プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    「猛スピードで母は」



    ということで、芥川賞を取ったこの本を読んでみた。

    読み終えた感想は「ふーん」っていう感じ。
    小学生の作文をきちんとした形にしただけのような作品。
    まぁ芥川賞という時点で期待はしていなかったので可も無く不可も無く。

    「電化製品列伝」の中でもなにやら語っていたが、やたらと固有名詞を出すことにうれしさを感じてるらしいが、スティーブン・キングほど徹底してないっていうか。

    評価 ★★☆☆☆ 星 2つ

    やはり芥川賞より直木賞のような緻密で計算された小説の方が好みなのだということを再確認できた。

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: