6
     2      ソリッドプラチナム   3.25      6
    13     サンドリオン           3.25      6
    10     ヤマトマリオン        3.13      9
    15     ニシノフジムスメ     3.00     10
    17     トシザサンサン       3.00     10
     6      ブルーメンブラッド  2.88     12
     7      シークレットコード   2.88     12
    14     ブロンコーネ          2.88     12
     3      タッチザピーク       2.63     15
     8      ホウショウルビー    2.63     15
    11     キープユアスマイル  2.38    17
    18     コイウタ                2.38     17

    アドマイヤキッスが抜けて良い。
    春のGⅠで2着、4着と好走し、トライアルのローズSもしっかり勝ってきたので当然だが。
    シェルズレイの指数が高いのが気になるが、ここはアドマイヤとカワカミがいいんじゃないだろうか?
    人気だろうけど。
    その他の注目馬は、アサヒライジング。
    海外で好走した牝馬は帰国後にも活躍するイメージがある。
    (トゥザビクトリーとダンムーだけな気もするけど)

    そんな中で俺のお勧めは、ソリッドプラチナム。
    秋華賞と同じ条件の京都2000mのマーメードSを(俺の)サンレイジャスパーを破っての優勝は、軽ハンデだったとはいえ注意が必要。
    また、小牧太にもそろそろ大きいところを勝って欲しいという期待も込めて。

    「俺に乗れ!2006 秋」 第2弾

    ソリッドプラチナムから
    アドマイヤ、カワカミ、アサヒに馬連 1000円づつ。

    プリンター購入 Canon MP500



    以前物欲情報で紹介したプリンターを購入。
    CanonのオールインワンモデルMP500。
    去年の10月発売なのですでに旧モデル。
    購入意思はほぼ固まっていたのだが、新機種を見てからと思っていた。
    新機種の性能・機能を検討した結果、同等性能を確保するとMP600になる。
    これの実勢価格 25,000円程度ということをを考えるとお得と判断。
    MP500の優位性が確認されたので購入を決意。
    しかし、新機種発売と共に店頭からいきなり消えた!
    どうもメーカーの引上げがあった模様。
    慌てて探したら、会社のすぐそばの石丸電気で1台だけ残っていた。
    在庫処分で15,800円。
    CIMG1392.jpg
    箱デカっ!

    当然、中身も今までのよりでかい。
    CIMG1393.jpg

    今までプリンターを置いていたスペースに置けない。

    そんなわけでパソコンデスクを新調することになった。
    作っちゃうか?


    グラボ交換


    俺のPC、しつこいようだけどATHLON0.7GHzのかわいい奴。
    いろいろな延命措置をされて、いまだに現役。
    今回、更なる延命処置を施した。

    兄貴から貰った(なにかFLASH作成ソフトとの相性が悪くて使えなかったらしい)グラボ、ATI RADEON9200。
    CIMG1384.jpg
    どこのベンダー製か不明。

    もともと搭載していたnVIDIA TNT2 32MB → nVIDIA GEFORCE2 MX 64MB と微妙にグレードアップしつつ、今回初のATI製グラボとなった。
    CIMG1388.jpg
    せっかちなので早速交換。

    CIMG1390.jpg
    はずしたwinfastのグラボ。

    ドライバーが無かったが、XPの標準ドライバーで無事に認識。
    ベンチ取るの忘れてたので、数値的にどのくらい変わったのか不明。
    しかも俺、PCでゲームとかしないので体感的にもどのくらい変わったのかよくわからない。
    だいたい、CPUやメモリー等がボトルネックになって本来の性能が発揮できるかどうかすら不明。

    意味ないのか?

    ま、とにかく、年末の年賀状作成の時に少しでも威力を発揮してくれたら満足ということで。

    しかし、これでまたPC買い換えが遠のいた気が...。


     

    206 オイル・ワイパー交換


    75,150km

    俺のプジョー206は5000kmごとにオイル交換してる。
    前回まではヤフオクで大量に購入しておいたシェブロンの激安オイルを使用していたのだが、買い置きが切れたので、今回はunidon75氏も利用している某オートステーションへGO!
    ここはオイルを0.5L単位で量り売りしてくれるので、3リッターほどしか入らない206でもロスが無くてイイ!
    で、4グレードある中で2番目に安いウルトラをチョイス。500円/1L

    今回はオイルフィルターも同時交換だが、ここんちは輸入車用フィルターは置いてないので持ち込み。
    CIMG1378.jpg
    去年のFBM(フレンチブルーミーティング)で買いだめしておいたフィルター。
    これで最後なので、今年のFBM(10/22)でまた買ってこよう。

    オイル交換工賃は無料(というかオイル代に含まれる)だが、エレメントは工賃500円なり。
    CIMG1379.jpg
    結局3.5L入った。


    オイル交換待ちの間、店内をうろうろしていると、輸入車用ワイパー発見。

    VALEOのSMARTBLADEという品。長さ550mm 1680円
    CIMG1382.jpg
    先日夜の高速でトンネル抜けたら雨だったことがあって、そのときワイパーを動かしたら何にも見えなくなるという怖い思いをしたので、交換しようと思っていたのだが、206の純正ワイパーゴムって変な形していて、ゴムだけ交換しようと思っても売ってない。
    純正はブレードごとの交換なので、どうせなら社外品を付けようと思っていた(そうすれば次回はゴムだけですむじゃない?)のだが、輸入車用って社外も結構高い。
    そんなわけで、なかなか交換できなかったのだが、「...smart choice!」というキャッチコピーに惑わされ、スマートに2本購入。

    あ、運転席側は浮き上がり防止フィン付だった。
    CIMG1383.jpg
    上が今回購入した物
    下が純正フィン付

    新しいほうのブレードに黄色いシールがついているのが見えるだろうか?
    これ、交換時期を教えてくれるインジケーターで、黄色いシールを剥がすと黒丸が現れて、時間がたつとだんだん白くなるらしい。
    まぁ、紫外線に反応するだけだと思うけど。

    とにかく、これで安心してFBMに行ける。

    あ、FBMでワイパーを安売りしてるかもしんない。

    コレクションボックス(木製2号)その3

    塗装編

    先日、物置を漁っていたら塗装用コンプレッサーを発見した。
    CIMG1366.jpg
    アサヒペン  トーマスコンプレッサー 0.5HP

    スプレーガンもあったのだが、こちらは使用不能状態。
    ガンだけ買おうかと思っていたら、会社の先輩が「使ってないから貸す」ということで借りてきた。
    早速、塗ってみよう。

    塗料は、車庫の壁を塗ったときの残り。
    CIMG1367.jpg
    アクリル系水性塗料の真っ白な奴。

    CIMG1368.jpg
    これをフィルターで濾しながらスプレーボトルの中へ。
    試し吹きもそこそこに塗るべし。


    CIMG1370.jpg
    完了。

    やっぱりスプレーは綺麗に塗れる気がする。
    が、塗料の濃さ、スプレーの圧力調整等の経験値が低いのと、せっかちな俺の性格が災いして塗料のタレを作ってしまった。
    まあ、遠目にはわからないということで。


    で、ミニカーを並べて完成!
    CIMG1381.jpg

    窓枠に納まる棚

    奥さんから化粧台の横の窓に棚が欲しいとの要望があった。
    あまり要望は受け付けないのだが、これは簡単に出来そうなので早速検討。
    CIMG1372.jpg
    この窓に欲しいらしい。(あ、鏡の上に何かいる)
    開口部の高さは850mm程度、クレセントの操作を考えると巾は500mm程度までか。
    奥行きは100mmちょっと。

    板取りを考えて、棚の寸法は W468mm×H853mm×D100mmとした。
    材料は、先日作成したコレクションボックスと同じで厚さ9mm で600mm×900mmのMDF合板。
    これを例によって、スーパービバホームにて購入し、カットまでお願いした。
    CIMG1365.jpg
    853×100  2枚
    450×100  6枚
    450×45    4枚
    あと、家に落ちてた端材をちょっと使用。

