プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    スプリンターズS 予想!

    いよいよ秋のGⅠシリーズ開幕!ということで仕事も手につかなくなっている俺です。
    春の惨敗を反省し「俺に乗れ!」予想は自粛するが、一応俺予想を書き留めておこうと。
    当たったときに自慢できるようにな。

    で、第1弾のスプリンターズS。
    相変わらずスプリント戦線にはこれといった主役が不在のため、今回も混戦模様。
    ここ数年まったく当たっていない相性の悪いレース(何度も言うように相性の良いレースは無いのだが)なので、期待せずに運試し程度の気持ちで予想する。

    まずは俺指数。
    春の惨敗を受けての変更は特に無いのだが、こういった混戦時には良い目安となるのだ。
    sprinters.jpg

    どうしても実績のある馬が上位に来てしまうのだが、前哨戦で目立っていた牝馬たちにも十分可能性がある。
    が、本番ではやっぱり牡馬なのかなと思いつつ。

    今のところ俺の本命は、サンアディユ。
    芝で3回走って(すべて重賞)2勝、しかもアイビスSDで力のいる馬場を克服し、5馬身差圧勝のセントウルSで時計勝負にも対応できるところをみせたのは大きなプラスポイント。
    勢いのあるフレンチデピュティ産駒というのも強調材料だ。
    これで鞍上が俺贔屓の村田だったら文句無しなんだけど...まぁ川田のほうが信頼できるんですが(笑)

    で、ここから俺指数上位のキングストレイル、スズカフェニックス、コイウタあたりに流せばいいんじゃないかと。

    P.S.
    本日のレース(札幌2才S、シリウスS)はケン。
    正解だった。
    それにしてもシリウスSのドラゴンファイヤーは強かった。
    アロンダイトも休み明けとしてはまずまずの競馬だったのでJCダートが楽しみだ。



    「タイムマシン開発競争に挑んだ物理学者たち」



    タイトルだけで手に取った本。
    なんかタイムマシンの可能性を真剣に考察してる本で、基本となる理論から、現在の開発状況までを時系列に解説してる。
    が、やっぱりアインシュタインの相対性理論あたりで俺の脳がついていけなくなった。orz
    しかし、難しい数式などは用いずに、SF小説や映画などの話題を交えつつ、様々な例えを利用してわかりやすく説明しようとする努力は理解できた。
    また、物理学に関するトリビア的エピソードなんかも紹介されている。
    例えば、現在では宇宙の始まりとして定説となっているビッグバン理論のビッグバンとは、元々その理論に否定的な定常宇宙論者が揶揄する目的でつけた名前、だとか。
    さらに、SF小説が元で新しい理論が生まれたことなんかが紹介されていて興味深い。
    が、その理論についていけないわけで。
    大体、4次元ですらわからないのに、現在では11次元まであることになってる物理学の世界が理解できるわけが無い。
    「ひも理論」とか「超ひも理論」とかってなんだよって感じ?

    結局、要約すると(って理解できていないのに無理やりまとめる)タイムマシン開発の歴史は、仮説を立てて、実験(思考実験)して、実証して、否定して、また新しい仮説を立てて、の繰り返しであると。
    で、ちょっとずつ進んでいるようだけどゴールは見えてない(というかゴールがあるのかさえ不明)ということらしい。
    但し、科学の歴史を考えるとひょんなことから突然大発見が見つかる可能性もある、といったところだろうか。

    評価 ★★★☆☆

    実はロシアの科学者が数分単位のタイムトラベルを可能にしたという報告も紹介されている。
    もう、何がなんだか。


    すごいぞ!中国

    凄いなぁ、中国。
    http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000017475.html
    ついに車もパクリだしたらしい。

    china-1.jpg
    「スマート」パクった「小貴族」

    china-2.jpg
    「BMW X5」をパクった「CEO」
    「CEO」はオプションでBMWエンブレムがあるらしい。(笑)

