プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    206 バッテリー交換

    118,000km

    206ネタも久しぶり。
    それくらい問題も無いし、別にいぢる気も無いということ。
    最近、雨が多いのでまともに洗車すらしてないし。

    それはともかく、実は去年の秋くらいからバッテリーが怪しかった。
    始動時にエアバックやABSのエラーが出たり(再始動すると直る)、一瞬電源が落ちて時計等がリセットされたりとか、おそらくバッテリーが原因だと思われる症状が頻繁に起きるようになったのだ。
    で、バッテリーに厳しい冬を迎える前に交換しなくちゃかなぁ、と思いながらも放置プレイ。
    とりあえずエンジンかかるし。
    そんなこんなで、だましだまし使っていたら越冬してしまった。
    バッテリーって買い置きしておけるものでもないし、かといって切れてからでは遅いしで交換するタイミングが難しい。
    まぁ、夏もエアコン等でバッテリーには厳しい季節なのでそろそろ交換してやる。
    前回(購入時)交換から4年弱 10万キロ走行だし。

    ということで、ネットにて激安バッテリーをゲット。

    CIMG2830.jpg
    INDIGOSTAR バッテリー 54317
    7,000円ちょっと。
    製造元は現代エナセル社(韓国)らしいが詳細は不明。

    外したバッテリー。
    CIMG2831.jpg
    VARTA社製、なかなかしぶといバッテリーであった。
    以前M3で使用していたHOPPECKE(ホッペケ)バッテリーも長持ちしたし、やはり欧州製は信用できる。

    で、交換。
    当然何の問題もないと思いきや、
    CIMG2832.jpg
    バッテリーの高さが少し低い?
    なのでケーブルの収まりが悪い。

    CIMG2833.jpg
    仕方がないので、収納ケースの一部をカットする。

    で、装着完了。
    CIMG2834.jpg
    と思いきや、バッテリーの高さが低いので、上部のバッテリー押さえ金物が効かず、固定できない。

    CIMG2835.jpg
    ということで、発泡スチロールをパッキンにしてかませた。

    と、ここで
    「ならばバッテリーの底にパッキンをかませれば、ケースをカットする必要もなかったのでは?」
    ということに気付く。orz

    直す気はないけど。

    当たり前だが、交換したら始動時のエラーはなくなった。
    M3もバッテリー交換で復活したように、バッテリーって重要なんだということを再認識。

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: