プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    ノベルティ

    家に帰ったら何か届いていた。
    CIMG1599.jpg
    ジョージア 金のシャチハタ。
    純金名刺プレゼントに応募したら、当たったらしい。

    そういえば、日曜日に映画に行く前にBMWのディーラーに寄った。
    なんかくれると案内が来てたので。
    そこのディーラーは、以前部品を注文したりで何度か行ったことがあるが、対応がかなり悪かったので非常に印象が悪い。
    (そこで車を買ったこと無いんで偉そうなことは言えないが)

    で、今回久々に行ってみたのだが、担当が替わったせいかちょっと感じが良くなってた。
    (いや、決して何かもらったからというわけでなく)

    で、1シリーズについてちょっと話を聞く。
    1シリーズ、このクラスのハッチバックでFRというのはやっぱり魅力的。
    もう少し巾が狭く(5ナンバーサイズ希望)、
    形がスマートなら(3シリーズのイメージを払拭しろ)
    という注文もあるが、一番致命的な欠点は、MTモデルが3リッターのスポーツバージョンにしか無いってこと。
    1600ccの116にMTの組み合わせがあれば良いのに。
    という話をしたら、営業マンも同じ考えだった。
    実際、そういう要望が多いのだそうだ。
    116のMTで装備を簡略化して250万円くらいでどうか?
    そういうのが出ても買えないけど。

    CIMG1600.jpg
    で、カタログとおみやげ(フリースブランケット)もらって帰るのであった。

    ディパーテッド

    昨日、映画を観てきた。
    ホントはおとといの土曜日の夜に行ったのだが、
    ちょっとした記念日だったので食事でもしてからと思い、初めて行くレストランへ寄った。
    CIMG1598.jpg
     ↑ こんなお店

    コースで2000円~というお手ごろ料金で、料理もデザートもおいしかった。
    が、シェフが一人で切り盛りしている店なので、全部の料理が出てくるまで1時間半かかった。 客は俺らを含めて3組6人しかいなかったのに。
    まぁ、ちょっとしたフレンチな店だとそのくらい普通かも知れないが、
    そこまで本格的な感じには見えなかった(失礼!)ので、正直そんなに時間がかかるとは思わなかった。
    ということで、映画の時間に間に合わなかった次第。
    でも本当に料理はおいしかったので、時間があるときにまた行ってみよう。

    で、昨日の昼間にリベンジ。
    封切りしたばかりの「どろろ」と迷ったのだが、
    結局、客の入りの悪かった「ディパーテッド」で。

    departed.jpg
    マーティン・スコセッシ監督
    レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン等の豪華キャスト。
    スコセッシとディカプリオは、「ギャング・オブ・ニューヨーク」、「アビエイター」に続き3度目のコンビ。
    でも俺は前2作とも観てないんだな。
    ていうか、どうもスコセッシ監督作品はタクシードライバーとハスラー2くらいしか見てないかも。
    嫌いというわけでは無いのだが、なぜか観る機会が少ない。
    暴力的なイメージが強いからか?
    今回も、R15指定ということで、暴力シーンやらなにやらが満載。
    ネタばれになるので多くは語らないが、ちょっとやりすぎじゃねぇの?って感じ。

    香港映画の「インファナル・アフェア」のリメイクということだが、観てないので比較は出来ない。
    あぁ、何の参考にもならない映画評だな。
    これからはもっといろんな作品を観るようにします。

    評価 ★★★☆☆ 星3つ

    各名優の競演を観るだけでも十分楽しめますけど。
    久々に見た気がするマーチン・シーンも良い演技してます。
    あと、ニコルソンのTシャツに「IRISH」って書いてあったのに微笑。

    ベルトを染めてみる。

    ということで、ダイロン(染め粉)の黒(エボニーブラック)を用意する。
    CIMG1587.jpg
    400円
    G-SHOCKのベルト・ベゼルの着色の定番。
    昔キックボードが流行ったときに透明のウィール(タイヤのこと)を染めたことはあったが、Gを染めるのは初めて。

    で、やってみよう。

    実験台は先日購入したベルトの中から、そのままの色では決して使われることがないだろうと思われる紫と透青のウレタンベルトと、DW-6000についてきた赤のナイロンベルト。
    CIMG1588.jpg

    その辺に転がっていた空き缶に熱湯を注ぎ、染め粉を溶かして、塩をひとつまみ入れて、ベルトを漬けてしばらく放置。
    CIMG1589.jpg

    数時間後、取り出してみると、
    CIMG1596.jpg
    きれいに染まってます。

    DW-6000に付けてみるとこんな感じ。
    CIMG1597.jpg
    満足。

    だが、よくみると元紫は茶色っぽく、
    元透青は光にかざすとちょっと透けてる。
    ちょっと染め足らなかったのかもしれない。

    M3 オイル交換

    173,000km
    久々に車ネタ。
    といってもオイル交換ですけど。
    基本的に5000kmごとのオイル交換を義務付けているM3。
    前回交換からまだ3000km強なのだが、すでに半年以上経過してるのでそろそろ交換してやる。

    今回は格安オイルで評判のシェブロン シュプリーム 10W-40 鉱物油。
    CIMG1591.jpg
    1本当り300円弱。 隣はオイルフィルター。
    使い始めた頃は「こんな安物で大丈夫なのか?」と思っていたが、
    AX、206に使用しても調子いいし、ネットでの評判も悪くない、というか良い。
    まぁ、販売店が良い評判を意図的に流しているだけかもしれないので、
    まるっきり鵜呑みには出来ないが。
    とにかく、シェブロンを使うと。

    今回は、オイルフィルターも交換。
    以前、個人輸入で部品を仕入れたときに一緒に購入したもの。

    M3のオイルエレメントはエアクリーナーボックスを外さないと交換できないのでちょっと面倒くさい。
    CIMG1592-1.jpg
    エアクリーナーボックスとホースを取ると、
    CIMG1593-1.jpg
    現れる。

    こちらでオイルエレメント移設キットなるものも売られているけど、まぁそこまですることはないかと。

    G-SHOCK DW-6000

    ヤフオクでG-SHOCKを落札してしまった。
    1000円くらいだったので、つい。

    CIMG1580.jpg
    G-SHOCK DW-6000GJ-1
    '90年発売   定価9800円
    ブーム当時なかなか買えなかったモデルが格安で売られているのをみると、つい。
    といっても今回のDW-6000は'98年頃までレギュラーモデルとして販売されていた。
    1/1000secまで計測できるストップウォッチ機能の付いた通称「「F1モデル」」と呼ばれていたもの。
    CIMG1581.jpg
    ラップメモリー機能もついている本格派だ。
    ってこんなので何を測るつもりだ、俺。
    バックライトはマイクロライトと呼ばれる豆球仕様。

    '96年に同じ形でDW-8700というのがELバックライト仕様で出たのだが、こちらはストップウォッチが1/100秒なので興味なし。
    いや、何を測るわけでもないんですが。

    ベルトは純正でない(といっても他のG-SHOCK用)のナイロンが付いていたが、赤いし汚かったので交換だ。

    ということで、とりあえず手持ちのDW-6100を用意してみた。
    CIMG1582.jpg
    DW-6100 GJ-5A
    '93年発売  定価14000円
    '97年のブーム真っ只中に某リサイクルショップで格安で放置されていたのを発見し確保したもの。
    気温や日の出入時刻がわかったりするモデルで、茶色い流通限定モデル。
    大変お気に入りだったのだが、いつの間にかベゼルが無くなってしまった。
    交換ベゼルはすでに生産中止だし、茶色のモデルはオークションでも発見できず放置していた。
    このベルトを使ってしまおう。

    で、早速交換。
    CIMG1583.jpg
    ピッタリっす。
    でも色が茶色なのでカッコ悪し。

    なので、黒いベルトを探していたのだが、なぜかこんなのを購入。
    CIMG1584.jpg
    G-SHOCK POWER UP KIT
    ウレタンベルト紫、黄、透青の3本セット。
    CIMG1585.jpg
    1000円。

    黄色をつけてみる。
    CIMG1586.jpg
     
    なにやら初代イルクジ風だが、カッコ悪し。

    紫、透青も当然似合わない。

    しょうがないので今度染めてみることする。

    新たなる物欲

    こんな本を見つけた。

    tamiya.jpg
    「タミヤRC 30年間の全記録 1974-2006」

    今までに発売した電動ラジコンのすべてが載ってる総合カタログのような本。

    で、気になることがあったのでパラパラと眺めていると、
    あぁ、あったあった 1/12 シュニッツアー BMW M3! 
    M3RC.jpg
    当然生産中止モデルだ。
    M3を購入したての頃、これが欲しくて探したなぁ(シミジミ)
    すでに生産終了だったので、結局見つからなかったけど。
    (プレミア価格では売っているのを見かけたが・・・)

    と、感慨にふけっていたら別のページにもシュニッツアーM3が載ってる。

    1/10 電動RCカーシリーズ?
    何?
    2004年発売?
    発売中?

    今でも買えるってこと?

    ということで早速ネットで調べると
    おーホントに売ってる!

    タミヤのページ

    定価9800円
    実売7000~8000円くらい。
    思わずポチっとしそうになったが、プロポやバッテリーは別でそろえなきゃいけないんだよな。
    +10000円くらいか。

    うー、でもいつ生産中止になるかわからないのでボディだけでも購入しとくか?

    Kの日々

    knohibi.jpg
    「Kの日々」
    大沢在昌 著


    大沢在昌って読んだこと無かったんで、読んでみた。

    (以下、ネタばれになる可能性があります)

    3年前に丸山組というやくざの組長が誘拐された。
    実行犯はその組の構成員2人と「李」という中国人。
    誘拐は成功したが李が8000万円の身代金を持って消えた。
    丸山組は必死になって犯人を捜すが見つからず。
    その後、李は東京湾で死体となって発見されるが、李を殺した犯人もわからない。
    身を隠すため刑務所に入っていた実行犯の残りの2人は服役後、身代金の行方を追うために裏の世界で探偵家業をする「木」を雇う。
    「木」が目をつけたのは、李の恋人だった女「K」
    「木」、「K」、実行犯、李の友人の死体処理業者、悪徳刑事、丸山組2代目等のさまざまな人物がそれぞれの思惑を胸に消えた身代金の行方を追う。
    といった話。

    で、調べていくうちにいろいろな情報を得るわけで、「木」をはじめとする登場人物がいろいろな推理をするのだが、 全てにおいて「李は死んでいる」という大前提の下に推理するわけですよ。

    俺が読みはじめて真っ先に思ったのが、
    「本当に東京湾に浮かんだのが李なわけ?」
    ということ。
    だって、白骨に近い状態で見つかったんだよ?
    持ち物だけで李と判断されただけなんだよ?
    だけど、登場人物は誰一人としてそこに突っ込みをいれない。

    これ以上は、ネタばれになるので(もう遅いか)やめとく。

    そんなわけで

    評価 ★★☆☆☆ 星3つ

    いや、そこんとこ以外はよく出来た本なのだが、
    そもそもヤクザ物って俺あまり好きじゃないんで。

    ブライトリング フェア

    昨日は買物で高崎まで。

    ついでに、某時計店からブライトリングフェアの案内が来ていたので寄ってきた。
    9年ほど前に俺様御生誕30周年記念の時計を購入した店だ。

    BREITLING OLD NAVITIMER SNOWBIRDS
    CIMG1577.jpg
    各国のエアロアクロバティックチームの名を冠した限定シリーズの中のカナダのスノーバーズモデル。
    CIMG1578.jpg
    1000台限定。

    俺様御生誕30周年記念としてブルーインパルスのクロノマットが欲しかったのだが、当時すでに売り切れ。
    他の時計を探していたところ、たまたま寄った今回の時計店で売れ残りのスノーバーズを発見。
    クロノマットのスポーティさとは違った派手さのオールドナビタイマーのデザインに引かれ、純正の革ベルトをステンレスのナビタイマーブレスレットに交換して購入。

    CIMG1579.jpg
    その後、夏場用にゴムベルトも買った。

    で、今回のフェアでは最新モデルの展示はもちろんだが、無料で時計診断もしてくれるというのでいそいそと出かけていった次第。
    3~4年前に一度オーバーホールしてるので特に問題は無いと思ってはいたが、改めてチェックしてもらう。
    結果、精度は大変良い状態とのお墨付きを頂いたので一安心。
    ブレスレットのコマ間の動きが汚れで動きが渋くなっているので、今度銀座に行ったときにでもスタジオブライトリングで洗浄してもらってくださいとのこと。
    なかなか銀座までは行けないので今度「洗剤革命」で洗ってみよう。

    CIMG1573.jpg
    で、お土産の卓上カレンダーをもらって帰る。

    それにしてもブライトリングは相変わらずこういったフェアの開催、分厚いカタログの配布、年1回の各都市でのメンバーズサロン(メンバー限定のパーティ)とか広告・宣伝費をかけてますなぁ。
    だから高いんだよなぁ。
    さらにユーロの高騰で定価がずいぶん上がっっているので、俺ら一般庶民にはもう手が届かないっす。

