プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    ちょっと雪山まで行ってきた。

    年末はいろいろと忙しいのですが、28日の仕事納めの後に代車のステップワゴンのタイヤをスタッドレスに交換し、何とか29日中に年賀状作成を完了(すでに遅い)させ、30~31日で妹家族と一緒に水上温泉まで行ってきました。

    ということで、30日の朝にゆっくり出発し、お昼前にノルン水上へ到着。

    DSC00196.jpg
    ピーカンで暑いくらい。
    春スキーのような気候。

    DSC00203.jpg
    スキー場に行ったといっても、小さい子供と一緒にそりで遊んだだけですが。
    久々のスキー場、やっぱり自由にスキー・スノボ(両刀使いなんです)で滑りたい~という気持ちになりますが、もう少し子供が大きくなるまで我慢ですな。

    で、1時間ほど遊んで、食事したりしてから宿へ。

    DSC00205.jpg
    今回は「ひがきホテル」
    サービスや施設の面で少々気になるところ(明らかに洗っていない湯飲みが部屋に置いてあったりとか)もあったが、

    DSC00212.jpg
    晩飯

    DSC00221.jpg
    朝飯
    ともに食事はおいしかったですよ。

    そして今日(31日)

    少しスキー場で遊んでから帰ろうと、前日に引き続きノルンへ

    DSC00232.jpg
    大雪なんですけど...。
    昨日の天気とは180度変わって極寒だし。

    DSC00228.jpg
    さすがにこれではそり遊びすらできません。

    ということで、食事だけして撤収。

    さすがにそれでは家に早く着きすぎてしまうので、前橋ICで降りて高崎のイオンで遊んでから帰宅。

    こんな締まらない感じで今年も終わるのでありますが、それでは皆様、

    良いお年を~

    そしてついにTVを購入。

    数年前から検討はしていたものの、元々それほどTVを見るほうではなく、子供が生まれてからはさらにTVを見る機会が減ったのでなかなか購入までたどり着かなかった大画面TVの導入だが、なんとかボーナスも出たのでついに購入。

    プラズマ好きなのに、液晶で白フレームが素敵なSONYのV5が気になったり、BDレコーダーはどうするんだ?とか、サイズは?とかいろいろ迷ったが、結局「HITACHI Wooo P46-XP03」にした。

    デザイン的にフレームが太いのが少々気になるが、まぁプラズマだし、安いし、HDD内蔵なのでとりあえずBDレコーダーは後回しに出来るし、1年前に親用に購入したP42-HP02とほぼ同じ操作で使えるのもなにかと便利だし。

    大型商品は量販店で、と考えていたのだがあまりにも価格差がありすぎる上にポイント還元というのが気に入らない(数万円のポイントを貰っても使いようがないし)ので、結局ネット通販で、5年保証をつけて約165,000円ほど。
    サイズは46インチでは大きすぎるかなと思ったが、エコポイントを含めると42インチとの差額が2万円くらいなので、そのくらいの差なら大きいほうに。

    DSC00183.jpg
    で、本日到着。

    ケチって設置サービスは無しの軒先渡しなので、これを2階まで運ぶ。

    設置にあたり、
    DSC00181.jpg
    かなりごちゃついていたTV廻りを

    DSC00182.jpg
    すっきりさせた。

    高校生の時に買った巨大なスピーカーは残念だが廃棄処分に...。

    で、設置する。
    DSC00184.jpg
    最初に映し出したのは、有馬記念。
    (若干購入代金の足しになった)

    少々でかすぎる気もするが、まぁすぐに慣れるだろう。

    で、将来的には壁掛けにして、余分なオーディオ機器は全て処分して足元をすっきりさせる予定。

    有馬記念 予想

    さーて、いよいよ本日は有馬記念。

    高崎競馬が亡き今日では、泣いても笑っても俺にとってはこれが今年最後の勝負になるわけです。

    まぁ、だからと言って大勝負をするほどの資金も度胸もないんですがね。

    そんなわけで、有馬記念の予想を「出張所」の方へ上げときました。

    これで当らなかったら出張所の一時閉鎖も考えています。

    クリスマス~

    まぁ世間はクリスマスなわけですが、
    DSC00171.jpg
    うちの子供は卵アレルギーだったりするので、せっかくのクリスマスでもケーキが食べられない。

    と思っていたらあの大手洋菓子チェーンのシャトレーゼが卵抜きケーキを用意してるというので、今年はそれを注文してみました。

    DSC00152.jpg
    DSC00153.jpg
    小麦粉も使っていません。

    DSC00155.jpg
    ということで、初ケーキ!


    DSC00160.jpg
    そしてクリスマスプレゼントは、

    DSC00164.jpg
    立派な鉄ちゃんに成長するようにとトーマスの木製鉄道セット。

    DSC00169.jpg
    しかし、このシリーズは少々お値段が張るので、今後レールや車両を増やしてあげるのは困難だな。

    DSC00166.jpg
    すまんが立派な鉄ちゃんになる夢は諦めてくれ。

    年末らしくイルミネーションなんかを見てきた。

    「デジカメ購入したのでイルミでも撮りたい」ということで、二段腹ムルさんに頂いた情報を元に調べてみると、伊勢崎とか太田とか結構派手にイルミネーションやってるですね。

    そのCO2削減傾向な世の中に真っ向から勝負を挑む姿勢、俺は大好きです。
    (表参道や東京駅周辺なんか派手なイルミを展開しておきながら「環境に配慮しました」とか...アホですか?)

    ということで、一昨日、奥さんの仕事が終わるの待ってからちょっと見に行ってきました。

    伊勢崎と太田、どちらも家からの距離は同じくらい(約20km)ですが、伊勢崎のほうが行きやすいかな?
    が、伊勢崎のLEDが20万個に対して太田は100万個。
    多いほうがきっと凄いはず。
    ということで、太田へ。

    DSC00099.jpg
    さすがに100万個の威力は凄い、といいたいところですが会場が広くメインのイルミも点在している感じなので圧倒的な凄さは感じられませんでした。

    DSC00111.jpg
    それでもそんじょそこらのイルミが全て青色LEDで真っ青になるくらいの迫力はあります。

    が、寒いっ!

    午前中の風車ミーティングが春のポカポカ陽気だったと思えるくらい寒い!

    寒さはある程度予想していたので、それなりの装備(ええ、もちろんヒートテックも着てましたよ)はしていったものの、車から降りて5分もすると体の心まで冷え切ってしまうほど寒い!

    なので良いアングルを求めてウロウロしていたら凍ってしまいそうなので、チャッチャと適当に写真だけ撮って撤収。
    DSC00123.jpg

    子供も最初はちょっと興奮していたけど、しばらくしたらカチコチに固まっていました。
    (車に乗せて温めたら動き出した)


    結論
    イルミネーションは綺麗だが寒いので昼間やってください。(無理です)



    M3 風車ミーティングへ行く

    187,800km(あ、しばらくオイル交換していないことに今気づいた)

    昨日はドブロが入院中なので行くのをためらっていた風車ミーティングにM3で行ってきました。
    現在、妻の通勤をメインに活躍しているM3ですが、俺自身はあまり乗ってあげていないので調子を確認するドライブがてらの参加。

    で、9:30頃到着。

    DSC00093.jpg
    さすがにイタフラ車の中では、ジャーマン浮きまくりですね(笑)

    そして今回は妻が仕事のため、俺一人で子供の面倒を見ながらの参加。
    DSC00090.jpg
    ということで子供に振り回されてたので、今回もなかなか皆さんの輪に入れないまま11:00過ぎに撤収。

    それにしてもスタッドレスの装着率、高かったなぁ。
    さすが群馬のミーティングですね。

    さて、次回は1/17。
    それまでにはドブロ、復活するかなぁ。


    で、M3。

    外装・エンジン・足廻り、全てにおいて問題ありでまさに満身創痍な状態ですが、数年ぶりにちょこっとワインディングを走ったら...やっぱりいいんだよなぁ。
    もちろん子供を乗せているのでハイペースではなかったけれど、コンパクトなボディで低いポジション、そしてFRならではの自然なハンドリングはワインディングを走ってこそ本領を発揮します。
    とにかく気持ち良かった。

    これで問題の箇所を訂正してあげれば無敵なんじゃないだろうか。
    ということで、来年夏のフルオーバーホール計画をいよいよ本格的に検討することに決めました。

    まぁ一番の問題は軍資金なわけですけどね...。

    渋いの発見した。

    会社の近くの食堂の前にこんな自転車が置いてあるのを発見した。

    DSC00079.jpg
    し、しぶい。

    長年大事に使ってんだろうなぁ。
    こういうのが本当のエコなんだろうなぁ...

    DSC00080.jpg
    って、売ってんのかよ。(笑)
    しかも48,000円って、たけーな。

    DSC00081.jpg
    よく見ると後ろにはなにやら怪しい馬もいるし。

    DSC00082.jpg
    さらにもう一台少し新しそうな自転車もあります。

    DSC00084.jpg
    こちらはお手ごろ価格。
    新しそうといっても1970年製らしい。ホントか?

    興味のある方は連絡下さい。
    DSC00088.jpg
    場所を教えますよ。(笑)

    「地球温暖化論のウソとワナ」

    以前から地球温暖化危機説に懐疑的な俺。
    なんかマイナスイオンとかのインチキ科学と同じ匂いがするんだよね。

    本当にCO2を減らせば温暖化が防げるの?
    そもそも本当に温暖化は進んでいるの?
    ちょっと前までは地球は寒冷化の方向だって言っていなかったっけ?
    IPCCの報告書だけで温暖化と決め付けていいの?
    CO2対策商品を大量に売ることが本当にエコなの?
    本当にCO2を減らすには経済活動をストップする必要があるんじゃないの?
    ただ「し~お~つ~削減!」って言いたいだけなんじゃないの?
    そんで国はCO2削減って言えば税金が使い放題ですよ~くらいに思っているんじゃないの?

    と考えるものの、その筋の専門家なわけではないので自ら疑問に対する回答を出せるはずもなく、なんか悶々とする日々。
    そして公平にさまざまな意見を報じることが使命なはずのマスコミの報道は完全に「地球温暖化にまっしぐら」なわけで、CO2削減バンザイでエコエコ言ってるだけ、って黒井ミサか。

    さらに現在コペンハーゲンで開催されているCOP15で、更に温暖化肯定論が加速しそうな勢い。

    そんな中、こんな本を読んでみた。



    地球温暖化論に異議を唱えている内容で、簡単に言うと、IPCCのシミュレーションには不確定な要素が多すぎるのでこれを鵜呑みにして対策を考えることは危険ということを訴えている。

    もちろん、IPCCの報告書と同様にこの本の内容だって鵜呑みにして良いわけではないのだが、少なくとも地球温暖化とCO2削減というものは切り離して考えなければいけないし、一部の学者の意見であって総意ではないということは知っておかなければならない。

    かといって、CO2を排出することが良いということではないので勘違いしないように。
    まぁCO2削減に目くじらを立てて莫大な経費を注ぎ込むことより、もっと重要な問題があるでしょうっていうことだ。

    これで自分の中の疑問がある程度すっきりした。

    評価 ★★★★☆ 星 4つ

    実はこの本の要点は最初の30ページほどの序章にほとんど詰まっています。
    余分なCO2を出さないためにも、買わずに序章だけ立ち読みしてもいいかも(笑)

    デジカメ購入

    先日壊れた(壊した)デジカメの代替機を検討していたが、ついに購入した。

    これだ!↓
    L8520028_20091207221059.jpg
    SONY DSC-WX1

    ちなみに楽天の某ショップで本体+4GBメモステで25,180円+いろんなキャンペーンで13%ポイント。
    色もゴールドとかなり迷ったのだが、無難に黒を買ってしまったところが小市民。

    対抗候補はいろいろあったが、結局24mmの広角と明るいレンズ、さらにSONY渾身の次世代CMOSセンサー搭載で実質2万数千円というコストパフォーマンスを考慮。

    しかし、もっとも大きな決め手はスイングパノラマ。
    各社独自の機能を盛り込んでいるが、これが一番実用的で楽しそうだった。

    ということで、早速スイングパノラマで撮ってみた。

    DSC00015.jpg
    被写体が良くないが会社の近くの某住宅展示場にて。
    これで180度以上の範囲が撮影できるわけです。
    車のイベント等での集合写真時に威力を発揮しそうだ。

    DSC00016.jpg
    縦に構えて横撮りすると、こんな感じで普通にワイドな写真も撮れる。

    さらにCMOSセンサーの高速転送と明るいレンズを生かし、手持ちで夜景がブレずに撮れるのも購入の決め手になったのだが。

    DSC00029.jpg
    家の窓から夜景を撮ってみた。

    のどかな農村地帯のため、外灯がほとんど無く肉眼ではほとんど何も見えないくらい暗いのだが、手持ちなのにブレずにちゃんと撮れてる。

    こうなると今まではまともに撮れなかったクリスマスイルミネーションとか撮ってみたくなるなぁ。
    どこか近くに綺麗なところはないかなぁ?


    ドブロ 代車のステップワゴン

    しばらく付き合うことになるであろう代車のステップワゴン。

    L8520023_20091202212733.jpg
    とりあえず1週間ほど乗ってみたので、簡単な◯と×。
    といっても走行性能云々を語る車ではないので快適性とか使い勝手についてだけです。

    ちなみに車両データは以下の通り。

    H17年式 HONDA STEPWAGON 4WD
    全長:4,630mm
    全幅:1,695mm
    全高:1,785mm
    車重:1,600kg
    総排気量:1,998cc
    最高出力:155ps/6,000rpm
    最大トルク:19.2kgm/4,500rpm
    10・15モード燃費:11.6km/L

    ◯な点
    1.5ナンバーサイズで広大な室内空間。

    2.やたらと小物入れが多い。

    これだけ?

    まぁエンジンも1.6tの車重に2リッターということを考えたら十分な力強さがあるわけですが、1.5tに1.4リッターのドブロに比べれば非力な車なんかほとんど無いですから。


    ×な点
    1.走行中の騒音(ロードノイズ・風切り音・外部騒音)が結構大きい。
    広いガラスエリアを考えれば仕方ないか。
    でも国産1BOXってもっと静かなイメージがあったんだけど、今までに乗ったことがある1BOXがトヨタ車ばっかりだったからかな。


    2.腰の痛くなるシート
    L8520020_20091202212732.jpg
    ドブロよりよっぽど(見かけは)立派なシートなのだが、この車に乗り出してから腰が痛い。
    シートのせいか、はたまたベストポジションの取りづらいレイアウトのせいか。
    もしかしたらムチウチのせい?


    3.2列目中央のシートベルトが2点式。
    L8520021.jpg
    ドブロでは2列目の中央に取り付けていたチャイルドシートが取り付けられない。
    片側に寄せてしまうと反対側からしか乗降出来ないし、前席シートが壁になって閉塞感があるから中央に取り付けたいんだけど。
    L8520022_20091202212732.jpg
    ていうかいまどき2点式って、実際にユーザーが使用するかは別にしても、メーカーとしての安全に対する姿勢が疑われる。


    4.わかりづらいインパネ
    L8520015.jpg
    まぁ写真ではうまく撮れなかったわけですが。
    電光式でパッと見はカッコいいインパネ廻りだが、デジタル表示に見慣れていないためか非常にわかりづらい。
    また時計も水温計も無くて不便。
    どうにかすると表示されるのかなぁ?
    それともみんな水温計とか気にしないのか?


    5.カーナビ一体式オーディオ
    L8520019.jpg
    タッチパネル式だが位置が遠いため操作が非常にやりづらい。
    ついでにエアコン操作パネルも遠い。
    つまり危ない。
    またMP3対応だったので、CD-Rに焼いてセットしたが再生できず。
    CD-Rのデータ形式を何種類か試して焼いてみたがダメ。
    エンコードからやり直しなのか?それとも俺のやり方がダメなのか?
    諦めた。


    6.燃費
    燃費が約9km/L(満タン法で計測)
    平日は通勤で郊外の空いている道をいいペースで走り、週末は高速で100km/hの定速走行という最高の条件で500kmほど走ってこの数値。
    まぁ「大きい・重い・4WD」ということを考えれば十分な数字ではあるが、じゃあ10・15モードの11.6km/Lってどうやれば出せるのか?
    ちなみに俺の月間走行距離を考えると、燃費の良いドブロを使用した場合に比べて月当たり8,000~10,000円ほどガソリン代が余計にかかる。


    その他、足踏み式パーキングは使いづらいとか、なぜかシガーライター(アクセサリー電源)が無いとか、電動スライドドアは余計なお世話とか、オートエアコンの設定を27度以上にしないと冷風が出るとか、いろいろ不満はありますが、ほとんどは「慣れ」てしまえば気にならないレベルかなぁ。

    とりあえず結論としては、早くドブロに帰ってきて欲しいということです。