    こんなのを本気で他国のモーターショーに出品しようとするんだから大したもんだ。

    他にもちょっと探しただけで、

    china-3.jpg
    「bB」似のこんなのとか、

    china-4.jpg
    「Vits」似のこんなのとかあった。

    もう何でもアリなんだろうなぁ、中国。
    いつかきっとあの国に全世界が支配されるんだろうなぁ。


    「ヴォイス」



    以前読んだ「ギフト」に続く「西のはての年代記」の第2弾。

    「ギフト」の主人公であるオレックとグライが訪れたアンサルという街が舞台。
    ここではオルド人の侵略による圧制が行われている。
    で、オレックの協力もあり圧制から開放される、という話。

    「西のはて」という舞台の世界がしっかり確立されているため、「ギフト」同様に物語の破綻もなく安心して読める。
    が、「ゲド戦記」同様に淡々と話が進んでいき、ラストも想像できるために歴史書を読んでいる雰囲気になってしまうのが残念。
    一応ファンタジーの形式はとっているが、やたらと現実的な描写が多いのも、その手の内容を期待して読むとちょっと期待はずれな感じになってしまう。
    少なくとも子供向けではない。

    評価 ★★☆☆☆ 星 2つ

    いや、いい内容なんですけどね。

    M3 カーオーディオ交換 三たび

    先日取り付けた中華製の3.5インチモニター付DVDプレイヤー。

    TVが見れないというのは構わないが、コンソールの形状のせいで前面パネルが少々下向きになってしまい、液晶画面が見づらいというのが気になった。
    走行中に画面を凝視することは無いので大した問題ではないが、もう数千円出せば電動角度調整付きパネルの製品があったのだよなぁ、とか考えてしまう。
    人間の欲望というのはキリがないのである。

    が、例によって資金がない。
    競馬には期待できないので、またしてもこれをオークションに出品してみた。
    前回2.5インチタイプを売ったときもかなり強気の価格設定だったのだが、今回はそれ以上に強気だ。
    再出品を繰り返し、さすがに売れないか?と思った頃に落札された。
    買ってくれた人本当にありがとう。
    これで購入資金が出来たので、今度はこんなのを買った。

    CIMG2096.jpg
    3.6インチ電動モニター内蔵車載DVDプレイヤー
    懲りずに中華製(だと思われるが詳細不明)。

    CIMG2098.jpg
    なぜか、SANYOのCDチェンジャーに対応しているらしい。
    もしかしてプレイヤー部はSANYO製?
    何れにしろ微妙であることに変わりはないが。

    メディア再生機能的には前回のものと変わりはない(ハズ)が、前回のものよりさらにモニターが大きくなった(3.5→3.6インチ)。
    そして今回も一応TVチューナー付ということになってるが、使えるかはわからん。

    で、早速取付。
    さすがに2ヶ月で3回も交換してると、手馴れたもんだ。

    で取付完了。
    CIMG2105.jpg
    ラジオ、CD、DVD、USBなどの動作を確認。
    もちろんOK。
    TVアンテナの端子が合わなかった(アンテナはミニプラグで差込口はアンテナプラグだった)ため、アンテナは接続できなかったが、接続すればTVも映りそうだ。
    今度変換コードを買ってこよう。
    もちろん時計を合わせることも出来た(笑)

    そして、今回の売りである電動パネルを作動!
    CIMG2103.jpg
    バッチリっす。

    さすがにもうしばらくは交換しません。

    P.S.
    エアコン壊れた(泣)

    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」

    bnr_eva_c01_01.jpg

    というわけで昨夜「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観に行ってきた。
    ま、一応観とかないと。
    で、ユナイテッドシネマ・ウニクス上里まで。
    前回ローマの休日を観に行ったときちょっと不満のあった映画館ではあるが、近所でここしか上映していないのでしょうがない。
    そういえば、数年前の「劇場版エヴァンゲリオン」のときも近所で上映をしているところがなくて、結局、桶川のマインというスーパーの中のマインシアターというミニシアター的な映画館で観たのだった。
    なんだかエヴァは社会現象にまでなったとかいう話もあったりしたが、所詮マニア受けするただのアニメなんだよなぁ、とかを実感したりして。

    まぁ内容は、とりあえず「序」ではTVシリーズの焼き直しなので特筆すべきことはない。
    絵はほとんど新たに作り直しているようだが、相変わらずシンジは暗いし、綾波はかわいいしと。

    で、実は俺、ほとんどストーリーを忘れているので今回の「序」はストーリーを思い出すリハビリにちょうどいい。
    まずまず満足。
    次回よりちょっとづつTVとはストーリーが変わってくるらしいので、楽しみ。

    そういえば今回が「序」で次回は何になるんかいな?と疑問に思っていたが予告ではっきりした。
    「破」だそうだ。何だそれ?

    評価  ★★★☆☆  星3つ

    綾波やミサトさんのサービスショットもあるので、そっち系の人も満足できます。(笑)

    P.S.
    eva2.jpg
    綾波のフィギュア付きオリジナルコンボセット(劇場限定)1200円
    最後まで買うかどうか迷った。
    が、買うと一線を越えてしまいそうなのでガマンした。

    P.S.2
    エルムS
    TV中継をどこもやってないので買うのやめた。
    (グリーンch 入ってないし)

    今、結果見た。

    当たってたな...orz






    セントライト記念、ローズS

    カッチカチだよ。

    本日、午前中はちょっと持ち帰り仕事を済ませ、午後から奥さんの付き合いでお買い物と。
    ちっ、お馬さんと遊ぶ時間が取れねぇ。
    しかし、わずかな隙間を狙って検討する。
    で、出かける前にちょっとだけ購入。

    セントライト記念
    ゴールデンダリアかロックドゥカンブか?
    ロックドゥカンブは距離が不安視されるのでゴールデンダリアを軸に、ロックドゥカンブを本線、北海道・新潟それぞれで力をつけてきたと思われるマイネルダイナモ・アップルサイダーを押さえとして、馬連で流す。

    ローズS
    ベッラレイアとダイワスカーレットしかないだろ?
    と思ったが、馬連で2倍ちょっとじゃなぁ...
    ピンクカメオに期待したいが、もう一歩足りない気がするしなぁ...
    でも結局、ベッラレイア・ダイワスカーレット・ピンクカメオの馬連BOX。
    ついでに、5戦連続2着(笑)のキクカラブリイから上記3頭のワイドを購入。
    こういう馬好きなんです。

    で、先ほど帰ってきたので、ネットで結果をチェック。

    セントライト記念
    1着 ロックドゥカンブ(1番人気)
    2着 ゴールデンダリア(2番人気)
    3着 スクリーンヒーロー(14番人気)

    馬連 520円

    ローズS
    1着 ダイワスカーレット(1番人気)
    2着 ベッラレイア(2番人気)
    3着 レインダンス(3番人気)
    4着 ピンクカメオ(4番人気)

    馬連 220円

    堅い...堅すぎる...
    ローズSなんか1~4着まで人気通りだし。
    結果だけなんでレース内容はわからないが、ここを克服したロックドゥカンブは菊花賞いけそうだな。
    ウォッカの出来次第だけれど、ダイワスカーレットも秋華賞が見えた気がする。

    で、一応両レースとも当たったのに、結局今日の収支はほぼチャラ...余計なのを買いすぎた orz ヘタクソ>俺

    明日は札幌でエルムS。
    ロングプライドとメイショウトウコンでいいような気もするが、今年の3歳はレベルが高そう(特にダート戦で)なのでマコトスパルビエロにも注目ですな。
    って、どれも人気か。

    206 オイル交換

    99,822 km


    オイル交換は@10,000km と宣言したにもかかわらず、7000km弱で交換。
    前回オイルフィルター交換してなかったので、ちょっと早めに交換しておこうかと。
    ちょうど約10万キロということで切りもいいし再来週あたり車検だし。

    で、いつものシェブロン10W-40とFBMで買ってきたフィルター。
    CIMG2093.jpg

    フィルターが終わるので、来月のFBMで買って来よう。


    「名車の残像」



    カーグラフィック誌で連載されていたものをまとめた本。
    毎回名車(と呼ばれる車)を1台取り上げて、CG誌の表紙を撮り続けている北畠主税氏の写真と、
    オペル~ルノー~BMWと渡り歩いた自動車デザイナーの永島譲二氏の解説で紹介するというもの。
    デザイナー氏の解説なので、当然性能云々の話ではなくて、デザイン上の解説になるわけだが、主観というものが大きく関わる分野である上に、形を言葉で表すという難しい仕事を、わかりやすくユーモアを交えてこなしている。
    小難しいデザイン論などを振り回していないのもいい。

    といっても内容の6割くらいはヨーロッパでの生活のエピソードや、デザインという仕事の話だったりして、車の解説というよりはエッセイに近い文章である。
    まぁ、それも含めて興味深い内容になっているのだが。

    とにかく、あの某イタリア人デザイナーが滅茶苦茶にしかけたBMW3シリーズ(E46)を見事に立て直した(と俺は思ってる)現行3シリーズ(E90)のデザインを担当した永島氏の実績は評価できるので、文章にも説得力がある。

    ただし、現BMWチーフ・エクステリア・デザイナーの立場からか全56台中BMWが1台も紹介されていないのはちょっと残念。
    M3を載せろとは言わないが、イセッタ、635csi、02シリーズ、M1等ひとつくらい紹介しても良かったのに。

    評価 ★★★★☆ 星4つ

    といいたいところだが、やはり9,660円は高すぎ。
    CGの別冊って(CG本誌もそうだが)やたらと豪華にして高い金とるので気軽に買えないのがむかつく。
    ただ連載をまとめただけの本なのに。
    自動車文化検定(CAR検)などというしょうもない検定の首謀者で、自動車の面白さを紹介し広める立場の二玄社が、自ら敷居を高くしていることに気付けと。
    その点、ネコパブリッシングの敷居の低さを見習えと。
    まぁ、ネコの場合その低い敷居をまたいだところでその先には何もなかったりするのだけれど。

    そんなわけで、二玄社の姿勢というか体制というか勘違いというかそんな何かが気に入らないので、

    評価 ★★★☆☆ 星3つ

    ホントに自動車系の出版社ってろくなところがない。
    読者をディスってるんじゃねぇの?

    「バイクでリヤカーを引く」

    FC2ブログにはアクセス解析などという機能が付いていて(まぁどこのブログにも付いているんだろうけど)、どんなサーチワードで検索してきたかがわかったりする。
    で、たまにチェックしたりすると「G-SHOCK」絡みのワードが多いことがわかったりして結構面白い。
    (たかが2~30件/日のアクセス数のこのブログではあるが)

    ところが、今日のサーチワードの中に
    「バイクでリヤカーを引く」
    というのがあった。
    ???そんな記事書いたことないぞ???
    バイクはわかるが、リヤカーって...

    気になって過去記事をチェックすると、あった。
    出初めで消防ポンプを乗っけたリヤカーの記事だった。
    検索で引っかかった人、こんな記事でごめんなさい。
    昔はうちの近所でも農家のおっちゃんが原付(カブ)でリヤカーを引いてるのを良く見かけたけど、最近は見ないなぁ。
    軽トラが普及したからかね?

    ということで、ひっそりと続けてるこのブログもいつの間にか1年以上続いてるのだった。
    1周年記念にデータがかろうじて残っている「車と単車と馬と俺!(旧版)」をリンクに追加した。



    京成杯AH、セントウルS

    祝!秋競馬開幕
    ということで、今週も戦いに挑む。

    まずは昨日、朝日チャレンジカップ
    男らしく1番人気のインティライミを切り、ブライトトゥモロー、タマモサポート、ゴールデンメインの馬連BOXで勝負。

    1着 インティライミ (1番人気)
    2着 ブライトトゥモロー (3番人気)
    3着 ゴールデンメイン (7番人気)

    秋もダメダメスタートだ。

    気を取り直して本日の競馬に挑む。

    京成杯オータムハンデ
    事前予想では、キングストレイル、カンファーベスト、マイケルバローズの3頭で決まり!
    と思っていたのだが、馬体重が発表になると

    キングス -14kg
    カンファー +12kg
    マイケル -12kg

    って、どーするよ?

    が、そのほかにこれといった馬もいなかったのでそのまま馬連3頭BOX。
    ただし金額を少し抑える。
    ついでにこの3頭の三連複も買ったりして。

    結果
    キングストレイルとカンファーベストが抜け出して、「そのまま~っ!」
    3着争いにマイケルバローズが突っ込んできて、「差せ~っ!」

    1着 キングストレイル (2番人気)
    2着 カンファーベスト (4番人気)
    3着 マイネルシーガル (1番人気)
    4着 マイケルバローズ (6番人気) 届かずっ!