    グリル栄寿亭のカツ丼



    今日は買い物で高崎まで。

    で、昼飯に栄寿亭のカツ丼を食おうと思った。
    CIMG1572.jpg
    高校時代(もう20年以上前だ)は毎週のように通った栄寿亭。
    実は半年ほど前に20年ぶりに行ったのだが、14時~17時まで休みだということを忘れていて14時過ぎに行ってしまい食べられなかったのだ。

    で、今日リベンジ。

    なんと行列の出来る店になっていた。
    十人ほど並んでいたのだが、ここまで来て食べないわけに行かないので素直に待つ。
    カウンター席で15人ほどしか座れない店だが、回転が良いのでそんなには時間がかからないだろう。
    CIMG1570.jpg
    待っている間にショーケースの見本で値段を確認。

    かつ丼 A (玉子なし) 370円
    かつ丼 B (玉子あり) 420円
    かつ丼 C (ジャンボかつ使用) 630円

    安っ!20年前と変わらないんじゃないかという良心的な値段に涙。

    今回は、奥さんと俺でかつ丼A,Bをそれぞれ1つずつオーダー。
    CIMG1571.jpg
    出ました!
    Aはいわゆるソースかつ丼で、Bが卵とじ。

    一口食べると20年前の味がよみがえってきてまた涙。
    決してものすごくおいしいわけでもなく、どちらかというと安っぽい味なのだが、そこがたまらない。
    この値段で高級なものを求めてはいけないのだ。

    大満足で店を出る。

    しかし、昔は栄寿亭の前に「グリル」という冠(?)が付いていて、俺たちは「グリル行こうぜ」とか言っていたのだが、今は「名物高崎のかつ丼」の冠が付いていた。

    ああああああああぁ~

    即興詩

    「データがとんだ」


    今日は休みだが家に仕事持ち帰ってやってた。

    朝から。

    今、データがとんだ。

    まだ1回もバックアップしてなかったのに。

    朝からの作業がすべて飛んだ。

    飛ぶのはディープインパクトだけにしてくれ。


    再起

    saiki.jpg
    再起
    ディック・フランシス 著

    元騎手のディック・フランシスの<競馬シリーズ>最新作。
    <競馬シリーズ>は40作くらい発表されている競馬を舞台にしたサスペンス・ミステリーで、
    基本的にそれぞれ独立した主人公の異なる物語であるが、今回の「再起」に登場する元騎手の探偵シッド・ハレーは<競馬シリーズ>の中でも数回登場する人気者だ。

    落馬事故により片腕を失ったシッド・ハレーは探偵として活躍していた。
    今回は、競馬の八百長疑惑・インターネットギャンブル詐欺疑惑の解明を依頼される。
    その捜査中にいくつかの殺人事件が起こり、ハレーの恋人も命を狙われる。
    自らが危険にさらされることには慣れて(?)いるハレーだが、恋人が狙われるとなると話は別で
    捜査を続行するか否か、ハレーの選択は?
    ていう感じで話は進んでいく。
    まぁ、ストーリーは平凡だが、競馬サークル様子が良くかかれているので競馬マニアにはたまらない。

    <競馬シリーズ>は毎年1~2作のペースで発表していたのだが、これは実に6年ぶり。
    著者のフランシスの85歳という高齢を考えるとよく書いたなという気がする。
    前から奥さんがストーリーを考えているとかいう噂もあったので、
    奥さんが亡くなった今回は息子がかなり協力している様子。
    それはともかく、安心して読めるシリーズではあるので万人にお勧め。

    評価 ★★★☆☆ 星3つ

    といっても俺もこのシリーズは5作くらいしか読んでいないですが。
    ちなみにあとがきをアタックチャンスの児玉清が書いていたりする。
    かなりのフランシスマニアらしい。

    3日連続開催

    1/6~8までのJRA3日連続開催
    結局、金杯もガーネットSもシンザン記念も参加せず。


    参加しないでよかった。

    出初め


    今日は地元自警団の出初め。
    といってもポンプの点検を兼ねて放水試験するだけ。

    P1000025.jpg
    リヤカーに積んだ消防ポンプを消火栓の近くまで運んで、

    P1000026.jpg
    放水~!

    で、終了。

    その後、近所の料理屋で新年会。
    実は俺、総団長だったりするんでした。


    2006年俺的年間競馬収支報告

    2006年の競馬収支をまとめたので報告。
    金額は各方面に支障が出るので回収率のみ発表。
    基本的にJRA等のお布施(控除率)が25%なので、回収率が75%以上なら俺の勝ち(?)とする。

    まずは馬場別回収率
    東京 150%
    中山 38%
    阪神 11%
    京都 115%
    函館 0%
    新潟 0%
    福島 183%
    中京 0%
    小倉 0%

    JRA 計 84%

    金沢 45%
    佐賀 0%
    名古屋 83%
    浦和 67%

    地方 計 64%

    レースグレード別回収率
    GⅠ 102%
    GⅡ 23%
    GⅢ 90%
    OP  0%
    平場 66%
    地方 50%

    芝・ダート別回収率
    芝 87%
    ダート 68%

    馬券別回収率
    3連単 0%
    3連複 194%
    馬連 91%
    ワイド 33%
    単勝 17%
    複勝 28%

    季節別回収率
    1~3月 46%
    4~6月 56%
    7~9月 43%
    10~12月 170%

    で、トータルでは回収率 81%
    勝った!(のか?)
    9月末の時点で50%を割り込んでいたことを考えると大健闘。
    去年は61%だったし。

    以上の結果から、今年100%超えを達成するためには、
    ①東京、京都、福島コースに絞り、特に地方には手を出さない。
    ②なるべくGⅠだけにする。
    ③ダートには手を出さない。
    ④馬券は3連複、馬連だけにする。
    ⑤秋に勝負をかける。

    無理ですけど。

    ちなみに金杯。
    運試しと思っていたのだが、本日仕事のため参戦できず。
    今、結果をチェックしたが、ほどよい荒れ具合ですな。
    中山の勝ち馬シャドウゲイトと京都の2着馬エイシンドーバーには注目していたが、
    アサカディフィートとマイネルスケルチとの組合せは買わなかっただろうなぁ。
    結果ラッキーだったかも。

    明日のガーネットSも参戦するかどうか微妙だが、
    アグネスジェダイ、リミットレスビット、ジョイフルハートのBOXでよさそうだがどうか?

    俺に乗れ!2006秋 総決算

    というわけで、有馬記念で「俺に乗れ!2006秋」は終了。
    収支を計算してみた。

    対象レースは、スプリンターズSから有馬記念までのGⅠ 全11レース。
    的中は、天皇賞・マイルCS・JCダート・JCの4レース。

    で、投資金額は各3,000円で計33,000円。
    回収金額は42,400円で+9,400円。
    回収率128%となった。
    天皇賞の47.8倍が効いたな。
    乗った人おめでとう。

    俺に乗れ!2007春は高松宮記念からの予定。

    俺の年間収支報告はまた後日。

    エラゴン 遺志を継ぐ者

    昨日、初詣の帰りに映画を(久しぶりに)観てきた。
    映画の日で1000円なので、混んでいるか?と思ったのだが、
    シネティアラ21 相変わらず空いていた...。
    16時台の上映で、客席半分くらい空いていた。
    大丈夫か?

    で、観たのが「エラゴン 遺志を継ぐ者」

    eragon.jpg

    ファンタジーである。
    悪者に支配されている世界にドラゴンをあやつる勇者が現れて平和を取り戻す、というファンタジーの王道。
    原作は10代の少年が書いていて、すっごい分厚い本らしい。
    2時間弱の上映時間では収めきれないのか少々ストーリーを急ぎすぎるような気がするが、まずまずの出来。
    ドラゴンと人間の交流はうまく描かれているが、ロードオブザリング、ゲド戦記等の影響は隠せず、またスケール感でも少々見劣りする。

    評価 ★★☆☆☆   星2つ

    3部作らしいので、続編に期待。

    初詣 鬼鎮神社

    正月なので初詣に行ってきた。

    嵐山の鬼鎮神社。
    P1000023.jpg
    鬼を奉っている珍しい神社。
    節分祭で有名。
    原付免許を取った高校生の頃から良く行くのだが、
    これまでの人生を振り返るとご利益があったのかどうかは微妙。

    で、早速お参りをして恒例のおみくじを引く。

    P1000024.jpg
    半吉って...聞いたこともねぇよ。OTL

    読むとかなり悪いことが書いてあるので、御守り(鬼の金棒だ)を購入。

    今年もいいことは無さそうだ。

    あけましておめでどうございます。

    20061231210026.jpg

    今年もよろしくお願いします。