    材料費
    MDF合板 522円
    カット代 9カットx50円=450円
    計 977円

    今回、背板をつけないので棚板に落下防止の背もたれ的な板をつける。
    これを側板と組み合わせて木工用ボンドで接着。

    CIMG1374.jpg
    背板が無いので隠し釘で密着性を上げて補強。

    CIMG1373.jpg
    完成。

    CIMG1375.jpg
    窓枠に嵌めてみるとこんな感じ。(やっぱり何かいる)

    このままだとやっぱり無印良品風なので、あとで窓枠に合った色で塗装する予定。

    P.S.
    今日は毎日王冠と京都大賞典
    毎日王冠は、アサクサデンエンとマルカシェンク
    京都大賞典は、インティライミとトウショウナイト
    でいこうと思っていたが、なんとなく自信が無かったのでやめた。

    やめて正解だった。

    ウルトラ・ダラー

    ultradoller.jpg
    「ウルトラ・ダラー」
    手嶋 龍一 著
    全336ページ

    話題になってから少したつ(18年3月刊行)が、読んでみた。

    ウルトラ・ダラーと呼ばれる北朝鮮発の超精巧な偽100ドル紙幣を題材に据えた諜報ミステリー。
    もちろんフィクションなのだが、「これを小説だと言っているのは著者だけ」というキャッチコピー通り、登場人物・組織・機関等に実名が使われていたりするので、どこまでがフィクションかわからなくなる。
    このあたりは「ダヴィンチ・コード」的な手法といっていいかも。

    ストーリーとしては結構複雑であるが、軽い(というかある意味稚拙な)文体と、主人公のスティーブン・ブラッドレー(イギリスの名家の出身でBBCの特派員、さらに裏の顔としてイギリスの諜報部員でもある)の日本文化に関する知識を生かした渡世術でさまざまな人物に取り入っていく様子や、物語とはあまり関係の無いウンチクなどもあり、大変読みやすい本となっている。

    そんなわけで、フィクションとしてもノンフィクションとしても楽しめ、ウンチクも手に入るという点ではおすすめの本。
    といいたいところだが、そのウンチクって正しいの?って考えをおこさせる例を1つ。
    登場人物の持ち馬としてサンデーサイレンス産駒のサイレントギャラクシーとサイレントディテクターという馬が登場するのだが、競馬ファンならちょっとおかしいことにすぐ気づくだろう 。
    そう、日本の競馬では馬名はカタカナで9文字までと決められているのである。(外国馬はこの限りではない)
    つまり、これらの馬はサイレントギャラク、サイレントディテクとなるべきなのである。
    ノーザンファームの吉田勝己社長とか実名で登場させてる割に、著者は競馬にはあまり詳しくないと見える。
    このあたりもっと勉強してもらえるとリアルさが伝わってくるのに。
    もっともこの馬たち、序盤でいかにも重要な鍵を握っているかのように登場するのに、別にストーリーと全く絡んでこないのでどうでもいいのだが。


    そんなわけで、


    評価  ★★   星2つ。


    ラストの強引なまとめかたとか、伏線をいろいろ張っておきながら放置したりとか、小説としては?です。

    人間ドック

    今日、午前中は人間ドック。
    受診場所は会社のすぐそばのクリニック。
    実はこの病院、昨日居眠り運転の車に突っ込まれてました。
    ショックで胃カメラがうまく扱えないとか言ってる。(オイオイ)
    まぁ詳細な結果は2週間後だが、例によって胃が少し荒れてる(ストレスだ!)程度で、他はほぼ正常っぽいので一安心。

    ちょっと面白いサイトを見つけたので紹介。
    Says-It.com
    なんかweb上でステッカーやチケットやカセットテープ(!)などのデザインが作れて遊べる。

    早速、こんなのを作ってみた。
    seal.gif
    cassette2.jpg


    どうよ(笑)