    三連複は惜しくも逃したが、馬連 1790円 ゲット。

    この勢いでセントウルステークス
    気になる馬が多すぎるが、とりあえず、サンアディユ、アイルラヴァゲイン、キョウワロアリング、キンシャサノキセキ、エムオーウィナー、アグネスラズベリの6頭まで絞った。
    なので、馬体重の増減の激しい馬(サンアディユ、アグネスラズベリ)をまず切る。
    (京成杯の教訓はいかされていない)
    残りの4頭で馬連BOX。

    1着 サンアディユ (5馬身差圧勝!)
    2着 カノヤザクラ
    3着 キンシャサノキセキ

    カノヤザクラはどっちにしても買えなかったので悔しくはないが、サンアディユは強いなぁ。
    スプリンターズSで村田が乗らないかなぁ。

    結局 2日間での収支はチャラだった。


    M3 カーオーディオ交換 再び

    先日取り付けた中華製の2.5インチモニター付DVDプレイヤー
    別に何の不具合もなかった(結局時計のあわせかたは不明のままだったが)のだが、せっかくならTVチューナー付が良かったかも、とか思いはじめてしまった。
    こうなると物欲が止められない。
    が、金もないので、とりあえずこれをオークションに出品してみた。
    結構強気の価格だったので、売れればラッキー、売れなければそのまま使い続けようと。
    そしたら売れた。
    買ってくれた人ありがとう。
    これで購入資金が出来たので、こんなのを買った。

    CIMG2085.jpg
    3.5インチTVチューナー付モニター内蔵車載DVDプレイヤー
    懲りずに中華製。

    CIMG2084.jpg
    前回のものよりモニターが大きくなって(2.5→3.5インチ)、TVチューナーもついた。
    当然SDカード・USBメモリーも使える。
    前のを売った金額で買えた。
    で、早速取り付け。

    配線にギボシが付いていないのでつける。
    と思ったら、いきなり中華製の洗礼をうける。
    CIMG2086.jpg
    スピーカー配線の+と-が同じ色になってた...orz
    説明書ではちゃんと色分けされていることになっているのだが。
    まぁ考えていてもしょうがないので、スピーカーに仮付けして確認。
    よくわからないが適当に配線した。

    多機能な分筐体がでかいので、M3の狭いコンソールに収まるか心配。
    しかもモニターが大きいために前面パネルは1DINサイズをオーバーしてるのだが、これが張り出しているので、周辺の納まりも気になっていた。
    が、何とか納まった。
    CIMG2088.jpg

    で、各種設定して...今度は時計の合わせ方はわかった(笑)

    が、TVが見れない?
    そもそも本当にTVが見れる製品なのか不安になってきた。
    CIMG2091.jpg
    箱を見ると「TV turner control tint」とか書いてあるが、もしかしたら外付けのTVチューナーをコントロールする機能が付いているだけかも?

    よくわからないが、もうちょっといぢってみることにする。
    また売ってしまおうか?

    P.S.
    ついでにETCのスイッチをここに付けた。
    CIMG2089.jpg



    G-SHOCK DW-8300 ベルト交換

    古いモデルのG-SHOCKの補修部品が次々と生産中止になってるらしいので、ベルト切れで放置してあったDW-8300のベルトを購入した。

    CIMG2080.jpg
    1260円

    通常のG-SHOCKはラグ幅(本体とベルトの接続部分)が16mmなので、同モデルでなくても利用できるのだが、DW-8300は20mmのため互換性があるのはDW-6400くらい。
    なので、在庫があるうちに購入しておこうかと。

    CIMG2081.jpg
    DW-8300-1V  '95年発売 海外モデル

    通称ガンダムと呼ばれたDW-6400のイメージを受け継いだメタルカバーモデルではあるが、モジュール的にはDW-6800の後継と考えたほうがいいかも。

    一時期メタルカバーモデルが1個欲しくて探したのだが、ガンダム(DW-6400)やドム(DW-8100系)は高値安定のため、人気薄で安かったこれを中古で購入。
    しかし、すぐにベルトが切れたので放置してあった。

    ELグラフィックも特別な機能も無いため、メタルカバーという以外これといって特徴の無いモデルで、これが不人気の原因だが真っ赤なDW-8300BG-1だけは人気があったなぁ。(と回顧)

    CIMG2083.jpg
    裏側にはショックアブソーバーを装備。

    とにかく最近のモデルにはない無骨さが素敵な一品だメーン。

    アラトリステⅣ -帝国の黄金-



    アラトリステシリーズの4巻

    フランドルでの壮絶な戦いから帰還したアラトリステに、新大陸からの密輸船襲撃という王室からの依頼が舞い込む。
    アラトリステは信頼の置ける荒くれ者達を掻き集め、またしても壮絶な戦いに挑むことになる。
    といった内容。
    相変わらず寡黙で渋すぎるアラトリステと、フランドルでの戦いで成長したイニゴが大活躍するストーリーは、今までの話と比べてシンプルでわかりやすい。
    そんなわけで、相変わらず詳細な歴史的説明と時代背景の描写、スペイン人名に慣れてない俺とって大勢の荒くれ者達の名前が覚えきれない、等の難しさはあるが前3巻に比べれば読みやすい。

    評価 ★★★★☆ 星4つ

    映画の日本公開はいまだに未定?
    まぁ、原作本より面白い映画ってほとんど無いのでどうでも良くなってきた。

    M3 メータートラブル 解決編

    177,275(?)km

    ギアの歯欠けで動かなくなってるメーターの件。
    ギアを取り替えれば済むことなのだが、ちょっと高い。
    で、ヤフオクでこんなのを発見。

    BMW用240km/hスピードメーター(車種不明)
    CIMG2071.jpg

    おそらく普通のE30用だと思われる。
    形は同じようだが、M3は260km/hメーターなので合うかわからないし、使えたとしても同じようにギアの劣化が懸念される。
    が、一応ギアの歯欠けは無いことだけは確認して落札。
    送料込2000円ちょっと。

    で、届いたものを確認。
    CIMG2073.jpg
    文字盤と針の色以外同じっぽい。

    CIMG2074.jpg
    ギアの大きさは一緒なのでOKでしょ。
     
    早速、ギアを交換する。
    CIMG2075.jpg

    うーん、12Tのギアがかなりやばい感じ。
    これはすぐに駄目になるかもわからんね。

    ま、とりあえず完了。

    CIMG2078.jpg
    ついでに、メーター内の照明が切れていたので交換しとく。

    CIMG2079.jpg
    付いていたのは12V 3Wの球だが、買いに行った店には3.4Wの球しか売ってなかった。

    で、メーターassyを取り付けて作動確認。
    一応、直りました。

    メーターが動かなかった間に3~400kmほど走行したかな?

    札幌記念、小倉2歳S、新潟2歳S

    馬インフルエンザの影響で札幌記念が本日行われるため、3場での重賞開催となって予想するのが忙しい。
    が、それを克服して勝利することが真の馬券師じゃ。

    ということで札幌記念
    マツリダゴッホとサイレントプライドでよさそうな気がしたが、サクラメガワンダーの調子がよさそうなので、この3頭の馬連BOXで。

    1着 フサイチパンドラ (このレース牝馬が強いんだった)
    2着 アグネスアーク(これは買えない)
    3着 サクラメガワンダー

    あぁ...

    小倉2歳S
    キリシマどんぶりでいいんじゃね?
    とちょっとだけ思った。
    結局、レッツゴーキリシマ、マルブツイースター、ハンターキリシマ、マイネレーツェルの4頭BOX。

    1着 マルブツイースター
    2着 ミリオンウェーブ
    3着 マイネレーツェル

    あぁぁぁ...

    新潟2歳S
    エフティマイアとタケミカヅチで軸を迷い、いつも人気のないほうを選ぶくせに、今回は絶好調のカッチーに期待してタケミカヅチから流す。
    相手は、タケショウオージ、ゴールドストレイン(俺がクラシックでしつこく買い続けたサクセスストレインの仔だ!)、エフティマイア、ダイワマックワン。

    1着 エフティマイア (orz...)
    2着 シャランジュ (完全にノーマーク)
    3着 ゴールドストレイン (しばらく追いかけることに決定)

    あぁぁぁぁぁぁ...
    3タテ...OTL

    秋競馬の前に資金が底をつきそうだ...