プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    最近「W.A.S.P.」がヘビロテな件

    先日、久々に聴いたW.A.S.P.がかなりよかったので、その後のアルバムを2枚買ってみた。

    「THE HEADLESS CHILDREN」

    重厚なブリティッシュロックがベースだが、軽快なロックンロール、ドラマチックなバラード、オリジナルをも凌駕するカバー、と曲のバラエティは豊富。
    それでも雑多な感じはなく、ブラッキーの特徴的なヴォーカルのおかげもありアルバム全体がまとまっていて、さらにどの曲も完成度が高く捨て曲が1曲もない。
    これはヤバイ。
    なんでこんなすごいアルバムを見落としてたんだろう。
    その中でも特にTHE WHOのカバー「THE REAL ME」とか、ラストの「REBEL IN THE F.D.G」とかハンパなくカッコいいです。





    超名盤認定しました。


    で、その次に聴いたのが

    「THE CRIMSON IDOL」
    聴く前に仕入れた情報ではどうやらコンセプト・アルバムらしい。
    この手のアルバムは、曲間に語りやSEなどが多用されて中だるみしたり、そもそも英語詞がわからないこともあってハズレが多かったりするので、それほど期待はしていなかった。
    が、とんでもない。
    アルバム全体を通して緩急の付け方が上手いというのもあるが、個々の楽曲の出来がよいためコンセプト・アルバムとしてではなく、通常のアルバムとしても十分満足できる仕上がりになってる。
    この手のアルバムは、Queensrycheの「Operation : Mindcrime」が有名で、俺も大好きなアルバムだが、これに勝るとも劣らない。



    こちらも超名盤認定だ。

    ライナーノーツによると、このアルバムはドラムとギターの一部以外は全てブラッキーが演奏するセルフ・プロデュース作品で、最初はブラッキー・ローレスのソロとして製作されたが、レコード会社の意向でW.A.S.P.名義で発売されたらしい。
    いやぁ、ブラッキー・ローレス、天才じゃね?

    W.A.S.P.(っていうかブラッキー・ローレス)は世間の評価が低すぎる。
    デビュー時のイメージで聴かず嫌いも多いと思うが、もったいない。
    いまさら20年近く前のアルバムを勧めるのもどうかと思うが、HR/HM好きでまだこの2枚のアルバムを聴いていない人がいたら是非聴いて欲しい。
    現在俺のヘビロテです。

    コメント

    僕も

    W.A.S.P中学の時過小評価してました
    最初プリンスもイロモノ系かと思ってた僕は
    DURAN DURANが好きだー!

    >こぶさん

    プリンスのパープルレインを初めて聞いたときは「こいつ、天才じゃね?」と思いました。
    今回のW.A.S.P.のブラッキーも久々に「天才じゃね?」と思ったアーチストですね。

    DURAN DURAN、ちょっとアイドルっぽく売れちゃいましたが俺も大好きでした。
    あの頃はFrankie Goes to Hollywoodとかも好きでしたねぇ。
    さすがにCulture Clubはどうかと思いましたがw

    懐かしいですな

    おばんです。
    高校時代、DURAN DURAN流行ってましたね。
    どうでもいい話ですが、実家に同時代に活躍した
    スパンダー・バレエのLPが眠っているはず(笑)
    DURAN DURANのジョン・テイラーのベースラインは
    格好良いなぁとか思います・・・。

    豆知識

    結成当初はジョンさん、ベース弾けなかったらしく
    プロデューサーの大御所さんが代わりに弾いていたとかいないとかw
    個人的にはアンディー・テイラーが好きっすね
    パワーステーションは渋かったっす!

    >ムルさん

    デュランデュラン、久々にyoutubeでチェックしてみましたが、今見ても結構カッコいいですな。
    スパンダーバレエは当時あまり聴かなかったですが、LPじゃ再生できませぬ。

    >こぶさん

    > 結成当初はジョンさん、ベース弾けなかったらしく
    なんとなく納得w

    パワーステーションもかっこよかったなぁ。
    Some Like It Hot は当時俺のヘビロテでした。

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL: