プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    T-34とブライトバーン

    木曜日

    県北ではユナイテッドシネマ上里での上映のみ(群馬では上映無し)のT-34が最終日。
    11歳児が修学旅行で居なかったのでレイトショーで観に行きました。

    s-IMG20191121211157.jpg
    「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」

    実写版ガルパンとか言われてますが、まさにボーイズ(おっさんだけど)・アンド・パンツァー。
    監督はインタビューで「ガルパン見たことない」とか言ってましたが、絶対ウソでしょw
    圧倒的不利の状況での戦い方とか西住みほ殿ですかっ!って感じだし。
    スローモーションの多用とか俯瞰による全体の状況の把握とかわかりやすい映像も好感触。
    ロマンスシーンはちょっと余計かなとは思うけど、敵側であるドイツ軍も悪者然とは描いていないところは良い。
    とにかく戦車映画の名作になること間違いなし。
    ギリギリで劇場で見れてよかった。

    で、土曜日

    妻と11歳児は学校説明会やら塾やらでお出かけ。
    ちょっと車いじりもしたかったのだが、あいにくな雨なので映画観に行っちゃう。

    s-IMG20191123122551.jpg
    「ブライトバーン/恐怖の拡散者」

    ゾンビランドと迷ったんですが、こちらのほうが早く上映がなくなりそうだったので。

    子供のいない夫婦のもとに隕石とともに落ちてきた赤ちゃんが成長したらスーパーパワーに目覚めて...というお話。
    ホラー映画の体を取ったヒーロー映画ですね。
    その子供の名前がブランドン・ブレイヤーというのもヒーローの定石です。
    育て方、環境でどっちに転がるか。
    序盤はテンポがいまいちでしたが、ラストへの持って行き方が秀逸でした。
    これは続編希望です。

    で、日曜日

    この日も午前中は妻と11歳児がカルタ大会の全体練習とか。
    やっぱり雨なので車いじりもできないので、

    s-IMG20191123093402.jpg
    プラモデルとかいじりながらアマプラで「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」を鑑賞。

    s-jeeg.jpg
    これもクライムアクションの体を取ったヒーロー映画でした。

    最近は表向きはヒーロー映画でも中身は学園物(スパイダーマン)やファミリー映画(シャザム!)や社会派映画(ジョーカー)といった映画が多いですが、逆なパターンも有りですなぁ。

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: