プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    「DETROIT ROCK CITY」



    '78年、クリーヴランドに住む4人の高校生が、当時絶頂期のロックグループ「KISS」のデトロイトでのコンサートを観に行くというドタバタ青春コメディ。
    題名の「DETROIT ROCK CITY」とはKISSの代表曲だ。

    当然、映画では全編を通してKISSの曲がフューチャーされ...と思っていたのだが、そんなことはなく、KISS以外の曲が多用されているのにちょっと戸惑う。
    しかし、シンリジー、ヴァンヘイレン、ブラックサバス、T-レックスといった(俺好みの)70~80年代を代表するハードロックバンドの曲が使用されているので、決して飽きることはない。
    逆に、KISSの曲が聞きたい!という思いが高まり、ラストのコンサートでの「デトロイト・ロック・シティ」が最高に盛り上がるという演出効果を生み出している。
    全編ユーミンとかサザンとかの某邦画も悪くないが、こういうひねりのある曲選択も面白い。

    また主人公達がいがみ合うディスコファンに向かって
    「ディスコなんてオカマの音楽だ!KISSはディスコなんかやらないんだ!」
    と粋がるシーンではニヤリとさせられる。
    (KISSは後にディスコナンバーともいえる曲を発表する)

    ちょっと残念だったのは、このDVDがロードムービーにカテゴライズされていたので、クリーヴランドからデトロイトに向かう珍道中をメインにした映画かと思っていたら、道中はさほど重要ではなく、ロードムービーというわけではなかったこと。
    まぁ俺の先入観が悪いんですけど。

    評価 ★★★☆☆ 星 3つ

    というわけで、70~80年代のロック好きにとってはなかなか面白い映画だった。
    サントラが聞きたくなった。



    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: