プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    206 右ヘッドライトバルブ交換

    122,380km

    また切れたわけです。
    右は1月以来で、約15,000kmくらい持った。

    というわけで、前回左が切れたときに買ったバルブのあまりで交換。

    CIMG3045.jpg
    左が新しいので、右が切れたバルブ。

    CIMG3046.jpg

    今度のは激安でもないので、どのくらい持つか期待する。



    明日の重賞を予想してみた。

    というわけで、例によって出張所を更新。

    新潟記念は、こちら

    キーンランドカップは、こちら

    最終決断はしていませんけど。

    「カイシャデイズ」



    建築リフォーム会社が舞台の物語。
    俺の仕事にかぶるところもありそうなので、読んでみた。

    特に大きなハプニングもなく、普通の社員達の普通の生活を普通に描いている。
    舞台のリフォーム会社に勤める登場人物たちの成長記といえば聞こえはいいが、会社も仕事も現実はもっと複雑だよね。
    小説として読むにはいいけど、実際こんな社員達を雇っていられるほどこの業界に余裕はないと思う。

    評価 ★★★☆☆ 星 3つ

    まぁ、普通。

    「伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇」

    見たい映画(DVD)がありまして。
    レンタル屋に行ったらどこにも置いていないんですよ。

    「ちょっとマイナーすぎる作品なのかなぁ、古いし」

    ということで、買っちゃおうかと思ったら、廃盤ですよ。
    ならば中古か?とヤフオクチェックしてみたら、プレミア価格ですよ。

    「そこまでして見るほどのものでもないか」

    と諦めかけたんですが、そうだネットレンタルがあるじゃないかと。
    で、検索してみると、あるんですよ。

    ということで、2週間無料お試し期間を利用して借りてしまえ、と「ぽすれん」に入会。
    これで見られるぜぃ!と早速レンタルしようとする訳ですよ。

    レンタル中で在庫なし...orz

    ということで、こんなのを借りてみた。



    実はこの映画、中学時代に「TVシリーズだけでは意味がよくわからんので映画を観にいこう」と決意して前売り券を購入するも、諸事情により行くタイミングを逃し、結局観にいけなかったといういわくつきの作品である。

    そんなトラウマでビデオ化されてもあまり見る気にならなかったのだが、先日急に見たくなってレンタル屋で探したが、こいつも置いていなかった。
    なので、これを機会に借りてみた次第。

    イデオンの合体シーンは玩具メーカーの主導によるものと思われ、少々無理やりな感じがチープさを醸し出している。
    また、湖川友謙によるバタ臭いキャラクターは、今になってみれば良い味を出しているが、当時の子供達には受けが悪かったのもうなづける。
    なんつったって主人公がアフロヘアだからねぇ。
    さらにガンダムからの流れで製作されたアニメということで、子供向けとしてはちょっとシリアスなストーリー。

    でも結構楽しめた。

    なんてったって25年前のアニメなんだから細かいことは言いっこなし。
    それでも後半の戦闘シーン(ガンダム同様に最後は白兵戦あり)はなかなかすごい。
    主要な登場人物が次々に死んでいくし。

    で、もうこれは収拾つかないんじゃぁ...と思ったところであのラスト...エヴァの原型を見た気がする。

    評価 ★★★☆☆ 星3つ

    やはりファーストガンダムくらいのわかりやすさの方が面白い。


    「のぼうの城」



    俺、どうも歴史小説が苦手で。
    特に戦国時代物とかまったくダメ。
    武将の名前とか領土とか、誰と誰が手を組んで...とかぜんぜん覚えられない。
    だからこの本がTVで紹介されたり、本屋で平積みされていても「ふーん」くらいであまり気に留めていなかったのだが、義弟がこの本を買ったということなのでちょっと内容を聞いてみると、行田の忍城が舞台らしい。
    そんな身近な場所が舞台なら、と興味を持ったので読んでみた。

    豊臣秀吉の命を受けた石田光成(歴史に疎い俺でもこの辺の名前は知ってる)が、忍城を攻めるという話であるが、忍城にこんな歴史があったのかと感嘆する。
    石田光成といえば関が原の戦いの人。
    (そのくらいは俺でも知ってる)
    そんな有名人が数万の兵を引き連れて忍城に攻め入り、それを10分の1の軍勢での迎え撃ったという事実は知らなかった。

    その戦いを指揮(?)したのが「のぼう様(でくのぼうから由来)」といわれ領民から愛された成田長親で、小説化にあたって多分に脚色されているのだろうが、いいキャラクターを持っている。

    ということで、馴染み深い地名やそれぞれに個性があってわかりやすい登場人物、圧倒的に不利な状況を克服する痛快なストーリーで楽しく読めた。

    評価 ★★★★☆ 星 4つ

    ま、小説としてはそんなに高レベルではないかな。
    これがまったく知らない土地での話だとしたら評価はもっと低いかも。
    また、歴史小説を読むといつも思うのだが、フィクションとノンフィクションの境目がわからないのがなんか気持ち悪い。
    そんなことを考えずに読めばいいんだろうけど。

    札幌記念 予想

    今日は家でお持ち帰り仕事。

    そんな合間を縫って札幌記念の予想を 出張所 にUPした。

    そんでこれからちょっと出かける、って仕事してないじゃん。

    地サイダー その2

    調子に乗ってセーブオンで地サイダー第2弾を買ってみた。

    CIMG2975.jpg
    「九十九里サイダー」
    “千葉県九十九里に吹く風のように、のど越しすっきりとしたさわやかな味わい”らしいが...飲んでみた。

    えーと、あれだ、ソーダ味のアイスキャンディの味。
    炭酸が少々きつく、甘さも抑え目で、ちょっといけるかも。

    但し、飲んでも九十九里の風は感じられないですけど。

    「大日本人」

    お盆休みはどこにも出かけられないので、ゆっくりDVD鑑賞を...と思っていたが、やはりなんだかんだで、これ1本しか見れなかった。



    ダウンタウンの松本の初監督作品ということだが、松ちゃんといえば「シネマ坊主」という映画評論本を出すほどの映画好き(本人は本の中で映画好きではないと言っているが)である。


    で、この本の3巻目で自らの映画を「10点を付けてしまうと次の作品を作る意味がなくなってしまうので」ということで9点を付けるほど評価していたので、ぜひ見てみようと。

    まぁ「シネマ坊主」では松ちゃん独特の感性で映画を評していて、納得できるところもあれば、もちろん合わないところもあるわけで、この映画の公開時の世間での扱われかたを見ても、あまり期待しないで観た方がよさそうだとは思いながら、観た。


    うん、まぁこんなもんだろうか。
    現代における日本の伝統文化の在り方とか、アメリカに頼らなければ成り立たない日本とか、そういった深い意味を含ませた物語を、松ちゃん流のシュールでシニカルな笑いで包み込んで成立させた傑作...と言いたいところだが、残念ながら映像の面白さも笑いもいまひとつインパクトに欠けてる。

    評価 ★★☆☆☆ 星2つ

    「シネマ坊主」では、かなり辛口にいろんな映画を評していて、その中でも「監督の独りよがり」や「何が言いたいねん!」といったツッコミが多く見られるのだが、それ、そのまま返されちゃいますよ。
    まぁレギュラー番組を多数抱えその合間を縫って撮った映画であり、本の中でもしきりに時間が無い中で撮った映画だということを強調していたので、思った通りの出来では無いかもしれない。
    9点としたのも、撮ったばかりの自分の映画に低い点を与えることが出来なかったのかもしれない。
    ということで、次回作に期待したい。
    でも次はTVの仕事を減らして、映画に専念して撮ってくださいね。

