プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    憑神



    映画化されたので読んだみた。

    時代は幕末。
    文武に秀でているがいまいち運の無い下級武士が、酔って怪しい稲荷に手を合せたばっかりに、貧乏神・疫病神・死神に取り付かれてしまう、という話。
    といってもおどろおどろしい物語ではなく、呑気な登場人物たちとの掛け合いがユーモラスに描かれている。
    徐々に、幕末の混乱期の波に巻き込まれてシリアスな展開になるが、見事な舞台設定・人物描写・台詞回し等で、歴史物・時代劇物に弱い俺でも最後まで楽しく読めた。
    特に主人公の武士としての誇りを失わない姿勢には脱帽。
    さすが浅田次郎、ハズレはない。

    評価 ★★★★☆ 星4つ

    映画では主人公を演じる妻夫木聡が、どこまで武士としての気概を示すことが出来るかに注目したい。

    が、残念ながら今のところ観に行く予定はない。
    パイカリも大日本人もダイハードもまだ観に行ってないからな。

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: