プロフィール

    たかし

    Author:たかし

    FC2カウンター

    最近のコメント

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    「ル・コルビュジエの愛したクルマ」岡田 邦雄



    ル・コルビュジェに関しては数多くの書籍が発行されてて、すでに語りつくされているような感はあるが、この本は題名通りにコルビュジェの建築と当時の自動車を関連付けて語るという新しい視点で書かれているらしいので手にとってみた。

    読んでみると、コルビュジェの愛用したVOISIN(ヴォアザン)というメーカーは初耳で、確かに直線的で無駄な装飾を廃したデザインは当時の高級車とは一線を画していてコルビュジェの建築と通じるものがあるなぁとか、そうかパリ・ヴォアサン計画ってのはこのメーカーの協賛だったのかとか、マキシマムカーとか車のデザインまでやっていたのかとか、新たな発見はあった。

    が、やはりそれほど建築と車の関連付けが深いわけではなく、本の内容としてはコルビュジェの生い立ち、建物、当時の車たちが簡単に紹介されているだけ。
    ヴォアザンというメーカーとの関連もただのパトロンだっただけなんじゃないかという気もする。
    これはコルビュジェと車が好きな著者が半ばこじつけ気味に1冊の本にしたようなものかね。
    コルビュジェのデザインしたマキシマムカーが後のバブルカーや2CV等に影響を与えたなんてくだりはかなり贔屓目の評価で、当時の車に関係するデザイナーなら誰でも考え付くようなアイディアだろうね。

    評価 ★★☆☆☆ 星 2つ

    まぁ薄くて写真の多い本なので内容は浅いが、コルビュジェ入門の一冊と考えればいいんじゃないでしょうか。


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:

    FC2Ad

    相続 会社設立