プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    魔法使いハウルと火の悪魔 (ハウルの動く城 1)

    19965764.jpg


    ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作
    全310ページ

    ゲドがあれほどでたらめに作られているって事は、
    もしかしたらその他の原作付ジブリ作品も結構やばいんじゃね?

    ということで、ハウルの動く城の原作本を読んでみた。

    結論から言うと、微妙。
    いや、原作が微妙っていうんじゃなくて、原作はそこそこ面白いよ。
    とはいっても所詮児童書の部類に入るので、大人には物足りないのだが、
    映画と原作のギャップが微妙。

    メインのハウル・ソフィー・カルシファー等のキャラクターや舞台設定は守られているし、
    ストーリーもそれほど大幅な変更はなかった。
    でもちょっと違うんだよね。
    でもなんだろうこの違和感は?

    で考えた。

    それは、映画があまり面白くなかったからかも。
    アレンジしてこの程度の出来なら、もっと忠実に作っても良かったんじゃないの?
    時間内に納めることが難しいとかそんなこともないと思うけど?
    っていう違和感だ。

    と言うわけで

    原作 ★★★ 星3つ

    映画 ★★ 星2つ

    ゲドとの違いは、怒りが込み上げてくるほどの違和感がなかったって事。
    それが駿と吾郎の差か?

    コメント

    あの映画、
    「しばし待たれよ」くらいしか印象に残ってないな。

    早く茄子アンダルシアの続編出来ないかな。
    今度は山岳コースをキボンヌ。

    しばし待たれよの少年は、
    原作ではソフィーの妹の彼氏で
    年齢はもっと上の設定なのよ。

    そういえばアンダルシアは観てないな。
    今度観てみるか。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: