プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    車(バイク)関係ムック 3冊

    CIMG1789.jpg
    車(バイク)のムックを3冊ほど立て続けに読んだ。


    「フェラーリ:ヴィーナスの創造」

    歴代のフェラーリ(ロードゴーイングカーのみ)を年代順に紹介する本。
    歴代フェラーリの中で俺が特に萌えるのは、スーパーカーブームにどっぷりはまっていた時代の512BBと、免許を取れる年齢になって車に興味を持ち出した頃のテスタロッサかなぁ。
    しかし実際に運転を覚えると、より現実的な軽量コンパクトスポーツカーに興味が移って、「フェラーリとかデカ過ぎでイラネ」ということになる。
    もっとも買えないですけど。
    で、自然とこういう車達に興味を持つ。


    「昭和くるまノート」

    自動車ジャーナリストの熊倉重春氏が昭和30~60年代の代表的車種を取り上げて解説する本。
    徳大寺よりは控えめで厭味がない熊倉氏の思い入れが伝わる一冊。
    余計な編集をしていないので、ネコパブリッシングの本にしてはマトモだった。
    安全性と快適性を求めた結果ブクブク太った現代の車にはないストイックな車たちが紹介されていて萌える。
    昭和後期(50~60年代)の国産車に今乗るのもかっこいいかも。

    で、バイクも最近のはよくわからないのでこんな本を読んでみる。


    「ヤマハスポーツバイクのデザイン50年」

    ヤマハのバイクを年代順に(特にデザイン面を主に)紹介するカタログ的な本。
    昔から他メーカー(ホンダ、スズキ、カワサキ)にはない洗練されたデザインを持ったヤマハのバイク達。
    逆にそこがバイクに硬派なイメージを求める層に敬遠されたり。
    そんなヤマハというメーカーは、俺の中では特に好きなメーカーではない(と思っていた)が、この本を眺めながら振り返ってみると、
    中型免許を取って一番初めに5万円で手に入れたRZ250R
    そのRZを1週間でオシャカにして、その保険で買ったFZ250PHAZER
    大型に乗り始めてから、小回りの効く軽量車が欲しくなり買ったSDR200
    ミニバイクレース用のTZ50
    モトクロス(エンデューロ)レース用のYZ80
    と、5台も乗っていたことに気づいた。
    結構好きなのかも。
    unidon氏の所に里子に出てるSDRを連れ戻そうかな。

    コメント

    SDR

    バラバラ殺人事件…だけどな。

    SDR

    バラバラかよ...
    じゃぁGWはGSX-Rを何とかするかな。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:

    ガレージを飛び出し、大自然へ飛び出そう!山・森・高原そして川・・・自然の中を自由に駆け抜ける成田匠のFun To Riding。モーターサイクルさえあれば、こうした自然と遊ぶことの素晴らしさを体感できるのだ。しかし、人間の計算が及ばない自然が相手だから、コースとして

    FC2Ad

    相続 会社設立