     

    Op.ローズダスト 上・下

    op.rosedast.jpgop.rosedast2.jpg
    「Op.ローズダスト(上・下)」
    福井晴敏 著
    上:全600ページ
    下:全560ページ


    「Op.」は「オペレーション」ね。
    「亡国のイージス」、「ローレライ」、「戦国自衛隊1549」と立て続けに映画化された福井晴敏の最新作。
    といっても、上記3作は原作も読んでないし、映画も観てないけど。


    爆弾テロから物語は始まる。
    テロを仕掛けたのは「ローズダスト」と名乗る集団。
    これを防衛庁と警察庁が手を組んで追いかける。
    調べを進めていくうちにローズダストは防衛庁の秘匿情報組織「ダイス」の元隊員で、裏切りにより命を狙われ逃げ出した5人組とわかる。
    当初、ローズダストの目的は裏切った元防衛庁職員3名の暗殺と思われていたが、実情はもっと複雑だった。
    さらに、警察庁公安の並河と共にローズダストを追いかける防衛庁の丹原は「ローズダスト」のメンバーと深い因縁があった。
    そこに、巨大IT企業の思惑と、防衛庁、警視庁内部の不穏分子の陰謀が絡まってきて...。


    と、盛りだくさんな内容。
    おかげで600ページ近い本が2冊も出来てしまいました。っていう感じ。
    いやぁ、特に上巻は全体像がなかなか見えてこない為にかなり読むのが疲れました。
    リアルさを追求するあまり、細かい描写が多すぎるからかな。
    実際、警視庁・警察庁・防衛庁の内情や銃火器のディテール、舞台となるお台場等の情景等、良く調べ上げてるな~と感心してしまった。
    しかし、それらは俺の知らない情報なので感心してしまうだけで、本当にその通りなのかは関係者でないとわからない。
    関係者が読むと鼻で笑われるような内容かも知れないし。
    実際に、建設中の工事現場でのシーンなどでは、その業界に身を置く俺から見て、良く勉強してるな思うが、所々「ん?」と気になる箇所が出てきてしまうのも事実。
    それは本当に微妙な言葉の言い回しだとか、些細な部分なんだけど。


    ともかく、前半は全体像を把握するのに費やして、結構読むのが辛いのだが、流れがわかってくると面白くなってくる。
    なので下巻は一気に読み進めることが...と思ったら、これまたクライマックスに近づくにつれてまたまた細かい描写の嵐。
    迫力のあるシーンを演出したいのはわかるけど、正直読むのに疲れます。
    俺の読書時間は、毎日就寝前の30分間位なので上下巻読むのに延3週間くらいかかっってしまった。
    ストーリーも大筋ではわかるのだが、いまいち「ローズダスト」の真の目的がわかりづらかったりする。
    面白いことは面白いけど。


    そんなわけで、


    評価 ★★★   星3つ。


    映画化?無理だろうね。


    今読んでる本
      ↓
    ultradoller.jpg
    「ウルトラ・ダラー」
    手嶋 龍一 著
    全336ページ

    ディープ 残念!

    あぁ
    こんなところで予想当ててどうする、俺。

    残念だけどこれがアウェイなのか?
    やっぱりステップレースをしっかり使ってほしかった。
    それには出入国時の検疫の見直しを早急にすべし!

    と提言して寝る。

    ディープ、そして関係者の皆さんお疲れさま。
    ジャパンカップでの雪辱を期待します。

    スプリンターズS 結果報告!

    なんかもうホントあたらねぇ。

    結局、昨日の予想の通りの4頭で勝負したのだが、
    4頭とも掲示板にすらあがってないし。
    期待していた素敵伸介君なんかビリだし。

    ということで、来週はGⅠ無いので「俺に乗れ」はお休み。

    秋華賞までに俺指数の見直しもやらねば。

    はぁ...

    とりあえず、今夜のディープインパクトの凱旋門賞のために一眠りしとこう。

    FC2Ad

    相続 会社設立