プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    「ヴォイス」



    以前読んだ「ギフト」に続く「西のはての年代記」の第2弾。

    「ギフト」の主人公であるオレックとグライが訪れたアンサルという街が舞台。
    ここではオルド人の侵略による圧制が行われている。
    で、オレックの協力もあり圧制から開放される、という話。

    「西のはて」という舞台の世界がしっかり確立されているため、「ギフト」同様に物語の破綻もなく安心して読める。
    が、「ゲド戦記」同様に淡々と話が進んでいき、ラストも想像できるために歴史書を読んでいる雰囲気になってしまうのが残念。
    一応ファンタジーの形式はとっているが、やたらと現実的な描写が多いのも、その手の内容を期待して読むとちょっと期待はずれな感じになってしまう。
    少なくとも子供向けではない。

    評価 ★★☆☆☆ 星 2つ

    いや、いい内容なんですけどね。

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: