プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    俺の建物探訪~ぐんま昆虫の森~

    今日も子守りですからね。
    ぐんま昆虫の森へ行ってみました。

    施設の存在は前から知っていましたが、虫嫌いの俺の行く所ではないと敬遠していました。
    が、安藤忠雄ですよ、と聞いちゃったら行かないわけにいきません。

    DSC04200.jpg
    ということで9:30頃到着。

    DSC04285.jpg
    ガラスカーテンウォールで覆われた中には

    DSC04211.jpg
    コンクリート打放し仕上、

    DSC04244.jpg
    大階段、

    DSC04227.jpg
    そして外部へはそれほどボリュームを現さずに、

    DSC04224.jpg
    地下(半地下)で大空間を形成する建築はまさに安藤忠雄的ですね。

    しかし、大空間の打放しは大変難しく施工屋泣かせの仕事です。
    一見綺麗に仕上がっていますが、やっぱりあちこち補修の後が見られますねぇw
    個人的にはこのような偽打放し仕上げは嫌いです。
    施工精度の問題だといえばそれまでですが、補修が避けられないような建物を打放し仕上で設計するのはいかがなものかと思うわけです。

    DSC04241.jpg
    それでも図書ルームは圧巻です。

    同じく安藤忠雄設計で、一度訪れたい建物の上位にランクされる絵本美術館「まどのそとのそのまむこう」ってこんな感じだろうか?
    福島県いわき市の海沿いにある建物ですが、震災の影響が懸念されます。


    で、そんな安藤建築を堪能しつつ、施設も楽しみます。

    DSC04255.jpg
    温室で

    DSC04272.jpg
    蝶と戯れたり、

    DSC04251.jpg
    レアなクワガタぐんまちゃんと記念撮影したり、

    DSC04292.jpg
    思わずバッチも買っちゃったりと。

    3歳児が睡魔に襲われたため、3時間ほどで撤収しましたが、かやぶき民家方面に足を延ばしたり、里山散策なんかしてたら1日遊べます。
    さすが群馬、この手の施設が充実しています。
    これじゃ当然大赤字ですね。
    群馬の皆さん、納税ご苦労様です。


    P.S.
    帰りがけにジョイフル本田に寄る。

    DSC04288.jpg
    「草刈機 まさお」に試乗。




    天皇賞(春)予想

    なかなかゆっくり競馬の検討をする時間が取れないので今回も俺指数は無し。

    まぁ普通に考えれば4歳馬が中心となりそうですが、ここはあえて重要なステップレースである阪神大賞典を快勝したナムラクレセントに期待します。

    元々菊花賞3着、去年の天皇賞(春)で4着と長距離で実績があり、前走では万葉S、ダイアモンドSを連勝してきた上り馬の4歳馬コスモメドウを寄せ付けずに勝利。
    層の厚い4歳馬達ですが、3000m超えのレースならこの馬にも十分勝機はあると考えます。
    そして、父ヤマニンセラフィム、母の父サクラショウリとかいう渋い血統だけでも応援したくなります。

    で、相手は当然4歳馬ですね。

    ◎ ナムラクレセント
    ○ トゥザグローリー
    ▲ ローズキングダム
    △ ヒルノダムール
    × コスモメドウ

    馬券は、◎の単複、
    ◎からの馬連流し、
    ◎・○2頭軸の三連複流し、
    でいきます。

    ふかや花フェスタをちょっと覗く。

    本日からGW。
    俺は今日から三連休ですが、妻は今日・明日は仕事。

    ということで3歳児と遊びます。

    とりあえず妻を職場まで送って行き、そのまま深谷城址公園へ。

    DSC04166.jpg
    ふかや花フェスタを開催中であります。

    といっても俺も3歳児も特にガーデニングに興味があるわけではなく、

    DSC04183.jpg
    ふっかちゃんとフラワークイーンを発見したり、

    DSC04170.jpg
    巨大ふっかちゃんにビビッたり。

    DSC04171.jpg
    あのふっかちゃんの角(?)はビームサーベルではなくてネギだという噂は本当でした。

    で、このイベントは地元の名産品やそうでないものなどの出店もあり賑わってるわけですが、深谷名物煮ぼうとうやお隣の行田名物フライ焼きなどの屋台に紛れて、

    DSC04174.jpg
    上州名物焼きまんじゅう。
    群馬、ここにも進出です。

    あ、福島物産品コーナーもありました。
    ままどおる、久々に食べたかったんですが卵が入ってると勝手に思い込んで止めました。
    が、本当に卵が入っているかは不明。
    確認すればよかった。

    で、明日は何しようか?
    ぐんま昆虫の森でも行ってみるかな。


    P.S.
    夕方、昨日第3子を出産した妹のところへ。
    DSC04188.jpg
    3人とも男の子w





    GW出遅れ。

    GWは温泉に行きたいなと、特に箱根がいいなと。

    で、いろいろ計画していたわけですが、自分と妻の休みの調整に手間取ってなかなか日が決まらず、そのうちに宿が満室になってました...orz

    ということで今年のGWの予定は白紙。
    現在、GW中唯一の予定は

    DSC04165.jpg
    プラレール博だけです。

    あとは宿が取れればどこか温泉に行きたいのですが...渋温泉でも行っちゃうかなw

    ま、結局近場でウロウロするだけになりそうな予感なんですけれども。

    「鉄塔 武蔵野線」銀林みのる

    先日、ちょっとJRの武蔵野線に関する文献を調べていたら、こんな小説があるのを知りました。



    ちょっと古い本('94年出版)ですが興味を引かれたので読んでみたら、久々に当たりの作品でした。

    物語は鉄塔に魅せられた小学生が、引越しを間近に控えた夏休みに2歳年下の友人と共に「武蔵野線」という送電線の源流(そこには原子力発電所があると信じている)を求めて冒険するという内容。

    それだけを聞けばありふれた少年時代のひとコマを描いた「スタンド・バイ・ミー」もどきという感じですが、この作品には偏執的に語られる鉄塔についての考察が多くの写真と共に収められています。
    それも、学術的な考察なんかではなく、少年の目線で勝手に分類された鉄塔や想像で語られる鉄塔の役割、さらには見る角度によって変化する鉄塔のデザインといった内容。

    作者はこれらを鉄塔探訪紀行としてドキュメンタリー的に出版することも可能なのに、あえて少年時代の思い出と共に小説に仕立て上げてます。
    最後にファンタジーになっちゃうところは微妙ですが、まぁそれも有りかな。
    でも、女性にはわからない世界かもな。

    評価 ★★★★★ 星 5つ

    このような少年時代のノスタルジーを描いた作品って日本でも多く出されていますが、ほとんどが「まぁそんなこともあったよね」的な本当にありふれた日常を描くだけだったりして物足りなかったりしますが、この作品はそこに鉄塔という異形なシンボルを加えることによってこの手の作品の中でもひときわ際立った仕上がりになっています。

    この本を読むと、通勤路にある鉄塔群が俄然気になります。
    DSC04124.jpgDSC04125.jpg
    個人的に鉄塔銀座って呼んでましたが。
    今度源流を探しに行ってみようかw

    P.S.
    映画にもなったらしい。

    主演はチビノリダーこと伊藤淳史。
    なかなか良いキャスティングですね。
    観てみたい。


    皐月賞 結果

    今日は奥様を職場まで送っていき、その足でぐんまこどもの国へ。
    まだ園内の乗り物も動いていない9時過ぎに到着。

    園内を散策しつつ、乗り物が動き出すのを待ってから

    DSC04099.jpg
    いきなりおもしろ自転車コーナーへ。

    さらにサイクルモノレールや足こぎ電車など、10時過ぎには一日の体力のほぼ95%を使用。
    結局、13時頃まで遊んでから帰宅。

    その後、3歳児のリクエストにより「カリオストロの城」を鑑賞。
    まだトトロですら1度も観た事ないのに、「カリオストロの城」はすでに3回目。
    おかげで最近の口癖が

    「またつまらぬものをきってしまった」


    で、そんなカリオストロにハマっている3歳児にTVを占拠されてしまったので、寝室の小さいTVで皐月賞を観戦。


    ◎ オルフェーブル(1着)
    ◯ ナカヤマナイト(5着)
    ▲ プレイ(9着)
    △ フェイトフルウォー(12着)
    ☓ サダムパテック(2着)

    馬連ゲット~

    但し、相手が1番人気のサダムパテックなため12.6倍。
    なのでトリガミにこそならなかったが、収支は若干のプラス程度。

    しかし、どの馬が勝ってもおかしくない混戦で4番人気の馬に果敢にも◎を付けて見事1着、というのは自慢してもいいよね?いいよね?

    そんなわけで回収率は 61% → 66% と若干の上昇ではありますが、まぁ良い兆しが見えてきたんではないかと。
    この調子で安田記念まで続くGⅠ7連戦を戦い抜きたい所存であります。

    皐月賞 予想

    今週は少々忙しかったので皐月賞の事前検討が満足にできず。
    よって俺指数も無し。
    ということで、いつものように当てにならない直感で勝負となるわけです。

    それにしても難しい。
    どの馬が勝っても不思議じゃないくらいの混戦。

    と、ここで先日の桜花賞を思い出す。
    あのレースもどの馬が勝ってもおかしくない混戦だったが、終わってみれば
    1着 マルセリーナ(2番人気)
    2着 ホエールキャプチャ(1番人気)
    3着 トレンドハンター(4番人気)

    という結果。
    そうです、混戦といわれるレースは蓋を開けてみると上位人気の決着で決まることが多いのです。(俺理論)

    と思って前日オッズを確認すると、サダムパテックが少し抜けた人気になってます。
    で、ナカヤマナイトが続き、オルフェーブルが3番人気で単勝10倍程度。

    へぇ、オルフェーブル、思ったよりつくなぁ。
    京王2歳Sでの大敗で東京コースが苦手と思われているなら、狙い目ですな。

    ◎ オルフェーブル
    ◯ ナカヤマナイト
    ▲ プレイ
    △ フェイトフルウォー
    ☓ サダムパテック

    馬券は馬連BOXと、◎からの三連複流しで。
    少々自信がないので金額は控えめに。
    お楽しみはダービーまでとっておくとして、今回は「見るレース」とします。


    P.S.
    やっとこいのぼり出しました。
    DSC04079.jpg


    俺伝説-東北編1「青森リンゴそばの怪」の巻

    その昔、単車で東北方面をソロツーリング中のこと。

    青森県内を当ても無く走っていると「リンゴそば」の看板を発見。
    さすが青森、こんなそばがあるのか!とビビる俺。

    しかし「リンゴそば」の想像ができない。
    すりおろしたリンゴがそばに練りこんであるのか?
    リンゴでダシをとった汁なのか?

    さまざまな妄想を働かせ、吸い込まれるように店内へ。

    そして出てきた物は...

    普通のかけそばに薄く切ったリンゴが数枚乗っただけのものであった...orz


    --------------------------

    突然始まった新連載「俺伝説」
    年を取るにつれ記憶が曖昧になってきた青春時代の思い出を記録に残しておこうという企画。
    とりあえず「がんばれ東北!」ということで東北編からスタートしてみたが、全世界に恥を晒すだけのような気がしてきたので続くかどうかは不明。


    春だねぇ。風車ミーティング 4月号

    昨日は風車ミーティングでした。
    例によって仕事の妻を職場まで送っていった足で向かい、9時半頃到着。

    DSC04038.jpg
    風車、回ってましたね。

    DSC04036.jpg
    桜もちょうど良い感じでした。

    ということで好天に恵まれ、先月中止の影響もあるのか非常に多くの参加に加え、花見等の一般客(この表現は正しいのか?)でだいぶ混雑してました。

    DSC04052.jpg

    で、俺はというといつものように3歳児の世話に明け暮れてるわけで...。

    DSC04043.jpg
    旧パンダで初参加の94-clx氏にも何のおもてなしも出来ず。

    DSC04046.jpg
    一度見てみたかったパンダバン。
    オーナーさんにいろいろ話も聞きたかったのに、それも叶わず。

    DSC04044.jpg
    ヒノデカニ隊の皆様とも挨拶程度しか出来ませんでした。
    あ、ムルさんにCD返すの忘れたし!

    他にもじっくり見たい車たちがたくさんいたんですが、写真すら撮れてないし。
    もっとゆっくりしたい!

    あ、ゆっくりといえばこの人。

    DSC04040.jpg
    まだ痛くなっていないトライクはじっくり見させていただきました。
    イタイイタイ好きの3歳児が期待してますので、よろしく。
    それにしてもこれがそんな値段で手に入るとは...
    俺のサードカー・プロジェクトに新たな展開が!
    いやいやいや、ダメダメダメ。

    で、途中3歳児に「動物園連れてけ」と駄々をこねられたので、谷を挟んだ隣の公園へキックボード2人乗りで移動。
    キックボード持っていって良かった。

    DSC04054.jpg
    こちらも桜がきれいでした。

    動物を見て遊具で遊んで満足したようなので風車へ戻るとボチボチ散会が始まっていましたので、うちも激安プラモを無理やり不法投棄して撤収しました。

    皆様、次回もよろしくお願いします。


    で、風車を出てすぐに3歳児は就寝。
    しかし、帰りにスマーク行きたいとかずっと言っていたので、黙って家に帰ると後々面倒なことになると判断。
    起こしてスマークに寄るわけです。

    DSC04062.jpg
    そしてここで遊んで、

    DSC04070.jpg
    ドーナッツプラントでドーナツ食べて、ユニクロ寄って帰宅。

    本日の収穫

    こぶさんに貰ったヤマト運輸のミニカー。
    DSC04071.jpg
    クール宅急便ハイブリッド、ありがとうございます。
    3歳児大喜びで家に帰ってからもずっと遊んでました。

    DSC04073.jpg
    が、目を放した隙に「荷物載せた」とか言って粘土を詰め込んでましたが...orz


    ユニクロでは一部で話題の企業コラボTシャツのスマートの見てきました。
    なかなか良いデザインでスマート乗りなら間違いなく買っていたところですが、

    DSC04074.jpg
    トミカTシャツを購入。
    もちろん3歳児用ですが、大人用もあればいいのにw
    それにしてもトミカ・プラレールで10数種類あって選ぶのが大変。
    しかも3歳児が一番気に入った柄はサイズがなく、少しグズられて結局面倒なことに。



    ドブロ エンジンオイル交換(新兵器導入編

    22,940km

    前回交換から5,000kmを走ったのでエンジンオイルの交換をします。

    本日は3歳児の保育参観があるので、朝一から始動します。

    交換するオイルはいつもの

    DSC04002.jpg
    シェブロン 10W-40

    で、いつもは例のアンダーカバーを外すという一手間があるわけですが、今回は新兵器を導入しました。

    DSC04001.jpg
    ジャジャーン!手動式オイルチェンジャー!(ドラえもん風に)

    なんだか電動の安いやつも売っていますが、それはかなり使えないというレビューが多いので手動をチョイスです。
    お値段は4000円ちょっと。
    オイルの下抜きは別に苦じゃないんですが、あのアンダーカバー外しがねぇ...さらに余震が続いてますので下にもぐるのもちょっと怖い...ということで、生涯初の上抜きに挑戦。

    DSC04003.jpg
    オイルゲージ穴からホースを突っ込んで

    DSC04004.jpg
    ポンピング。
    これだけ。
    やっぱり抜くって気持ちいい。(by めろめ)

    ですが、2Lくらいしか抜けないような...
    下抜きなら2.5Lくらい抜けるはずなんですが...

    ま、オイル交換の手間は確実に半減(どころか2/3減くらい)しましたのでとりあえず許す。

    でもオイルフィルター交換時は結局アンダーカバーを外さなければいけない、というのは内緒ですよ。

    で、オイル交換が早めに終わったので、ついでに洗車もしてから保育参観へ。

    M4H04005(1).jpg
    相変わらず落ち着きの無さをアピールしてましたが。

    保育参観は午前中で終わり、午後からは妻が修理を頼んでいたバッグが届いたということで、

    DSC04033.jpg
    佐野のアウトレットへ。

    先日、股間の部分だけが破れていたジーンズが2本発見されたので、ジーンズを購入して帰ってきました。


    STIGをさがせ?

    久々のTopGearネタです。

    実は、だいぶ前に購入したSTIG Tシャツと一緒にこんなものを購入してました。

    DSC03997.jpg
    「Where's Stig?」Poster
    TopGearのポスターです。

    Stig-Poster.jpg

    「ウォーリーをさがせ」風にSTIGが隠れています。

    DSC03998.jpg
    ポスターフレームを買いそびれていて放置プレイだったんですが、やっとポスターフレームを買ってきて飾ってみました。

    DSC04000.jpg

    結構サイズがでかいんで(915mm×610mm)少し邪魔ですな。


    発掘!銀塩一眼レフカメラ

    先日、物置の奥のほうをゴソゴソと漁ってたら埃まみれのカメラバッグが出てきました。
    中を見てみると、デジカメが全盛となり完全に忘れ去られたフィルム一眼レフカメラがそこにありました。

    DSC03995.jpg
    ミノルタ α-5xi

    おそらく7~8年ぶりに発掘。

    幸いにもレンズのカビは発生しておらず、バッグは埃まみれだったもののカメラの状態は悪くなく一安心。
    懐かしいなぁとシミジミしながら眺めていると、中にフィルムが入っているのに気づきました。
    なにが撮ってあるかわかりませんwが、とりあえず現像をしないと...と、本体のスイッチを入れてみるが、当然電池が切れていて電源が入らず。

    電源が入らないとフィルムの巻き上げも出来ないのがこの時代のオートフォーカス一眼の泣き所です。
    確かこの電池(2CR5)って、結構高いんだよなぁ...と思いつつ、会社の帰りに電器屋で確認すると1200円くらいします。

    うーん、この先このカメラを使うことがあるんだろうか...多分、無いな。
    ただフィルムを取り出すためだけに高価な電池を買うのもなぁ...。
    でもなんだか貴重な写真が撮られていたら...と少し悩みます。

    で、ネットで検索すると500円くらいで手に入るんですね。
    ネットって凄い。
    ということで、電池を購入してスイッチを入れてみると、まだフィルムが少し余ってました。
    なので操作を思い出しつつ、先日のフレンチぴくにっくで何枚か撮影。

    それにしても撮った写真がその場で確認できないというのは結構スリリングですな。
    昔はあたりまえだったのにねぇと、またしてもシミジミしながらフィルムを使い切りました。

    さて、いったい何が写ってるんでしょうかw

    DSC03996.jpg
    ちなみにこの5xiのレンズはソニーのデジイチで使えます。
    なので中古のボディでも買えば格安でデジイチユーザーになれます。
    が、28mm-105mmのレンズなんで、APS-C機だと35mm換算で42mm-157.5mmという中途半端なレンズになってしまうという罠があります。
    そうすると広角の単焦点レンズなんかが欲しくなってきたりして泥沼にはまりそうですね。
    基本的にMなんで、はまってみたい気がする衝動を抑えるのが大変です。


    P.S.
    駅でこんなポスターを発見。

    DSC03992.jpg
    「CENTER OF JAPAN SHIBUKAWA」
    ずいぶんでっかく出たなぁ、渋川w

    プラモ大量増殖

    先日購入した「ドチビ4WD ハイラックス」というプラモデルを組み立ててみました。

    DSC03990.jpg
    が、あっという間に破壊されましたw

    まぁそれはそれとして、こいつ、製品自体にはかなり雑な面が見られますが、

    DSC03991.jpg
    このサイズでモーターと電池を内蔵して4WD、そして270円(定価は472円、モーターは別売)という価格はなかなかお買い得!

    と思ったら、


    楽天で29円で売ってました...orz

    さらに一緒に370円で買ったストリームも


    52円...orz

    つーか、何よこのショップ?

    アオシマ製品を投売り中です。

    悔しかったので

    DSC03986.jpg
    大量購入してやりましたww

    いや、さらに調べてたらこの店の本家サイトなら2000円以上で送料無料だったんで、2000円分買ってやったんです。

    そしたら翌日から1000円以上送料無料キャンペーンが始まってましたが...orz(現在は終了)

    で、

    DSC03987.jpg
    激安プラモデル達

    DSC03988.jpg
    一番高かったBMW M1は500円くらい

    DSC03989.jpg
    先日4巻まで買った爆走兄弟レッツ&ゴー!の続きもw

    どうしますか?俺

    今度の風車で売りさばいて、売上げを全額寄付、なんてことも考えておりますが。


    桜花賞 結果

    桜花賞

    ◎ ホエールキャプチャ(2着)
    ◯ フレンチカクタス(9着)
    ▲ マルセリーナ(1着)
    △ トレンドハンター(3着)
    △ ダンスファンタジア(7着)
    × ライステラス(12着)

    うーん、やっぱり堅かったか。
    馬連と三連複の的中でチャラか...と買った馬券を確認してみると...三連複を買い損ねてるし...orz
    トリガミですw


    マーチS

    ◎ マチカネニホンバレ(4着)
    ◯ クリールパッション(11着)
    ▲ メテオロロジスト(10着)
    △ ラヴェリータ(14着)

    こちらは全くの見当違い。


    ということで、63%だった回収率が61%まで低下しました。
    うーん、スランプから抜け出せない。

    今日はフレンチぴくにっくとか。

    行田の古代蓮の里で開催されたフレンチぴくにっくをこっそり覗いてきました。

    DSC03935.jpg
    ゆっくり出て行ったので到着は10時半頃だったかな?

    DSC03934.jpg
    群馬からの遠征組みもチラホラ。

    なんつってもアウェーなんで、隅っこのほうに車を置いといて、
    DSC03940.jpg
    ほとんど併設の公園のほうで遊んでました。

    DSC03942.jpg
    あと花見。
    満開だなぁ。

    フレンチぴくにっくはAX~206時代に何度か訪れていますが、相変わらず濃い車がいますね。

    DSC03953.jpg
    なんか傘売ってる(?)BXとか

    DSC03952.jpg
    トラックとか。

    これなんか
    DSC03950.jpg
    3歳児に「これ何?」とか聞かれても困る。
    大概の車は車名くらいはわかると自負する俺ですが、マトラのなにか、としか答えられません。

    DSC03954.jpg
    SMとか普通に見えます。

    で、お昼頃撤収。
    近くの羽生イオンでランチして、ムラサキスポーツで



    ストライダー購入。
    ネットでも買えるけどちょっと実物が確認したかったんで。

    で、その後千代田に新しく出来たジョイフル本田に寄ってから、ヒノデカニ商店にリベンジ。

    DSC03956.jpg
    3歳児にパフェっぽいのでも...と思ったら、蟹サンデーでコーヒー・紅茶のみのメニュー。
    相性があまり良くないようですなw


    で、家に帰ってからストライダーを組立。

    DSC03969.jpg

    もう薄暗くなり始めた頃にちょっと試乗。

    DSC03968.jpg
    ちゃんと乗りこなせるのだろうか?
    バランスバイクっていろいろあるけど、こいつはストライダーカップとかあるので旨く乗れるようになったらでてみたいと思ってるのだが。


    桜花賞 予想

    本日は3歳児が水疱瘡を発症しているため自宅で隔離。
    予防接種をしているせいか症状は軽く、だいぶ良くなってきたので夕方に仕事の妻を迎えに行き、選挙の期日前投票を行い、ついでに

    DSC03914.jpg
    深谷の城址公園へ桜の様子を見に行く。

    DSC03915.jpg
    満開だね。


    桜花賞

    さて、桜花賞の予想をするにあたり、重要なステップレースであるフェアリーS、クイーンC、エルフィンS、チューリップ賞、フィリーズレビュー、フラワーCの6レースをもう一度見直してみた。

    うーん、回避になったレーヴディソール以外はドングリの背比べだと思うなぁ。
    一応ホエールキャプチャやマルセリーナあたりが人気になってはいるが、その他の馬も差は無いと見た。
    ならば、各ステップレースの勝ち馬の中でもっとも「強い」と思われる勝ち方をしたダンスファンタジアを軸に据えるのはどうかと考えたが...

    とりあえず俺指数。

    馬番馬名指数順位
    16ホエールキャプチャ3.681
    15フレンチカクタス3.632
    8マルセリーナ3.463
    17トレンドハンター3.424
    4ダンスファンタジア3.295
    2デルマドゥルガー3.256
    13ライステラス3.187
    10スピードリッパー3.158
    1フォーエバーマーク3.039
    7エーシンハーバー2.9710
    6ハブルバブル2.9211
    3カフェヒミコ2.8912
    5マルモセーラ2.8713
    9ラテアート2.814
    14メデタシ2.7215
    11サクラベル2.6516
    18マイネショコラーデ2.6117
    12ウッドシップ2.4518


    ああ、やっぱり順当な結果だなぁ。
    これでいいような気がするが...それにしても悩むなぁ。

    ◎ ホエールキャプチャ
    ◯ フレンチカクタス
    ▲ マルセリーナ
    △ トレンドハンター
    △ ダンスファンタジア
    × ライステラス

    ははは、結局わけがわからなくなったので俺指数通りにホエールキャプチャを軸に据えてみたw
    一番人気ではあるが、やっぱり軸としては一番信用が置けるし。
    そして相手も基本的に俺指数を信じて...絞りきれずにこんなに多くなっちまいましたが。

    馬券は◎からの馬連流しと、◎一頭軸の三連複流しで。


    マーチS

    被災地支援競馬なので参加します。

    ◎ マチカネニホンバレ
    ◯ クリールパッション
    ▲ メテオロロジスト
    △ ラヴェリータ

    馬券は馬連BOX。


    「図説 世界の「最悪」クルマ大全」クレイグ・チータム



    イギリスのジャーナリストが世界の「最悪」なクルマ達を紹介する1冊。

    風車でお世話になってる こちら のオイちゃんが紹介してたので、読んでみたいと思ったが結構高い(2520円)
    買うほどではなさそうだし、でもこんな本は図書館には置いてないだろうし...ありましたw
    北本図書館、GJ

    で、読んでみました。

    基本、高齢のイギリス人の著者が選ぶクルマ達なのでなじみが無い車ばっかり。
    ほとんどが日本には入ってきていない車種なのでどうのこうの言われても実感が沸かない。
    まぁ少なくともBL時代の英国車と、経営難で右往左往していた頃のクライスラー車は総じてヒドイということはわかりましたが、これはTop Gearを見ていてもわかることだし。
    東欧のクルマがひどいことくらいなんとなくわかるし。

    数少ない知ってるクルマの中では、アルファ・スッドとかピアッツァとかムルティプラとかアルシオーネとか俺的には「萌え」なクルマたちが槍玉にあがってましたが、「最悪」と言いつつそんな欠点も含めて愛すべきクルマというものがあるんだということが伝わってくるので救われる。

    しかし、はじめのうちは「へぇ、こんな車があるんだぁ」とか「こりゃヒドイクルマだなw」とかを楽しんで読めるが、そのうちに「なんかこの記述は少しおかしいんじゃね?」とか「結局デザインとサビとハンドリングのことしか言ってないじゃん?」となって飽きる。

    評価 ★★☆☆☆ 星 2つ

    まぁ特に買わなくてもいい本かなw


    「KAGEROU」齋藤 智裕



    あの話題の本をいまさら読んでみた。
    世間ではいろいろ言われているが、やっぱり一度読んでみないことには発言は出来ないからね。
    見たところ字数が少なくて簡単に読めそうだったし(実際に正味2時間ほどで完読)

    結論から言うと、新人作家のデビュー作としたら十分及第点を与えられる出来になってると思う。
    「命」という重いテーマを題材としながら、それを感じさせずに軽めの文体で淡々と進む物語は悪くない。
    まぁ内容はそれほど目新しくないし、重く描くだけの技術が無いだけかも知れないが、俺は嫌いじゃない。

    が、

    第5回ポプラ社小説大賞受賞?
    1000を超える応募作から選ばれたらしいが、そんなにレベルが低かったのか?
    ポプラ社は、選考段階では作者が水嶋ヒロだということは知らなかった、と言っているが...それはないだろう。
    水嶋ヒロには全く文句は無く、むしろ頑張って欲しいという応援の気持ちしかないが、自社の宣伝効果のために若い作家の芽を潰すようなことをしたポプラ社には大いなる制裁が与えられるべき問題だと思う。

    評価 ★★☆☆☆ 星 2つ

    あくまで純粋に作品だけを評価。
    まぁ次作が正念場だな。

    日曜日の重賞 結果

    産経大阪杯
    ◎ ダイワファルコン(7着)
    ◯ キャプテントゥーレ(5着)
    ▲ ヒルノダムール(1着)
    △ ダノンシャンティ(4着)
    △ ドリームジャーニー(9着)


    ダービー卿CT
    ◎ ライブコンサート(2着)
    ◯ ブライティアパルス(17着)
    ▲ キングストリート(13着)
    △ ダンツホウテイ(6着)


    ひでぇw
    完全にスランプのようです。
    デジイチがどんどん遠くなっていきます。
    まぁ昔から「これが当たったら◯◯を買おう」とか思いながら買って当たったためしはないんですが。
    やっぱり無欲で臨まないと。

    ということで回収率。
    73% → 63% とかなりやばい状況です。
    今週末から続くG1戦線、もつかな?

    キックボードを引っ張り出してみた。

    さて今日も子守りで3歳児とウロウロ。

    うっかり某リサイクルおもちゃ屋なんぞに寄ってしまったがために、

    DSC03906.jpg
    アオシマのレトロ感たっぷりなプラモデルを購入。
    ストリームは昔、家にあったんで結構乗り回してました。

    さらに、古本も扱っている某本屋で、

    DSC03907.jpg
    爆走兄弟レッツ&ゴー!!の1~4巻を購入w
    いや、なんか5冊で100円とかだったんでつい、後悔はしていません。
    ちなみに4冊だと1冊100円なので、もう1冊はキリンの19巻という中途半端なチョイス、こっちは後悔してます。

    そして結局

    DSC03905.jpg
    C3POが仲間入りする...orz

    で、本題。

    某てんたま氏が話題にしてたんで、キックボードを物置から出してきてみますた。

    DSC03903.jpg

    ちなみに

    「キックボード(kickboard)」とはmicro社とK2社(後に販売権をすべてmicro社に譲渡)が共同開発したキック型スケーターの名称であり、キックボードと呼んでも良いのはmicro社とK2社のものだけなのですよ。

    で、俺が持ってるのはオリジナルのK2 KICKBOARD Pro kick。
    10数年前、いろんな雑誌やTVで取り上げられて大ブームだった時に購入。
    所ジョージも火付け役の一端を担っていたな。
    品薄のため近所ではなかなか手に入らず、わざわざ浦和まで行って買った記憶が。
    主な目的は、始めたばかりのスノボーの練習になりそうだったからであるが、本当に練習になったかどうかは不明。
    最終的には犬の散歩用として使われることになったけどw

    日本で一般的にキックボードと呼ばれるJD RAZORのような2輪タイプの物との違いは、

    DSC03894.jpg
    ① 前2輪・後1輪の3輪である。

    DSC03896.jpg
    ② ボード面は合板製で、適度にしなりがある。

    DSC03892.jpg
    ③ 基本は横乗りである。

    DSC03893.jpg
    ④ バーは片手で保持する。

    ⑤ 旋回は基本的に体重移動で行う。

    こんなところかな?
    つまり、どちらかというとスケボーに近い、ていうかスケボーにバーが付いた乗り物という感じ。

    で、実はこれ、かきz氏から頂いた2号機。

    初号機は犬の散歩等で酷使されたため、

    DSC03889.jpg
    こんな状態w

    ボードは変形し、ウィールは減り、ベアリングは破損、スプリングはヘタり、ボルトは脱落。
    直そうと思ったこともあるのだが、当時の販売元であるK2ジャパンに問い合わせしたところ、補修パーツは販売しないとのことだったので断念。

    代替として、安く売られていたパチっぽいコレ
    DSC03885.jpg
    に乗っていたが、これもしばらくするとあちこちガタがきて放置されている。

    走行感、アスファルトでの走破性は悪くはないが、長距離は厳しい。
    3kmほどの道のりをこれで移動したことがあるが、かなり足腰にきたw
    犬の散歩なら犬に引っ張ってもらえるので楽しいんだけど、ちょっとの段差や小石で飛ばされることがあるので危険。
    事実、うちの奥様は俺の真似をしてキックボードで犬の散歩をして、見事に転んでアスファルトに顔面を強打するという事故を起こしている。
    おかげで傷が治るまでしばらくは「夫にDVを受けた妻」みたいになっていて、かなり世間体が悪かったw

    まぁ移動手段というより、公園等でトリックを行うストリートスポーツとして扱うのが正しい使い方なんでしょうね。

    で、久しぶりに引っ張り出していじってたら3歳児が興味津々で邪魔しに来たわけですが。

    DSC03900.jpg

    なんか最近は子供用もあるみたいなんで、それ買って3歳児と公園で遊ぼうかな。




    明日の重賞 予想

    本日は仕事でした。
    休みだった妻と3歳児はスマークに行って、例のドーナッツプラントにリベンジしてきたようで。

    DSC03876.jpg
    おみやげ。
    伊勢崎店限定セット 1050円
    卵を使用していないのにしっとりとして美味しいドーナツです。

    とまぁそんな感じで今日の競馬はパス。
    日経賞は4歳馬3頭(トゥザビクトリー、ペルーサ、ローズキングダム)が抜けた人気になってしまったので馬券的な妙味はなさそうだったし。
    案の定人気通りに決まって三連単で930円の配当ってw
    参加しなくて良かったww

    で、明日はもうちょっと面白そうなので参加します。

    産経大阪杯

    キャプテントゥーレ、ドリジャ、ヒルノダムール、ダノンシャンティ、エイシンフラッシュあたりが人気なわけですけど、ここには去年の皐月賞で俺が本命にしたダイワファルコンが参戦してきました。
    皐月賞以降自己条件に戻り着実にステップアップ、満を持しての重賞再挑戦を応援しないわけにはいきません。

    ◎ ダイワファルコン
    ◯ キャプテントゥーレ
    ▲ ヒルノダムール
    △ ダノンシャンティ
    △ ドリームジャーニー

    ◎の単・複、◎からの馬連・三連複流しで。


    ダービー卿CT

    前走フェブラリーSはダートのため無視すれば、マイル重賞で安定した成績を収めているライブコンサートが本命。
    相手には1800mの中山牝馬Sではなく、あえて1600mのこちらを選んできた牝馬のブライティアパルスを。

    ◎ ライブコンサート
    ◯ ブライティアパルス
    ▲ キングストリート
    △ ダンツホウテイ

    ◎からの馬連流し、◎・◯2頭軸の三連複流し。

    ぐふふ、当たればデジイチだぞw


    E-500 処分

    昨年のJCダートによるJRAからの融資を受けて購入したOLYMPUS E-500ですが、なかなか気に入った絵が撮れません。
    なんかベタっとした絵になってしまうというか...。

    もちろん俺の撮影テクやセッティングのせいでカメラ自体に責任は無いと思いますが、暗所での弱さやファインダーの見づらさ等々何年も生ぬるいカメラ生活を送ってきた俺にとって少々敷居が高すぎたのかもしれません。

    ということで処分を決定。

    といっても次期候補が見つかったわけではないのですぐに処分する必要も無く、まぁこのくらいで売れてくれたらいいなぁという価格でオクに出品しておきました。
    ま、これが売れたら次の機種を考えようというスタンスです。

    売れましたw

    この資金を元に次を狙います。

    一眼レフがいいけど、3歳児の子守りをしながらということを考えるとやっぱり携帯性は捨てがたいのでミラーレスの女子カメラから出直しでもいいんじゃね?とか。
    E-PL1のレンズキットなら3万円チョイとか激安だし。

    ということでJRAから更なる融資が出たらまた考えます。
    (↑ 問題あり)