    地サイダー その1

    あなたは「あなたが好きなコンビニは?」と聞かれたらなんと答えますか?
    セブン?ファミマ?ローソン?もしかしてサンクス?
    いいえ、セーブオンです!(きっぱり)
    ベイシア系列というのが気に入らない(仕事上でいぢめられてるので)が、他のコンビニとは一味違う品揃えはマニア心をくすぐりまくり。

    例えば、39円アイス!
    いまどき39円という値段でアイスが買えるのも恐ろしいが、そのアイスがどれも妙に懐かしい味なのが怖い。
    メロンシャーベット(あのメロン型の器に入ったシャーベットの味だ)、コーラ味のアイスキャンディとか、あの手の味が楽しめるのだ。

    さらには、コラボコーヒー。
    スタバやドトールのコーヒーはどこのコンビニ・スーパーでも売っているが、セーブオンは一味違う。
    なんと喫茶店チェーンの「珈琲館」や、ケーキ屋でもあるカフェ「イタリアントマト・カフェ」とコラボした缶コーヒーを売っていた。(最近見ないので廃盤か?)
    しかも恐ろしいことに、ちょっと安い(100円)。
    しかしほんとに恐ろしいのは、それが「不味い」ということ。
    よくこれで名前を貸したなというくらい不味い。
    ジョージアの缶コーヒーくらい不味い、と言えばその不味さが伝わるだろうか。

    さて、そんな俺が愛してやまないセーブオン。
    通勤経路から微妙に外れているにもかかわらず、つい寄ってしまうセーブオン。
    そんなセーブオン、最近は地サイダーシリーズを展開している。
    これまた500mlペットボトルとしては微妙に安い120円。

    で、これ↓
    CIMG2959.jpg
    「軽井沢サイダー」

    軽井沢観光協会公認商品で日本有数の避暑地の清々しさをイメージして云々...。
    とにかく飲んでみた。

    うん、いわゆる普通のサイダーにシトラス系の香りがミックスされて、軽井沢の透き通った青空と心地良い風のようなさわやかな清涼感が口の中に広がって...

    って、ロッテのガムっぽいの匂いで微妙に不味いんですけど。

    明日の重賞予想

    とりあえず出張所を更新。

    またネット接続の調子が悪い。


    M3 車検

    179,850km

    8/5(火)
    いつもの整備工場に車検に出した。
    今回は、以下の懸案事項も一緒に頼んだ。

    ① 燃料ホースの点検
    少し滲みがあったりして、以前から気になっていた。
    燃料フィルターも買ってあったのだが、現在まで放置プレイ。

    ② エアコンの効きが悪い。
    先日、コンプレッサーの温度センサーを直して一応は効くようになったのだが、少々効きが弱いので点検してもらう。

    ③ O2センサー交換
    以前エンジンの調子が悪くなったときに交換しようと思って購入したが、厄介な場所にあるために交換できず放置していたもの。

    その他は通常の車検整備をお願いした。

    で、昨日戻って来たので、本日車両チェック。

    ①は、燃料フィルターの取付部分に少々滲みがあったがホース自体に問題はなし。
    ということで、燃料フィルターのみ交換した。

    ②は、エアコンガスを真空引きして入れ替えた。
    が、効きは?
    他に原因があるかも。

    ③は、交換しただけ。
    何かが少しでも良い方向へ行けばいいんだけど。

    その他、ブレーキフルードの交換くらいで、特に不具合もなく車検終了。

    これでしばらくは安心して乗り続けられる。

    が、懸案事項はこれだけじゃなくて、他にもいっぱいある訳で。

    たとえば、リアタイヤの片減り。
    CIMG2960.jpg

    数年前の足回りブッシュ総入れ替えでも改善しなかったという難問。
    リアアクスルメンバーの交換で直りそうだということはわかっているが、それって大手術ですよ。

    後は、そろそろビルシュタインのダンパーもへたってきたようだ。
    CIMG2961.jpg

    20万キロを目安に、大OHを敢行か?




    小倉記念 予想?

    予想はしてないが、「出張所」を更新。

    FC2Ad

    相続 会社設立